【2021夏】50代が”買い足したい”アイテムとは?おしゃれプロが選ぶ「服&小物ランキング」

この夏、絶対に役立つアイテムが知りたい!今季の人気アイテムリストから、「これぞ!」と思うものをおしゃれプロに教えてもらい、エクラ独自のランキング形式でお届けします。

 

 
①買い足したい服トップ5

 1位 ニュアンスカラーTシャツ

スタイリスト絶賛の「ニュアンスカラーTシャツ」

「白Tシャツ×黒ボトムのようなコントラストより柔らかな印象に。私もさっそく、ピンクベージュを購入しました」――戸野塚かおるさん(スタイリスト)

 

「きれいめで優しい着こなしが楽しめます。カーキも好きですが今年の夏はグレージュにも注目しています」――村山佳世子さん(スタイリスト)

スタイリスト全員が絶賛!「ニュアンスカラーTシャツ」

クールなブルーグレーをリラクシーな雰囲気で

Tシャツは今年もゆったりサイズを。合わせるデニムはブルーよりエクリュを選んで新鮮に。

Tシャツ¥14,300/ボウルズ(ハイク) デニム¥20,900/ゲストリスト(レッドカード) サングラス¥35,200/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥17,600/メゾン ブランイリス リング¥105,600/マリハ バングル¥20,900/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) バッグ¥9,900/ガリャルダガランテ 表参道店(カーサ ガリャルダガランテ) エコバッグ¥6,600/エスケーパーズオンライン(オープン エディションズ) 靴¥101,200/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

大人の余裕に必要なゆったりしたサイズ感を

スローンのTシャツ

なめらかな風合いと上品な光沢のある超長綿なら、カーキ色もシックに着られる。
¥9,350/スローン

エイトンのTシャツ

前後差のあるラウンドヘムのロング丈。なめらかで光沢のある素材感が主役の風格。
★¥15,400/エクラプレミアム通販(エイトン)

カオスのTシャツ

ベージュ系のニュアンスカラーも大豊作。ノースリーブと半袖の間をとった絶妙な袖丈はハイゲージのコットンビスコース素材。
¥9,350/カオス丸の内(カオス)

ヴィンスのTシャツ

グリーン系カラーで夏コーデをリフレッシュ。
¥14,300/コロネット(ヴィンス)

「定番カラーにもワントーンコーデのつなぎ役にもなじむので、色ものが苦手な人でもおしゃれ上手に見えます!」――徳原文子さん(スタイリスト)

「白Tだと一枚では厳しく、黒Tだと強くなりすぎる。そんな悩みを、おしゃれ感を醸し出しながら解決してくれます。」――福田亜矢子さん(スタイリスト)

 

 2位 マキシ丈ワンピース

プライベートで着たい!の声がモデルから続々「マキシ丈ワンピース」

「パンツスタイルが多かったので、久しぶりのワンピースは抵抗の少ないマキシ丈から。自宅で洗えるコットン素材を選びます」――ゆうきさん(モデル)

 

「毎年、お決まりのように一着は必ず買っています。今年はどうしようと悩むほど種類が多いですね」――田沢美亜さん(モデル)

プライベートで着たい!の声がモデルから続々「マキシ丈ワンピース」

デザインもカラーもドラマチック一択!

たっぷり寄せたタックとハイウエスト切り替えで、全方位美しく。ロイヤルブルーが、肌の白さをきわだたせる。

ワンピース¥103,400/イーストランド(コー) ネックレス(短)¥137,500(サンメイヤ)・ネックレス(長)¥264,000(ミズキ)/以上ロンハーマン バッグ¥85,800/ジミー チュウ 靴¥108,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

マキシ丈ワンピース 優雅な揺れ感とラップデザインで体型カバーも

優雅な揺れ感とラップデザインで体型カバーも

揺れる袖がポイントのゆったりシルエットのワンピースに、同素材のスカートを巻きつけるユニークなデザイン。軽く涼しいラミー素材。

¥64,900/ハーヴェル スタジオ(TSI)

マキシ丈ワンピース 涼を呼ぶ大人の黒。レザーベルトがアクセサリーがわり

涼を呼ぶ大人の黒。レザーベルトがアクセサリーがわり

ボイル素材のサラッとした肌ざわりやほのかな透け感が見た目に涼やか。絶妙なカッティングと量感のあるマキシ丈が大人に◎。

¥64,900/ebure GINZA SIX店(ebure)

 

 3位 着やせノースリーブ

細見えにこだわる編集部員が推す「着やせノースリーブ」

「ノースリーブは敬遠していましたが、今季は肩を上手にカバーするうえに涼しいデザインが続々。絶対に買います!」――副編U

 

「二の腕を目立たせたくないお年ごろなので(笑)、肩先をさりげなくカバーしてくれるデザインに救われてます。」――編集S

細見えにこだわる編集部員が推す「着やせノースリーブ」

理想の見え方を託す信頼の黒ニット

アームホールのフロント部分のみシームを省き、よりいっそうすっきり見えるノースリーブに。ドライタッチコットンの肌ざわりも心地よい。

トップス¥23,100/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) パンツ¥113,300/イーストランド(コー) 帽子¥13,200/キジマ タカユキ ピアス¥35,200・ネックレス¥79,200・ブレスレット¥70,400/メゾン ブランイリス バッグ¥107,800・靴¥81,400/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

