【人気スタイリスト福田亜矢子の辛口ベーシック服】今すぐ着たい春アイテムを厳選

大人を素敵に見せてくれる鮮度高い人気ブランドから、スタイリスト・福田亜矢子さんが今旬なカジュアルアイテムをセレクト。 「この春惹かれるのは、リネン素材とライトカラー。いつも春夏でも黒やネイビーといったダークカラーを好んで着ていたのですが、リネンだときれい色もコンサバになりぎず、辛口でほどよいこなれ感を演出してくれることに気づき開眼。エクラ世代のデザイナーやディレクターが手がけるブランドを中心にセレクトしました。これらのブランドはどれも、おしゃれに見えるのはもちろん、シルエットや着丈、素材にこだわっているので、大人が気になる部分を自然にカバーするのが得意。怖がらず新トレンドに挑戦してくださいね。」(福田亜矢子さん)

Chaosのリネンダブルジャケット

「ジャケットが得意なカオス。前シーズンから大ヒットしている、身幅がゆったりとした、着丈も長い今どきフォルムのジャケットは、1枚仕立てで気軽にはおりやすく、コーディネートでも大活躍。そこで今シーズン絶対重宝する、ホワイトを別注しました。リネン素材だからまじめにならず、白のもつ女らしさも楽しめます。」(福田さん)

白のもつ正装感と気負いなくはおれるオーバーサイズの今っぽいバランスが絶妙。着るほどに体になじみ、風合いが増すのもうれしい。京都の職人によるていねいな仕立ても魅力。

デニムパンツ¥24,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥20,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バングル¥19,000(キャッツ)・バッグ¥156,000(ザンケッティ)/以上カオス丸の内

THIRD MAGAZINEのワッフルプルオーバー&リネンペプラムスカート

「ほどよくエッジを効かせたモードなデザインで、存在感のある着こなしがかなうサードマガジンに、華やかだけれど決してスイートになりすぎないサックスブルーのロングスカートと、上半身の丸みや肉感を感じさせない立体感のあるプルオーバートップスを別注。この組み合わせは、まさに私が今すぐ着たいスタイル!」(福田さん)

プルオーバーは、カジュアルなワッフル素材ながら、後ろ姿が美しく見える背中あきデザインで女らしいたたずまいに。一枚で着映えするゆったり長めの着丈は、少しだけインすれば自然な立体感が。
腰まわりはギャザーなしですっきり、裾に向かってマーメイドラインを描く人気のペプラムスカートを、春のきれい色で別注。リネンの風合いを生かしつつしわになりにくいのも優秀。
ピアス¥37,000/サードマガジン(アニカ イネズ) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック)

TICCAのビッグロングシャツ

「シャツに定評のあるティッカの定番シャツワンピースは、体のラインを拾わないビッグシルエットと、ほっこりしないメンズライクなストライプ柄がお気に入り。特に今シーズンは、一枚で着るのはもちろん、シャツワンピースの下にデニムを重ねたり、前を開けてはおりにしたりと、いろいろな着方が楽しめます。」(福田さん)

カラー違い、素材違いでそろえるファンも多い、ティッカで最も人気のアイテム。ボタンを多めに開けて着れば、ボーイッシュな雰囲気が一転、襟がきれいに抜けて女らしい印象に。

デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード)  ピアス¥23,500/フラッパーズ(シャルロット ウーニング)

MADISONBLUEのリネンガウンコート&セルビッチジャカードデニム

「着丈やフォルム、リネンの種類などトレンドや時代の気分に合わせて毎年少しずつアップデートされているガウンコートは、私も愛用している定番アイテム。また、大人になると年々むずかしいと感じるデニムは、このブランドならではのこだわりが凝縮された一本。自然とスタイルアップできるので、きっと出番も多いはず。」(福田さん)

本来カジュアルなリネンを、ほどよく厚みと張りのある質感でクールな雰囲気に仕立てて。細部までカッティングにこだわった珠玉の一枚は、まるで羽根のような着心地のよさ!
丸みのある腰まわりのシルエットが下半身をすっきり、さらにダーツが入ったヒップ部分がおしりをキュッと高く見せてくれる。短いトップスを合わせても、自信をもって着こなせる。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング