<ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)

今年の春はアジア旅、『ミャンマーのヤンゴン、バガン、マンダレー、インレー湖のヘリテージと素敵なホテルに泊まる』

仏教が伝わる前から信仰されたミャンマー土着神、ナッ教の大本山とタウンカラの岩峰.。

天空の僧院、タウン カラの岩峰。

<ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_1
オールドパガンから車で東へ2時間、行く手には聳り立つ岩峰が見えて来る。その名はタウン カラ、頂上にはミャンマーの土着宗教であるナッ信仰の総本山がある。この岩峰は高さ650m、この地域の最高峰ポッパ マウンテンの裾野にこつ然と突き出ている。山頂の僧院までは山裾から土産物店を横目に777段の階段を登る、途中寺の教義で裸足になり、つづら折れの階段を行く事40分、山頂へ着く頃はTシャツを絞るほどの汗!ところがそんな苦労をせずとも、天空の僧院を見下ろすホテルがあったのだ。それはポッパ マウンテン ホテル。3星だが55部屋のシャレータイプの立派な物。ただ周囲は無垢の自然、屋台すら無い。だがプールサイドのデッキチェアーから愛でる天空の僧院は、登るより敬虔新たかで神々しく感じた。

Popa Mountaine Resort.

  • <ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_2-1

    素晴らしい眺めのプール。勿論天空の僧院は目と鼻の先。プールの横にはレストランがあり、そこからもこの絶景を満喫できる。

  • <ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_2-2

    ポッパ マウンテン リゾートのレセプション。シャンスタイルの木彫りのパネルや、カウンターのステンシル模様が特徴。

  • オールドパガンから2時間の車窓には羊飼いの少年の姿もあった。

    オールドパガンから2時間の車窓には羊飼いの少年の姿もあった。

  • <ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_3-2

    チーク材の大型シャレー(コテージ)が1万円以下とはちょっと驚きです。

タナカ(日焼け止め)はミャンマー女性のお洒落な化粧品。

<ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_4-1

1/5

<ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_4-2

2/5

<ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_4-3

3/5

<ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_4-4

4/5

<ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_4-5

5/5

ホテルの化粧台に置かれたタナカのセット。硯の様な石でタナカの原木を擦り、水と合わせ両頰に塗るのが定番。
この女性は木の葉を利用したお洒落なメークアップだ。ミャンマーの女性の大半はタナカを頬に塗り外出する。
大きな花かごを頭に載せ歩く女性も、タナカの愛好者だ。バガンニャンウー市場で。
機織りをする村の女性も、微かにタナカの粉が頬に見える。バガン ミンナントゥ村で。
アーナンダパトー(パゴダ)の入り口でジャスミンの花輪を売る女性。やはりタナカは欠かせないようだ。


エーヤワディー河畔に建つ日系の心地良いホテル。バガン シリピサヤ サンクチュアリー リゾート。
  • <ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_5-1

    オールド バガンにある日系の中級ホテル。木造コテージタイプの客室は清潔で心地良い。

  • <ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_5-2

    開放的なランドスケープ。大河エーヤワディー川を望むプール。

  • <ミャンマーの旅>プールサイドで天空の僧院を愛でる(バガン②)_1_5-3

    レセプションやレストランは旅情を誘うビルマ風パヤタート ルーフの屋根。

Popa Mountain Resort

Mount Popa, KyaukPadaung Township, MandalayDivision, Myanmar
オールドバガンから車で2時間 ¥10,000〜(ハイシーズン)
(+95 9) 402760884 , (+95 9) 8600 660

Bagan Thiripyitsaya Sanctuary Rsort

Bagan Archelogical Zone, Old Bagan Mandalay Division Myanma
バガン空港から車で20分 ¥12,000〜(ハイシーズン)
(+95 9)9644-60048 Fax(95 61)60033

What's New

Feature
Ranking