情熱と凛とした美しさを瞬時に操る「ジョージ ジェンセン」の時計【10の人生、10の時計】

ウィズコロナの時代へと突入し“時”との向き合い方が変わった今、身につけたい時計をスタイリスト・伊藤美佐季さんがセレクト。時間に縛られることなく、凛とした生き方を求める女性にふさわしい「ジョージ ジェンセン」の時計を紹介。
伊藤美佐季(いとう みさき)●スタイリスト、ジュエリーディレクター。ジュエリーブランドの広報、イタリア遊学を経て、スタイリストに。大人の女性を美しく見せる高い美意識に裏打ちされたコーディネートが人気で、さまざまな女性誌で活躍。女優やモデルからも熱く支持されている。著書に『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』(ダイヤモンド社)がある。

Georg Jensen(ジョージ ジェンセン)

ジョージ ジェンセン

クールさと情熱を瞬時に操れる

「時計は、人を時間で縛りつけるのではなく、人を時間から解放するものであるべき」。1967年から活躍したデザイナー、ヴィヴィアンナ トールン ビューロヒューべの思いを反映したオープンエンドのバングル。インデックスもストラップもなくいっさいの装飾を削ぎ落とし、ミニマムを極めつつも、どこまでも女らしい。希代のデザイナーのように情熱と凛とした美しさをあわせもつ女性に。

時計「ヴィヴィアンナ」(34㎜径、SS×D、クォーツ)¥406,000・ピアス(シルバー)¥30,000/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) ドレス¥106,000/エンメ(レジーナ ピョウ)

What's New

Feature
Ranking