きれいめもカジュアルも格上げ! クラシックバッグ【春のミニマム・ワードローブ~バッグ編~】

スタイリスト・村山佳世子さんのミニマム・ワードローブに欠かせないのは、トレンド感を託したバッグ選び。きれいめスタイルにはもちろん、カジュアルなコーディネートに取り入れると、一気に格上げがかなうクラシックバッグ。この春は、さまざまな色や形が登場!

クラシックバッグ

「きれいめスタイルにはもちろんのこと、カジュアルなコーディネートに持つと、一気に格上げがかなうクラシックバッグ。この春は、さまざまな色や形が登場しています」
クラシックバッグ

1.ころんとしたラウンド型と小ぶりのフォルムがかわいげたっぷり。(ショルダーストラップつき)¥109,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル)

2.格式のあるブランドからは、旬カラーのグリーンをチョイス。(ショルダーストラップつき)¥486,000 /モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)

3.レザー、パイソン、キャンバスと、素材のミックスが楽しい一点。チェーンストラップも今年顔。¥153,000 /ジミー チュウ 

4.白ラインをセンターに配した、モダンなモノトーンバッグ。¥330,000 /ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)

with CLASSIC BAG

クラシックバッグ

マニッシュなパンツスタイルに、女らしさを添えるラウンド型

ラウンド型のクラシックバッグが、マニッシュなパンツスタイルにフェミニンなムードを添えて。明るめのブラウンバッグはシック色コーデのアクセントとしても効果大。

バッグ¥109,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) シャツ¥32,000/マディソンブルー(マディソンブルー) パンツ¥34,000/ウィムガゼット 青山店(バレナ) スカーフ¥23,000/アマン(アルテア) 靴¥93,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング