どんな色も上品に格上げ! 最高の“しゃれ見せ”カラー 「グレージュ」 アイテム&コーデ34

2018年12月18日
メインによし、サブによし。ベージュとグレーがミックスされた「グレージュ」は、どんな肌の色味の人にも合う万能色。さらに、黒やネイビー、ブラウンといったベーシックカラーと合わせれば華やかさを添え、こっくりした濃密色などのさし色と合わせれば逆に落ち着いた上品な印象に見せてくれる、まさに大人のためのカラー。洗練された雰囲気を醸し出す、今季ぜひ取り入れたいグレージュのアイテムとコーデを一気にお届け!

1/34

2/34

3/34

4/34

5/34

6/34

7/34

8/34

9/34

10/34

11/34

12/34

13/34

14/34

15/34

16/34

17/34

18/34

19/34

20/34

21/34

22/34

23/34

24/34

25/34

グレージュ ニット

26/34

グレージュ 時計

27/34

グレージュ インナー

28/34

グレージュ マフラー

29/34

30/34

31/34

32/34

33/34

34/34

「アパルトモン」のボートネックニット
スタイリスト 村山佳世子さん
「ゆったりしたシルエットと首・袖のデザインがお気に入り。インにシャツを合わせて、チノパンとのワントーンコーデに。シンプルなのにしゃれたディテールや、薄すぎず濃すぎずのグレージュの色合いで、着回し力も抜群です」(村山さん)。少し高さのあるボートネックと、すそ広がりになった身幅のあるシルエットが今どき。あぜ編みで立体感があり、体型を拾わないのもうれしい。

ニット¥49,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン)
「クリステンセン ドゥ ノルド」のカーディガン
エディター 向井真樹さん
「あいまいな色が得意なブランドなので、色幅の広いグレージュはお手のもの。大人なブランドだからカシミヤの手ざわりもスペシャルなんです! やや濃いめのグレージュは、今季なら黒と合わせてシャープに着たい」と向井さん。袖と身頃で変化をつけた編み地や、やや細く仕上げた袖、ゆとりのある身幅と絶妙なバランスの丈感など、計算されたフォルムの美しさは着やすさにもつながって。

カーディガン¥79,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド)
「アパルトモン」のニットパンツ
スタイリスト 徳原文子さん
体のラインを拾いにくい地厚なリブニットは、エクラ世代にうれしいポイント。「ニットパンツを探していて見つけた旬度の高い一本。すそにかけて広がるシルエットがきれいで、都会的なムードでカジュアルに着こなす予定! グレージュはおしゃれな半面、地味にもなりがち。このパンツに黒のニットとコンバース、チェーンバッグを斜めがけして、老けないようカジュアルに着こなしたい」(徳原さん)。

パンツ¥38,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン)
「ebure」のオールインワン
エディター 松井陽子さん
「薄くてあいまいな色は実は初挑戦。ウールの地厚な生地がほどよい張りを生み出し、冬ならではの素材感のあるアイテムも、すんなり受け止めてくれそう。全身で取り入れてもやりすぎにならないのがちょうどいい」(松井さん)。ウエストに入ったゴムと、サイドの光沢ラインが脚長に見せてくれる効果あり。ワンピース感覚で女らしく着られる。

オールインワン¥39,000/ebure
「ブルーバード ブルバード」のエコファーコート
エディター 宮崎桃代さん
「街で素敵に見える人は、脱・無難なアウターを着ていることに気づき、手に入れたこの冬の本命。ウエストベルトがドラマチック。おとなしい印象になりがちなグレージュを、もこもこのエコファーが愛嬌のあるムードに見せてくれます」(宮崎さん)。ダークカラーが多い冬の着こなしをトーンアップし、ファーの質感もぐっと高見えさせてくれるグレージュを満喫。

コート(グログランリボンベルトつき)¥69,000/WEST(ブルーバード ブルバード)
ひと巻きで華やぐカジュアルな
リッチ感がちょうどいい
あえて形を整えないラフなデザインに、こなれ感につながるカジュアルさがある、上品グレージュのムートンストール。ループどめもできる。

★ファーストール¥39,000/エクラプレミアム通販(カールドノヒュー/申込コード330763) シャツ¥46,000/マディソンブルー パンツ¥50,000/カオス丸の内(リダン)ピアス(1個売り)各¥14,000/ショールーム セッション(ヒロタカ)
ファーバッグの遊び心をマニッシュなセットアップに
レザーをリアルファーでカバーリングしたようなデザインを斜めがけにして、マニッシュなジャケットスタイルにカジュアル感をプラス。クラッチとしても使える便利な2WAY。

