「おなか」と「胸ソゲ」をカバーする“細見え確約”トップスの選び方

アラフィーの気になる体型悩み第1位のおなか周りをはじめ、この世代ならではのお悩み・胸ソゲもしっかりカバーする、優秀かつ今年らしいデザインのトップスが数多い今季。スタイリスト・室井由美子さんが、アラフィーのお悩みをカバーするトップスの選び方を特別にレクチャー。
スタイリスト 室井由美子

スタイリスト 室井由美子

シンプルにほどよいモード感を取り入れたリュクスなスタイリングが人気。本誌をはじめ多くの女性誌やウェブマガジンで活躍する中、ブランドのカタログやコラボにも引っぱりだこ。

《MUROI’s Advice》 「着丈と胸もとのあきで、おなか周りも胸ソゲも確実にカバーできます!」

私自身、年齢を重ねてボディラインの悩みが増えてきました。若いころに比べておなか周りがふっくらしたのもそのひとつ。隠したくなる気持ちもわかる半面、実は着丈が長いだけのトップスはかえっておなかを強調してしまう場合も。経験からおすすめするのが、すそを出して着るなら、腰骨が隠れる長さ。下腹部までカバーできて、直線的なすそのラインがおなか周りをすっきり見せてくれるんです。もうひとつは、前後寸に差があるタイプ。近ごろのトレンドともリンクして、前だけをボトムに入れてブラウジングするとおなかに影ができ、自然と引き締まって見えるのです。

齢を重ねるにつれて胸もとのソゲが気になるというお悩みは、胸もとのデザインで解決できます。若いころに着た深Vネックや鎖骨の見える広くて深いあきは封印。肌見せは最小限が鉄則です。ラウンドなら鎖骨に添うカーブを目安に、Vネックなら深さは以前の半分以下、バンドカラーはボタンをはずす数であきを調整します。今年はトップスのバリエーションが豊富なので、着丈と胸もとに留意してお気に入りを手に入れてください。

おなか対策

「着丈は前後差あり or 腰丈の2択」

前後差のあるデザインのトップスでおなか対策

前後差あり

前は短く、後ろが長いデザイン。長さの差やすその形にはバリエが豊富。前を軽くボトムに入れて着用できる。

直線的な腰丈なデザインのトップスでおなか対策

直線的な腰丈

張り出した腰骨がちょうど隠れる着丈がベスト。すそ幅にほどよいゆとりがあり、ラインがまっすぐだとなおよし!

胸ソゲ対策

「胸もとのあきは“若いころの半量”に抑える」

鎖骨が隠れるラウンドネックで胸ソゲ対策

鎖骨が隠れるラウンドネック

鎖骨に添う形か、いっそのこと鎖骨を隠してしまうのも手。カーブに微差があるので試着をしてチェックを。

ボタンの開閉であきを調整できるバンドカラーで胸ソゲ対策

バンドカラー

ボタンの開閉であきを調整できるのが魅力。ぐるりと施されたバンド(ベルト)がほどよいアクセントになる。

デコルテや顔の輪郭をシャープに見せる狭Vネックで胸ソゲ対策

狭Vネック

カフタンやスキッパーなどのVネックは、深すぎないものをチョイス。デコルテや顔の輪郭をシャープに見せる。

前後差のあるすそでおなかを、ボタン調整で胸ソゲを隠すとこんなにすっきり着やせする!

シャツをリボンに結んだスタイルのRINA

結んだリボンと下腹部に落ちる影でおなかをW(ダブル)カバー

結ぶこと前提のデザインは、たれるリボンが長いのもおなかのカバーに有効。胸もとはボタンの開閉で調整して。

シャツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) タンクトップ¥8,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥59,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ネックレス¥20,000/ショールーム セッション(マリハ) リング¥18,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥239,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

▼その他のおすすめ記事もチェック
  • 50代のおしゃれ見えカーディガンまとめ

    とても便利なアイテムだから着たいシーンは多いのに、「カーディガンを着るとどこかあかぬけない」、というエクラ世代ならではの嘆きの声は多い。今回はすっきりと“スマート見え”するものに焦点をしぼって、そんなお悩みに応えるとっておきの3タイプと着こなし例を紹介。

What's New

Feature
Ranking