ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

モデル・春香が考える至福のスキンケアとは?春を待ちわびた肌に「透明感」という最高の贈り物を

PR
エクラ世代の女性から圧倒的な支持を集めるディオール プレステージ ホワイト。透明美肌がまばゆい春香さんも注目のシリーズの魅力とは?

プレステージならではの至福。美白という枠を超え、感性を磨くラグジュアリー

百貨店のプレミアム美白スキンケアの中で、堂々の売り上げNo.1(※1)を誇る、ディオール プレステージ ホワイトの美白美容液(右)。透明感への手応えはもちろん、ひとたび使えば、プレステージならではの優雅なテクスチャーや香りの虜に。そんなプレステージ ホワイトにプレミアム化粧水(左)が誕生。化粧水とは思えない濃密な保湿感と浸透感は、朝晩のスキンケアタイムを至福のひとときに。2品あわせて使えば心も肌も磨かれるよう。肌が敏感に傾きがちなときでも、シミやくすみの記憶を消し、どこまでも澄みわたる清潔な透明肌へと導いてくれる。

※1 Beaute Research 2019年1月~12月

プレステージ ホワイト オレオ エッセンス ローションとプレステージ ホワイト ラ ソリューション ルミエール

(左)[NEW]めぐりをアップ。メラニンや黄ぐすみが滞らない肌に

プレステージ ホワイト オレオ エッセンス ローション

肌の水分と脂質の循環に着目した化粧水。オイルをジェル状のカプセルにして配合。有用成分が肌にスッと浸透し、保湿力抜群。150㎖ ¥16,000/パルファン・クリスチャン・ディオール

(右)繊細な肌にも優しく、息をのむ透明肌に

プレステージ ホワイト ラ ソリューション ルミエール

敏感に傾きやすい大人の肌を考慮し、美白と鎮静を同時に行う美容液。レーザー治療など、美容医療後の敏感肌にも。30㎖(医薬部外品)¥42,000/パルファン・クリスチャン・ディオール

日射しを防ぐことさえ優雅に。過酷な環境下でも余裕の美貌

ディオール プレステージの入門アイテムとしても人気のUV。新しくなったUVは、保護力とケア効果がさらにアップグレード。エイジングの引き金となる、紫外線、ブルーライト、赤外線などの光の波長をすべてカット。抗酸化成分が大気汚染物質の肌負担をケア。そんな驚きの保護効果に加え、肌なじみのいいピンクのテクスチャーが、自然な血色感と透明感をアップ。お疲れ感を払拭し、いつも女性らしいいきいきした肌でいられる。

プレステージ ホワイト ル プロテクター UV シアーグロー

[NEW]ひと塗りで保護も血色感も。幸せを呼ぶ肌に

プレステージ ホワイト ル プロテクター UV シアーグロー

シミやくすみだけでなく、ハリのなさをもたらす、すべての光の波長をブロック。大気汚染など過酷な環境に負けない肌に。天然のローズピグメントが、内側からのツヤと血色感をアップ。SPF50+・PA+++ 30㎖ ¥12,500/パルファン・クリスチャン・ディオール

<What’s DIOR PRESTIGE WHITE>

グランヴィル ローズ×ホワイト ローズ

2つの特別なバラが、ストレスフルな毎日から肌を守り、くすみなき透明肌へ

フローラルサイエンスのエキスパート、ディオール。プレステージ ホワイトに配合されているのは、ディオールだけの特別なバラ、グランヴィル ローズとピュアな白さを誇るホワイト ローズ。2つのバラが出会うことで、肌本来の力を高め、シミやくすみが居座らない肌に。

【モデル・春香さんインタビュー】何歳になってもくすまない、肌と心の保ち方

「意志をもって肌と向き合い環境や年齢のハードルをしなやかに乗り越えていきたい」
Profile:春香(はるか)●’75年、愛知県出身。大学在学中よりモデルを始め、女性誌のカバーモデルを務めるなど、同世代女性の憧れの的に。’08年に結婚、2児の母に。現在、子育てをしながらモデルとして活躍。自然体で輝くライフスタイルに、大人の女性から支持が集まる。
Instagramアカウント:haruka__official

「意志をもって肌と向き合い、環境や年齢のハードルをしなやかに乗り越えていきたい」春香さん

 

肌に年齢を感じたとき、以前のお手入れと決別

 

たおやかな美貌が輝く春香さん。肌はキメが整い、透き通るように均一。日常、くすんだりすることなどあるのだろうか。

「それはもちろん! 日常生活のストレスや、撮影が何日も続いて疲れがたまると、くすむことはあります」。そんなときは、サッと寝てしまい気持ちも肌もリセット。また、数年前、肌のお手入れを見直し、くすみを引きずらないようになったという。

 

「モデルという仕事柄、20代から冬でも日傘を持ち歩くなど、紫外線ケアを心がけてきました。ところが子供が生まれ、40代になったころから肌に変化が……。花粉の時期には肌が敏感になり、頰のあたりにはモヤモヤとした影が。肌のお手入れを根本から見直さねば!と決意しました」

 

心がけるようになったのは、ていねいな保湿とめぐりケア。

「化粧水をバシャバシャとつけたり、指に力を入れて摩擦をかけるようなお手入れをやめ、常にいたわる気持ちで肌と向き合うように。また、めぐりをよくするため頭皮のマッサージも取り入れています」

 

ふたりの子供を育てながら仕事も。忙しい毎日、どのように気持ちを切り替え、お手入れに臨んでいるのか。

「『場』は大事ですね。以前は洗面所でスキンケアしていたのですが、お手入れを見直したタイミングで、ドレッサーを整えました。自分のための『場』に向かうことで気持ちが切り替わり、肌とじっくり向き合えるようになりました」

 

肌だけでなく心もきれいにするコスメを選ぶ

 

使うコスメも心地よさにこだわるように。

「強い香りが苦手だったり、いつまでも肌の上に残って浸透しないと、気持ちが晴れません。ディオール プレステージ ホワイトのアイテムは、香りも浸透感も大満足。なじませた瞬間から肌が明るくなるので、心まで華やぎます。ストイックにならずとも、化粧水や美容液など日常的なケアで明るさがアップし、しっとり吸いつくような透明肌になれるのがいいですね」

 

花粉や仕事の疲れなどで肌が敏感に傾いたときも心地よく使えるのがありがたいと春香さん。

「新しいUVケアも好き。紫外線だけでなく環境から肌をしっかり守ってくれます。肌の色がナチュラルにトーンアップするので、ファンデーションなしで外出できてしまうほどです」

 

年齢による肌の変化に流されず、意志をもってケアすれば、透明美肌は保てる。春香さんの輝く肌はそれを証明している。

Profile:春香(はるか)

「プレステージ ホワイトの新ローションで日々のお手入れに心から満足。それに応えるように、肌も明るく、しなやかに」(春香さん

問い合わせ先/パルファン・クリスチャン・ディオール ■03・3239・0618

What's New

Feature
Ranking