メイク中も肌を保護してエイジングケアまでするのがベスト。倉田真由美さんおすすめのベースメイクは?【植物の力で「いと凜」と美しく。連載第4回】

PR
"とても"をあらわす「いと」と、内なる美しさの「凜(りん)」。大人の肌と体、髪に寄り添うITRIM(イトリン)が目指す美しさとは? 美容ジャーナリスト・倉田真由美さんが、その魅力をひも解きます。第4回目は、日中の肌ケアについて。環境ストレスから肌を守り、日中も積極的にエイジングケアをしたい。そんな思いに寄り添ってくれる、EEクリームとパウダーをご紹介。
ITRIM エレメンタリー エッセンシャル EEクリーム SPF50・PA++++ 28g ¥10,000 エレメンタリー フェイスケアパウダー Oukaほか全3タイプ 各11g(3月10日発売)¥8,800

(右)アンボラエキスのもつパワーに着目。日中の肌を均一でなめらかに整え、内側から美しく輝かせる。ITRIM エレメンタリー エッセンシャル EEクリーム SPF50・PA++++ 28g ¥10,000【天然由来成分 98%】

(左)化石サンゴからなるきめ細かなパウダーが、しっとりと肌にフィット。それぞれの大人の肌悩みに対応し、肌を美しく整える。ITRIM エレメンタリー フェイスケアパウダー Oukaほか全3タイプ 各11g ¥8,800【天然由来成分 99%】

「護る」「見せる」だけではない。日中の肌にしてあげたいこと。

体の一番外側にあり、紫外線や乾いた空気など、さまざまな環境ストレスに立ち向かっている肌。とりわけ顔は、服を着ることもなく、いつも無防備。私たちの肌は、どこよりもけなげな存在だといえる。
 

ゆえに今、私たちが肌にしてあげるべきこと。それは、環境ストレスから手厚く守ることに加え、日中も積極的にエイジングケアをすること。もちろん、色ムラや毛穴の目立たない美しい肌にもしたい。ITRIMのベースメイクアイテムは、そんな私たちの思いに寄り添ってくれる。
 

有用性植物のアンボラエキスなどを贅沢に配合した「エレメンタリーエッセンシャル EEクリーム」は、メイク下地としても、メイク直しにも使える多機能なクリーム。柔らかなベージュ色は、植物由来の色。朝までつけていても負担にならないほど肌に優しい。桜花(サクラ)、王樹(ビワ)、蓮花(ハス)という、それぞれ3つの有用植物でつくられた「フェイスケアパウダー」は、一般的なパウダーの半分程度というきめ細かさ。粉体と油分の絶妙な組み合わせによって、パウダーとは思えない、しっとりとしたつけ心地を実現。大人の肌悩みをやわらげ、赤みや黄ぐすみを抑え美しく仕上げる。
 

“スキンケアの仕上げ”としてはもちろん、より積極的なエイジングケアをしたい私たち。ストレスに惑わされていた肌が、解放されるようなつけ心地、柔らかで優しい香りに包まれると心までウキウキ。明日からの肌は、もっときれいになる。

──倉田真由美(美容ジャーナリスト)

問い合わせ/ITRIM(イトリン) ■0120・151・106

What's New

Feature
Ranking