メイクの後でも足せる、いきいきとした輝き感 五選

2017年2月20日
スキンケアやメイク前のプロセスで、「ツヤ感」はしっかり作っている。それでもパサつきが気になったときや乾燥で肌がくすんだときはどうしよう……。メイクの上からも簡単に使えて、ツヤ効果絶大な適材適所の"レスキュー"アイテムとテクを、ヘア&メイクアップアーティストの西山舞さんがナビゲート!

1. 潤いもどきのツヤできれい2倍速

なめらかなツヤ肌づくりの"隠し技"ともいえるのが、メイクの上から光を足すハイライター。大人が使えないようなギラギラした質感は影を潜め、今は本当に自然なツヤを演出してくれる優秀アイテムがたくさんある、と西山さん。「私も仕事の現場でその力を借りるほど。目の下の三角ゾーンを中心にのばし、余ったものをスッと目の横までのばせば、リフトアップ効果もねらえます。ここに光があるだけで、不思議といきいきして見えるんですよ」。
(右)ベタつかずみずみずしい感触で、肌になめらかに広がるフェイスカラー。下地としても使用可能。プレイリスト スキンテクスチャーヴェール モイスチュアライジング 26g ¥4,500(編集部調べ)/資生堂
(中)パールの光感ではない、潤ったようにみずみずしい絶妙なツヤ感を演出するスティックタイプのハイライター。西山さんも愛用中。ルナソル グロウイングデイスティック 01 8.2g ¥3,000/カネボウ化粧品
(左)肌全体に下地として使えるほか、頰骨の上など部分的なハイライターとしても便利。肌の透明感を引き出すナチュラルピンク。メモリー・フォルム・ハイライター 30g ¥5,700/パルファム ジバンシイ

What's New新着記事

FEATURE
ランキング