バッグ¥43,500(フリン)・ピアス¥36,000(ミリット ウェインストック)/以上CPR トウキョウ ジャケット¥67,000・パンツ¥38,000/オーラリー ニット¥19,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 時計¥63,000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(コーニッシュ)
微差のグレージュが奏でる
絶妙なおしゃれっぽさを味方に
赤みのあるグレージュからカーキがかったグレージュまで、微差を重ね合わせた絶妙な雰囲気出しでベーシックを格上げ。

ニット¥20,000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥21,000/エストネーション(マリー ロール シャモレル) ストール¥62,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ)
リッチなアクセントでデニムスタイルをアップグレード
グレージュレザーの手袋ももちろん素敵。でもフワモコ素材の愛らしさをぜひコーデのポイントに。フィンガーレスのカシミヤウールになめらかなリアルファーをオン。

グローブ¥17,000(参考価格)/アマン(アルポ) ジャケット¥49,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) トップス¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) パンツ¥50,000/カオス丸の内(リダン)ピアス(1個売り)各¥34,500/ロペ エターナル(サスキア ディーツ)
ムートン×スエードの素材ミックスに足もとが華やぐ
スエードのつま先はグレー系グレージュ、甲をおおうムートンはベージュ系グレージュで、ホワイトのエナメルヒールがアクセント。フェミニンなミュールはスカートにもパンツにも合わせやすく、たちまち旬のおしゃれがかなう。

靴¥37,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) タイツ¥1,000/タビオ(靴下屋) スカート¥19,000/ウィム ガゼット 青山店
「アパルトモン」のミンクブルゾン
アパルトモンPR 西川知子さん
短めの袖口にはリブを、すそにはドローコードをあしらって絞れるように。またフロントはファスナー仕様でラフなムードを演出。「ブラウンとは違うグレージュの色みが上品かつ抜群におしゃれ。ミンク特有のグラデーションと相まって着るだけで雰囲気のあるスタイルに仕上がります。ラグジュアリーなミンクをブルゾンのように軽やかに。スタッフ所有率の高いアイテムです」(西川さん)。

ブルゾン¥480,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン)
「ADORE」のノーカラーコート
ADORE PR 秋山直子さん
定番素材であるリバー仕立てのノーカラーコートは、デニムと合わせてもきれいめな着こなしをキープ。高級感あふれるエレガントなグレージュもADOREならでは。「すっきりとしたシンプルなデザインだからこそ、美しいグレージュカラーと上質な素材感を存分に堪能できます。私はグラデーションでスタイリングするのが好きなので、ブラウンのニットを合わせて着たいです」(秋山さん)。

コート¥89,000/ADORE
「コキュカ」のニットポンチョ
THE STORE by C’ PR 橘 美帆さん
シャツの上にプルオーバーとしてかぶるのはもちろん、袖にボリュームのあるローゲージニットのアウターとして、またコートの上からストール感覚でプラスするのもいい。「カシミヤ100%のしなやかな手ざわりとアシンメトリーなフォルムで、さらりとかぶるだけでこなれ感がアップ。この便利さは一度体感すると手放せません。長い期間着用できます」(橘さん)。

ポンチョ¥36,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ)
「ebure」のウールスカート
ebure PR 泉 有紀さん
ツヤのあるシャギーウールを使用したギャザースカートは、布の分量をたっぷりとったボリューム感と旬なロング丈で、大人のかわいげを表現。「やや明るめのグレージュは、今季のきれいな色とも相性がよく、冬の着こなしをぱっと華やかに見せてくれます。このグレージュは、ピンクやブルーなどのきれい色に合わせるのにぴったり。上品さも華やかさもあり、かつ甘くなりすぎません」(泉さん)。

スカート¥63,000/ebure
「ギャルリー・ヴィー」のロングカーディガン
ギャルリー・ヴィー PR 手塚貴美子さん
ハイゲージでシャリッとした質感がスタイリッシュなリブカーディガンに、暖かみのあるカシミヤストールを組み合わせて。「マキシ丈のロングカーデが抜群に今っぽい! リラックス感のある編み地はキックバック性もあり、ボディラインを美しく見せてくれます。グレージュの色に深みがあり、ワントーンでもフラットにならず洗練された印象に」(手塚さん)。

カーディガン¥28,000・ストール¥25,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)
旬の柄もグレージュの
ワントーンで大人顔に
「グレージュのワントーンに変化をつけるなら柄アイテムがおすすめ。今シーズンならグレーやブラウンをベースにしたトラッドなチェック柄。柄の中にグレージュと相性のいい色が入っているので、色合わせに悩まずにコーディネートが決まります」(森さん)。

ニット¥29,000・スヌード¥8,000/スローン パンツ¥68,000/ヨシエ イナバ ピアス¥22,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス)バッグ¥158,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター)靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)
モードなトレンドアイテムも
グレージュなら挑戦しやすい
「ファーやスエードなど素材感のあるものとグレージュの組み合わせが好み。ワイドパンツやロングスカートと合わせて履きたいです。足もとに抜け感を演出してくれます」(森さん)。

