華組 朝生育代ブログ
華組 朝生育代

朝生育代

主婦

子供のころから舞台鑑賞が大好き。宝塚歌劇やミュージカル、歌舞伎、演劇やバレエ、オペラ、映画と幅広く足を運んでいます。
美味しいものを作るのも、見つけるのも、食べに行くのも大好き♡
いろんなことに興味を持って、毎日を楽しく幸せに過ごしていきたいです♪
どうぞよろしくお願いいたします♡

Instagram:yasuyo_ari

私にとって「いい靴」とは足が痛くならず履きやすい靴♡

そんな条件をクリアするのが、ジャンビィトロッシの靴。ヒールでも走れちゃうぐらい足にぴったりなんです!
私にとって「いい靴」とは足が痛くならず履きやすい靴♡_1_1
母から足は2本しかないのに!とよく言われたぐらい昔から靴が大好き♡

デパートに行っても、いつも1番先に靴売り場に行ってしまうくらい。
なので、本当に色んな靴ブランドと出会ってお付き合いをしてきましたが、デザインが素敵なのに残念ながら私の足には合わず、歩いていると痛くなってしまう靴だと、なかなか履かなくなって、お別れしてしまうことに(涙)
靴で足が痛くなるのは地獄ですから。

そんなわけで、私にとって「いい靴」の条件はまず足に合って痛くならず履きやすいことが第一です。



でも、どんなに良いブランドでもお値段が高い靴でも、その条件をクリアしてくれる靴にはなかなか出会えなかったんです。

そんな私が数年前に出会って以来、絶大な信頼をおいている靴ブランドがジャンビィトロッシ。

幅広甲高の典型的な日本人足を持つ私は、あこがれのルブタンもマロノブラニクもあまり合いません涙

特にルブタンは全く合わず、一足も持っていません。




でもその代わりにジャンビィトロッシは私の足に吸い付くようにぴったりなんです。

セルジオロッシを父にもつジャンビィトロッシ。

以前はセレクトショップにしか置いていませんでしたが、数年前にやっと日本にもオンリーショップが出来て買いやすくなりました。



お店の方曰く、日本人の足に木型が合うらしく、私のようなファンがたくさんいらっしゃるのだとか。
私にとって「いい靴」とは足が痛くならず履きやすい靴♡_1_2
ユニクロのカシミアタートルにZARAの千鳥格子のパンツという平凡なプチプラシンプルコーデに、ジャンビィトロッシのグレーのパテントメリージェーンを合わせたコーデ。
ドリスヴァンノッテンのクラッチバッグを持って、この日は家族で近場にご飯へ。


家族とお出かけする時は気負わないコーデがほとんどですが、そんなコーデも格上げしてくれるのがいい靴かもしれません。
私にとって「いい靴」とは足が痛くならず履きやすい靴♡_1_3
私にとって「いい靴」とは足が痛くならず履きやすい靴♡_1_4
私にとって「いい靴」とは足が痛くならず履きやすい靴♡_1_5
これはかなり以前にアップしたものですが、ワンピースやスカートに合わせるとレディライクな感じになります。




ジャンビィトロッシは、ベーシックなデザインでずっと長く履けるデザインが多いのも、気に入っているポイント。

特にベーシックなプレーンのパンプスは、ヒールの高さが8.5センチと7センチがあって、両方とも履いて私は走れます^ ^


このプレーンなパンプスは素敵な色違いが何色もあるのです。


最近はスニーカーを履くことも多いけれど、やっぱりTPOに合わせて、パンプスやサンダルも履きたい!





私にとって「いい靴」とは足が痛くならず履きやすい靴♡_1_6
東京宝塚劇場の目の前の帝国ホテルのロビーで、ラブリーな薔薇のお花のアレンジメントとパチリ。
先日の宝塚歌劇宙組公演を観に行った時は、モスグリーンのワントーンコーデに、ちょうどぴったりなカーキのジャンビィトロッシのパンプスで出かけました♪
こちらは8.5センチヒール。

でも、ホントに足に馴染んで歩きやすいんです!


knit ZARA
pants darwer
bag dries van notten

私にとって「いい靴」とは足が痛くならず履きやすい靴♡_1_7
薔薇の花と言えば、東京宝塚劇場のロビーのカーペットもこんな薔薇の柄で気分がさらに上がります^ ^
  • 私にとって「いい靴」とは足が痛くならず履きやすい靴♡_1_8-1
  • 私にとって「いい靴」とは足が痛くならず履きやすい靴♡_1_8-2
ちなみに16日日曜日まで、東京宝塚劇場では私の今1番御贔屓の宙組が公演をしていて、第二部のアクアヴィーテがホントに楽しく、気持ちを上げ上げにしてくれるショーでした!


この時期はいつもロビーにはお雛様が飾られていて素敵⭐︎


靴の話題から脱線してしまいましたが、
たまには他のブランドに浮気をしても、やっぱり私の靴のステディブランドはジャンヴィトロッシです♡

What's New

Feature
Ranking