【春の本命トレンチコート5選】薄軽素材&ニュアンスカラーが新鮮!

一枚あれば気温変化が激しい季節に重宝すること間違いなし。この春話題になっている、ニュアンスのあるきれい色で薄軽素材のトレンチコートを厳選してご紹介します。
トレンチコートをはおるRINA
長さのあるマキシ丈ながら、光を通すほど薄い1枚仕立ての柔らかな印象のトレンチコート。肩章などトレンチらしいミリタリーな装飾を取り除き、ドロップショルダーの女らしい曲線シルエットで従来のイメージを一新。ロールアップベルトで袖をたくし上げれば素肌がちらりとのぞき、いっそう軽やかな雰囲気をまとえる。
コート¥120,000/ebure ニット¥34,000・スカート¥47,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ピアス(片耳)¥64,000/シハラ ラボ(シハラ) バッグ¥239,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥52,000/エリオポール代官山(ペリーコ)
グレーのトレンチコートを着るRINA
ブルーグレーのニュアンスカラーが春らしさを、コットン&ポリエステルの薄軽素材がこなれたムードを演出。あえて選んだメンズサイズもハードにならず、ウエストや袖先のベルトを絞ってブラウジングすると、立体感のあるこの春らしいトレンチスタイルが完成。
コート(メンズサイズ)¥78,000・パンツ¥40,000/オーラリー シャツ¥30,000/エスケーパーズオンライン(ブーリエンヌ) ピアス¥20,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥91,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)
トレンチコートとストールのコーディネート
薄手の1枚仕立てだからこそ、前ボタンをすべてとめてワンピースのように上品に着こなすことも可能。トレンチの定番色のひとつであるカーキは明るめの色みをチョイスすることで、ぐっと今年らしい軽やかなムードに変化。顔映えのいいイエローの大判ストールを立体的に巻いて重心をアップすれば、長めの丈感もスタイルアップして着こなせる。
コート¥55,000/デ・プレ ニット¥21,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) パンツ¥34,000/アマン(カバナ) ストール ¥37,000/ロンハーマン(アソース メレ) バッグ¥208,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
トレンチコートの今っぽい着こなし
ライトカラーをベースにすることで、トラッドなガンクラブチェック特有のまじめさは控えめに。あえてインナーにテイストの違うとろみ素材のボウタイブラウスを合わせたり、スニーカーでハズすなどブリティッシュにまとめすぎない着こなしが今っぽさに直結。
コート¥76,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(サンヨーコート) ブラウス¥29,000/サードマガジン パンツ¥85,000/マディソンブルー サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥149,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥24,000/サンスペル 表参道店(ウォルシュ)
女性らしいトレンチコートのコーディネート
少しイエローがかったまろやかなエクリュベージュのトレンチと、洗練されたブルーのパンツやバッグの色合わせが春らしさ満点。ウエストをベルトで絞ったときのドレープの生まれ方が美しい、軽くてしなやかなポリエステルもおすすめの素材。肩に強さが出ないラグランスリーブだから、どんな体型の人も女らしいムードで着こなせる。
コート¥79,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) Tシャツ¥8,800/スローン パンツ¥38,000/モールド(チノ) ピアス¥22,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) バッグ¥465,000/モワナ 伊勢丹新宿ブティック(モワナ)

What's New

Feature
Ranking