ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

【春の「無地見え」スカート】ロング丈×柄スカート初心者さんも安心の華スカート

“スカート先生”ことスタイリスト・徳原文子さんが選んだこの春の「華やぎスカート」をご紹介。ロング丈の柄スカートにトライするなら、まずは無地に見えるくらいの小柄がおすすめ。品よく、センシュアルに纏えるアイテムを大公開します。

教えてくれたのは…

スタイリスト 徳原文子さん

スタイリスト 徳原文子さん

本誌や『Marisol』で、毎号のように特集を担当する人気スタイリスト。フェミニンさと華やかさをあわせもつ洗練されたスタイリングに編集部スタッフにもファン多数。こよなく愛するロングスカートの私服スタイルも定評あり。
ほんのりと浮かび上がる小花柄のスカートコーデのRINA

ベージュをレイヤードして品よく、センシュアルに

繊細なシルクの生地に、ほんのりと浮かび上がる絵画的な小花柄が美しい余韻を生んで。「ベージュのワントーンをブラッシュアップできます」。

スカート¥120,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) トレンチコート¥84,000/ebure ニット¥23,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ネックレス¥217,000・ブレスレット¥1,100,000/ポメラート・ジャパン(ポメラート) バッグ¥229,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

「無地見え」するロング丈の柄スカート
1.ベージュのベースに、白のアウトラインのグラフィカルなジラフ柄が新鮮。「無地のトップスと合わせるだけで着こなしにリズム感が生まれます」。スカート¥78,000/ストラスブルゴ

2.「流れるように描かれたこまやかな白の花柄とドット柄が、クリアで繊細なライトブルーに溶け込んで、さりげないアクセントに」。スカート¥33,000/ロンハーマン

3.「白い小花柄と、動きに合わせて揺れる柔らかな素材感が、ベースの赤の強さを引き算」。スカート¥26,000/アストラット 新宿店(アストラット)

4.コントラストのある白と黒のボタニカル柄が大人顔。「シックな色みで出すぎない存在感なのに、確実にフェミニン度を上げてくれます」。スカート¥53,000/エストネーション(ロレッタ カポーニ)

What's New

Feature
Ranking