サンダル¥19,000/アパルトモン 青山店(カミナンド)
形は定番、色で今季らしく
アップデートしたハイク
「この冬、一番欲しいと思ったコートがこれ。フェルトっぽいスエードの素材感と濃いめのグレージュにときめきました。素材や色で今の気分に更新するところに、ハイクらしさを感じます」(森さん)。

コート¥75,000/ボウルズ(ハイク)
スポーティなアイテムこそ
上質なグレージュが正解
「フードつきプルオーバーというスポーティなアイテムこそ、上質なカシミヤ素材と深みのあるグレージュをセレクトします。前後差のある着丈も今どきです。大人なムードで着こなしたいですね」(森さん)。

ニット¥36,000/オンワード樫山 お客様相談室(ベイジ,)
デイリー使いのトートは
黒より断然しゃれ見え
「私は黒いコートが多いので、バッグまで黒いと全体が沈んでしまいがち。なのでグレージュのバッグが気になっています。これはマチが広く軽く、さらに肩がけできるのがいい」(森さん)。

バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
ピンクの揺れるパンツで
華やかな女らしさが手に入る
グレイッシュなグレージュのトレンチコートには、青みのあるピンクが好相性。マニッシュな着こなしが一気に華やいで、エレガントなムードが漂う。

コート(ベルトつき)¥110,000/クルーズ(エリン) ニット¥35,000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ドローイング ナンバーズ) パンツ¥38,000/ebure メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥73,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)
媚びないかっこよさと上品さなら
ブルーのグラデーションをプラス
クリーミーなグレージュのマキシスカートには、甘さを抑えるクールなブルーを。デニムシャツとモヘアのニットの素材違いから生まれるブルーの奥行きで洗練された着こなしが完成。

ニット¥19,000/ウィム ガゼット 青山店(ハーレー オブ スコットランド) シャツ¥27,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ) スカート¥120,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥36,000/エストネーション(ガラ イズ ラブ) バッグ¥56,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥66,000/プルミエ アロンディスモン(ネブローニ)
トレンドの赤を大きく使って
ニットスタイルをアップデート
冬の定番グレージュニットを刷新するなら、旬の赤を思いきってボトムに。赤×白のストライプシャツをはさむことで2色がスムーズになじむ。

ニット¥39,000/カオス丸の内(カオス) シャツ¥18,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ) スカート¥18,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ピアス¥26,000・リング¥20,000/ブランイリス伊勢丹新宿店 バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥123,000/ガリャルダガランテ 表参道店(サルトル)
きれいめスタイルが簡単に
こなれる鮮やかグリーン
深みのあるモスグリーンではなく、明度の高いグリーンが今どき感の決め手。

ニット¥27,000/スローン パンツ(ストラップつき)¥25,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) サングラス¥55,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン) ピアス¥24,000・リング¥24,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) ストール¥59,000/ウィム ガゼット 青山店(ファリエロ サルティ) バッグ¥41,000/コード(ヴァジック) 靴¥81,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)
淡色グレージュのデニムは
マスタードで脱・無難を目ざす
ダークカラーが増える冬に注目が集まる淡トーンのカジュアルスタイル。ベージュ系グレージュのストレッチデニムには、イエローでもビターなコクが魅力のマスタード色をチョイス。同色を基調にしたストール使いでこなれ感もバッチリ!

ニット¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) パンツ¥23,000/レリアン お客様相談室 ストール¥19,000/ADORE 六本木ヒルズ店(シトラス) リング¥50,000/アイワ(VUGAS) バッグ¥50,000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥64,000/ザ・グランドインク(ロランス)
【スタイリスト森慶子さん】
シルクの美しさがきわだつスローンのニット
「洋服ではあまりグレージュを持っていなかった私がひと目惚れして購入したのが、このVネックニット。シルク100%の光沢も美しい。」
グレージュの絶妙な色みとシルクのつややかさのコンビネーションは、大人にだけ許される愉悦。
【スタイリスト森慶子さん】
グレージュ好きのきっかけは時計から
「20年前の購入時は時計のベルトはベージュでした。その後このグレージュに替えてからずっとこれ。グレージュのベルトも便利です。」。

森さんがグレージュの魅力に開眼するきっかけとなったエルメスのケープコッドは、さりげなくも存在感のあるたたずまい。黒にもブラウンにもデニムにも、と合わせるボトムの色を選ばないグレージュのベルトはメゾン ボワネのもの。

