今季の村山スタイルに欠かせない、春の最新アイテム 五選

「この春は、パンチのある小物を選ぶのがおすすめです。シンプルな着こなしに存在感のある靴やバッグを合わせると、一気に今年らしさが宿ります」と、スタイリストの村山佳世子さん。自身がこの春に購入したものと共に、村山スタイルに欠かせない最新靴&バッグをご紹介。
今季の村山スタイルに欠かせない、春の最新アイテム 五選_1_1-1

1/5

今季の村山スタイルに欠かせない、春の最新アイテム 五選_1_1-2

2/5

今季の村山スタイルに欠かせない、春の最新アイテム 五選_1_1-3

3/5

今季の村山スタイルに欠かせない、春の最新アイテム 五選_1_1-4

4/5

今季の村山スタイルに欠かせない、春の最新アイテム 五選_1_1-5

5/5

1.村山佳世子の“私的”春アイテム
❶「ピンク、グリーン、ブルーの3枚パックTに、代々木上原のセレクトショップ、ペールジュートでひと目惚れ。きれい色をあまり着ない私にとっては、スモーキーカラーのTシャツがちょうどいい」
❷「たくさん持っているのに、毎シーズンついつい買い足してしまう大好きなかごバッグ。昨年買いそびれたロエベのかごバッグを、この春、手に入れました。ころんとしたかわいいフォルムがお気に入り」
❸「流行の兆しを見せるハーフパンツ。膝丈の黒なら気負いなくはけるかなと思いシンメのグルカタイプを購入しました。サイズは29。わざとワンサイズアップして、ゆるめシルエットを楽しみます」
❹「ロエベは、昨シーズンくらいから気になっているブランドです。細身のシルエットとリネン混のラフな素材感が気に入ったカジュアルパンツ。シンプルなトップスとの着こなしも様になる一本です」
❺「スニーカーは、スポーツメーカーの一足を選びました。少し厚底のモノトーン。デニムスタイルからスカートスタイルまで、どんな着こなしにも合う着回し力と、ほどよいモード感が自慢です」
❻「今シーズン、白トップスを着るなら、断然サーマルが気分です。素材にニュアンスがあるので、カジュアルボトムとのワンツーコーデもどこか特別感のある雰囲気に。ハイクのロングスリーブを購入」

すべて本人私物
2.DADスニーカー
「ダッド(=お父さん)とネーミングされた、ボリューム感満点のハイテク系厚底スニーカー。ちょっと派手すぎるかな? と思うくらいのものが、今っぽさの決め手に」
❶フリンジ状のトリミングが特徴的なシルバースニーカーは、見た目のボリューム感をいい意味で裏切る、軽さにも注目したい。
❷この春、スポーティなメッシュスニーカーを買い足すなら、きれい色で決まり! 
❸スタッズ使いと赤のソールで、存在感たっぷりに仕上がったソックススニーカー。
❹ボリューム感のあるデザインと上品なピンクベージュのスエード素材のバランスが絶妙。

❶¥83,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ❷¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ❸¥149,000/クリスチャンルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) ❹¥53,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ)
3.モード系サンダル
「毎年買い足したいサンダル。今季は、リボンやストラップつき、色柄に特徴のあるものなど、いつもより“クセ”のあるタイプで遊びを取り入れてみて。着こなしの鮮度が上昇します」
❶太めのアンクルリボンとメッシュのボディがモード顔。
❷アンティーク加工されたレザーがニュアンス満点のブロンズサンダル。ビジューボタンがとびきりキュート。
❸太めのメタリックヒールとベルトストラップがデザインのポイントに。
❹レオパード柄部分はサテン、ストラップはスエードと、素材のミックス感もとびきりラグジュアリーな一足。ウエッジソールならハイヒールでも安定感あり。

❶¥114,000/カオス丸の内(ジルサンダー) ❷¥86,000(ロシャス)/ドゥロワー 丸の内店 ❸¥76,000(クレジュリー)/ドゥロワー 丸の内店 ❹¥109,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)
4.クラシックバッグ
「きれいめスタイルにはもちろんのこと、カジュアルなコーディネートに持つと、一気に格上げがかなうクラシックバッグ。この春は、さまざまな色や形が登場しています」
❶ころんとしたラウンド型と小ぶりのフォルムがかわいげたっぷり。
❷格式のあるブランドからは、旬カラーのグリーンをチョイス。
❸レザー、パイソン、キャンバスと、素材のミックスが楽しい一点。チェーンストラップも今年顔。
❹白ラインをセンターに配した、モダンなモノトーンバッグ。

❶(ショルダーストラップつき)¥109,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) ❷(ショルダーストラップつき)¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) ❸¥153,000/ジミー チュウ ❹¥330,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
5.NEW ラフィアバッグ
「今シーズン、ぐっとバリエーションが増えたのがラフィア素材のバッグ。従来の“かごバッグ”の枠を超えた豊富なバリエーション。着こなしに抜け感だけでなく、“モダンさ”を運んでくれるバッグです」
❶ライトブルーは合わせる服の色を選ばないカラー。オールブラックやホワイトのアクセントとしても活躍。
❷大柄のレオパードとフリンジ風のデザインが特徴的なスクエアバッグ。
❸内側にPVCをあしらったうれしい機能性にも注目して。
❹ヒトデ柄をあしらったブルーのインナーがキュートなボーダーバッグ。

❶¥18,000/ラヴァンチュール マルティニーク(サン アルシデ) ❷¥25,000/エストネーション(センシ スタジオ) ❸¥30,000/シジェーム ギンザ(アニタ ビラルディ) ❹¥63,000/アッシュ・ペー・フランス(ジャマン・ピュエッシュ)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング