すぐに取り入れたい!負けない肌づくりのための3カ条【小林ひろ美直伝!負けない肌の育て方】

年々、増えていくエイジング悩みに、スキンケアの効きが悪くなっていく肌、さらに昨今のマスク生活による肌トラブルが加わり、もう心折れそう……という人こそ必読! 自らの肌も不死鳥のごとく蘇らせてきた美容家・小林ひろ美さんが、どんなエイジングの波にも打ち勝てる肌を手に入れるための3か条を伝授。
美容家・小林ひろ美さん

美容家・小林ひろ美さん

こばやし ひろみ●56歳。ルーティンに陥りがちなケアを楽しみながらできる美容へと変える美の達人。50代の奇跡と評される美肌は業界随一。最近は、息子のお嫁さんの美容相談に乗るのが楽しみのひとつ。

ひろ美さんが体験した、負け肌からのV字回復ストーリー

ひろ美さんのモットーは「ピンチはチャンス!」。肌落ちしたときも、自分の肌と真っ向から向き合い、よりお手入れをアップグレードさせる絶好の機会に。
負け肌からのV字回復ストーリー1
負け肌からのV字回復ストーリー2
負け肌からのV字回復ストーリー3
負け肌からのV字回復ストーリー4

「明けない夜はありません。どんな肌不調も日々のお手入れしだいで回復できます」

小林ひろ美さん
ワンピース¥48,000/フィルム(コルコバード) ピアス¥20,000/ジュエッテ

「私も人生で大きくは2度、肌老けのブラックホールに落ちた経験があります。1度目は、長年にわたる日焼け肌を謳歌したツケに見舞われた32歳のころ、そして2度目は次々とエイジングの波が押し寄せのみ込まれそうになった52歳。2度目の肌落ちは、今までのスキンケアでは老化の波に太刀打ちできず、手ごわかったのを覚えています。ただ経験からいえるのは、どんな不調も日日のお手入れを工夫すれば、必ず回復できるということ。まず、エクラ世代に必須なのは『めぐりと保湿の強化』。どうしても年齢とともに肌の再生力や潤う力は落ちますから、お手入れの際はもちろん、ふだんの生活でもめぐりを意識し、一瞬たりとも乾燥させないケアを心がけましょう。さらに、肌悩みに合った響くアイテムを投入し、塗り方もひと工夫すれば、肌は確実に応えてくれます。マスク生活の肌不調からも回復できますので、ぜひ!」

《小林ひろ美的》負けない肌づくりのための3カ条

どんなエイジングの波にも打ち勝てる肌を手に入れるために、エクラ世代に取り入れてほしい基本はこの3つ。

《Point 1》「今日の肌の調子はどう?」。

お手入れ前に自分の肌状態を知ることが、土台づくりの第一歩。

お手入れ前に自分の肌状態を知る

《Point 2》「めぐり」と「保湿」。

この両輪が回ってこそ、大人の肌は復活できる。

「めぐり」と「保湿」
ブラウス¥29,000/ストックマン(ヨーロピアン カルチャー) ネックレス¥115,000/スタージュエリー銀座店(スタージュエリー)

《Point 3》大人の肌に響くスキンケアアイテムに更新する。

大人の肌に響くスキンケアアイテム
  • 【50代からのダイエット】小林ひろ美さんは自己サマータイムで全身の代謝UP

    ステイホームの影響で「在宅太り」してしまったアラフィー女性のために、美賢者たちが実践した在宅太り撃退術を大公開。美容家・小林ひろ美さんは、夜の就寝を2時間前倒しする「自己サマータイム」を導入して代謝をアップ。さらにダンベル運動とマッサージでボディメイクしているとのこと。その方法を、詳しく教えてもらいました。

What's New

Feature
Ranking