【スタイリスト森慶子さん】
透けたくないときのインナーはグレージュ
「“透けにくい= イコールベージュ”と思われていますが実はグレージュも優秀なんです。見えても恥ずかしくないのでキャミソールとタンクトップを愛用中。
クローチェ クロス、クリステンセン ドゥ ノルドといった繊細な色出しが得意なブランドからインナーをセレクト。
【スタイリスト森慶子さん】
服となじませやすいから巻きものはグレージュ
「小物は色を効かせすぎず、服となじませるのが好き。どんなアウターの色とも相性のよいグレージュの巻きものは本当に重宝しています。」。編み方や糸の太さ、質感によってまったく違う表情を楽しめる。ジョンストンズ、ザノーネなどを愛用
グレー寄りの色みでクールな女っぽさを演出
「ともするとグレーは地味に見られやすい色ですが、グレー寄りのグレージュは、グレー本来の洗練されたたたずまいにベージュの女らしさがプラスされ、より柔らかな印象に。主役のグレージュを贅沢素材で取り入れれば存在感のあるコーディネートが完成します」(森さん)。

グレー寄りグレージュのムートンコートを主役に、ブラックをブリーチしたダメージデニムや、グレーのケーブルニットで、微妙に異なる色みを重ねたワントーンに。強い色はどこにもないのに全体が引き締まり、シンプルなデニムスタイルが大人っぽく決まる。
コート¥350,000(ハウント代官山/ブランカ)・パンツ¥23,000(アッパーハイツ)/以上ゲストリスト ニット¥29,000/スローンバッグ¥125,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴(ひもつき)¥47,000/クローチェクロス(ホーマーズ) ソックス/スタイリスト私物
ベージュ寄りグレージュならウォーミーなたたずまいに
「ベージュ寄りのグレージュは上品で暖かみがあり、優しくフェミニンなムードが特徴。小物にも効かせ色を入れず、全体が自然になじむベージュトーンでまとめると今っぽい。素材の軽さと重さで変化をつけて、リズミカルに見せます」(森さん)。

流れるような軽い質感のプリーツスカートでも寒々しくならないのは、ウォーム感のあるグレージュのおかげ。明るめのグレージュは肌映えアップ効果も。
トップス¥170,000/ブランドニュース(テン) スカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) ネックレス(チェーン)¥760,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) ストール¥62,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥58,000/CPR トウキョウ(レフラー ランダル) 靴¥120,000/アパルトモン 青山店(マリ ジウディセリ) タイツ/スタイリスト私物
グレージュの中和力でブラックの強さを引き算
「黒がベースカラーの人にとって、どうしても冬の着こなしは単調でダークになりがち。柔らかさのあるグレージュを投入することで黒のもつ強さが中和され、シャープな中にもフェミニンさやほどよいすきが生まれて威圧感のない女らしい黒が楽しめます」(森さん)。

少しパープルがかった知的で洗練されたグレージュのロングコートが、ブラックのコーディネートの迫力を弱めてしゃれたムードへと導いてくれる。
コート¥180,000・ニット¥42,000(セオリーリュクス)・パンツ¥22,000(J Brand Theory luxe)/以上リンク・セオリー・ジャパン ピアス¥26,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥185,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
白コーデを大人ムードに導いてくれる余裕
「大人にとって白は実は勇気のいる色。冬こそ挑戦してみたいオールホワイトのコーディネートも、まろやかなグレージュを組み合わせることで、気負いを感じさせないリラックス感と抜け感のあるムードに。白が単調にならず深みのあるたたずまいに」(森さん)。

柔らかなベージュ寄りのグレージュニットが、オールホワイトのコーディネートを優雅なムードにシフト。ホワイトのもつ清潔感をクリアにきわだたせる効果も。
カーディガン¥68,000/アンデコレイテッド ニット¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000(レッドカード)・靴¥46,000(ルチェンティ)/以上ゲストリスト ピアス¥28,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス)
スポーティなデニムもグレージュベースなら上品
「今シーズン注目のスポーティな着こなしもグレージュを主役にすると、洗練された雰囲気に仕上がります。軽やかなトーンのデニム素材との組み合わせは、落ち着いたイメージのあるグレージュの印象もぱっと明るく新鮮に映るはずです」(森さん)。

スウェットパンツ型のニットパンツがグレージュでよそ行き顔に。ノーカラーコートとパンツのワントーンにデニムのブルーを効かせて。
コート¥122,000(アルマローザ)・シャツ¥48,000(R13)/以上アパルトモン 青山店 パンツ¥58,000/アンデコレイテッド リング¥12,500/CPR トウキョウ(ルーカス ジャック) バッグ¥67,593/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) 靴¥61,000/クローチェクロス(ホーマーズ) ソックス/スタイリスト私物

What's New新着記事

FEATURE
  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • 50代のお悩み

    ファッションや美容、健康、仕事や貯蓄、老後の悩みまで50代女性のリアルな悩みをご紹介。

  • レイコローラン占い

    レイコローランの占いブログ始動!

  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

ランキング