着やせノースリーブ 袖ぐりを内側に折り込んだ優しいフォルム

袖ぐりを内側に折り込んだ優しいフォルム

袖の工夫に加え、身幅をたっぷりとり、背中に大きくスリットを入れて、動きやすさとデザイン性を両立。綿100%のカットソー。 ¥

15,400/ニアー(ニアー ニッポン)

着やせノースリーブ パターンで魅せるフェミニンカットソー

パターンで魅せるフェミニンカットソー

パターンの工夫でわきや腕が見えすぎず、インでもアウトでももたつかない、つかず離れずのシルエット。素材は綿100%。

¥12,100/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ)

着やせノースリーブ 華奢さを印象づけるボートネックにも注目

華奢さを印象づけるボートネックにも注目

デコルテや二の腕をすっきり見せ、ウエストイン時にはコットンシルクらしい美しいブラウジングが完成。夏でもサラッとした肌ざわり。

¥35,200/アイネックス(ニット バー)

 

 4位 濃色オールインワン

一歩先のトレンドを知るスタイリストが推薦「濃色オールインワン」

「一枚で様になるワンピースに似た存在。リラックスしすぎずモード感があるものを選びたいですね。アクセサリー使いで遊びたい!」――大沼こずえさん(スタイリスト)

 

「ベアトップのオールインワンに薄手のカーディガンをはおる、まわりの人もリラックスできる肩肘張らない着こなしが理想」――青木貴子さん(スタイリスト)

濃色オールインワン

涼しげに揺れる黒はシックなワントーンで

長さはストラップで調整が可能。足首がのぞくクロップト丈なら、真夏の黒も軽快に着こなせる。

オールインワン¥28,600/カオス丸の内(カオス) カットソー¥7,700/カレンソロジー 青山(カレンソロジー) 帽子¥42,900/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ネックレス(短)トップ¥143,000・チェーンネックレス¥69,300・ネックレス(中)¥150,700・ネックレス(長)¥121,000/ロンハーマン(ミズキ) ブレスレット¥6,600/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マリーン) バッグ¥95,700/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥82,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

濃色オールインワン レザーストラップとフリンジで遊び心を+(プラス)

レザーストラップとフリンジで遊び心を+(プラス)

ディテールが効いた黒なら、一枚で着てもインにTシャツやタンクトップを重ねてもスラッと見えて様になる。ドライな素材感も◎。 ¥86,900/コロネット(エアロン)

濃色オールインワン ストレスフリーなきれいめセットアップ風

ストレスフリーなきれいめセットアップ風

ウエストにゴムが入ることで、着用後に軽くブラウジングするだけでたちまちツーピース見え。小物しだいで仕事にもドレスアップしたい日にも手がのびる。

¥39,600/アナイ

濃色オールインワン 着こなしを格上げするネイビーのサテン

着こなしを格上げするネイビーのサテン

センシュアルにつやめく、イブニングドレスのようなネイビーサテン。さらっと着るだけでこなれ感が出しやすく、ジュエリー使いも映える。

¥30,800/エストネーション

 

 5位 白ロングスカート

夏服を知りつくしたライターが注目「白ロングスカート」

「着こなしが単調になる夏は、パンチのある服を買い足します。マキシ丈の白スカートを甘くせずにかっこよく着たい」――坪田あさみさん(エディター)

 

「ニュアンスカラーとの相性もよく、優しげにもクールにも着こなせるのが魅力。今年はマキシ丈のタイトに挑戦したい」――向井真樹さん(エディター)

白ロングスカート

パキッとクリーンな白はシンプルなフォルムで

ストレッチ性に富み、透けにくい生地をふんだんに使ったフレアシルエット。シルバーの小物使いで涼しげに。

スカート¥30,800/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ブラウス¥31,900/ebure GINZA SIX店(ebure) ピアス¥12,650/アルアバイル(フィリップ オーディベール) バングル¥88,000/メゾン ブランイリス バッグ¥162,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥85,800/ジミー チュウ

白ロングスカート ディテールを効かせた表情豊かなラップ型

ディテールを効かせた表情豊かなラップ型

サイドベルトや大きなポケットがアクセントのロング丈のラップスカート。さわやかな風合いで、真夏でも快適に着こなせる。

¥63,800/ストラスブルゴ(サポート サーフェス)

白ロングスカート 大胆ドレープでフェミニンムード満点!

大胆ドレープでフェミニンムード満点!

フロント部分は短く、動くたびに揺れるヘムラインに仕立てたフレアシルエット。二重織りのマットサテンは肌ざわりもなめらか。

¥46,200/オットデザイン(ルーム エイト)

白ロングスカート ブランドの定番タイトを上質リネンで

ブランドの定番タイトを上質リネンで

良質なリネンでていねいに仕立てられたロングタイト。足さばきがよく下半身もすっきり。 ★¥33,000/エクラプレミアム通販(ブルーバード ブルバード)

 
②旬バッグトップ3

 

 1位 天然素材のでかバッグ

不動の人気を誇るかごバッグ! 買い足すなら、断然メガサイズとの声が多数。素朴なつくりより、モダンなデザインに注目が集まっているようです。
天然素材のでかバッグ

(右)横長バランスが秀逸なラフィア×レザー。(34×44×17)¥130,900/メゾン・ディセット(コルト モルテド) (左)バケツ型も人気。1文字¥800で2文字まで刺繡可。(36×51×32)¥57,200/ラドロー オンラインストア(ラドロー)

「レザーとラフィアのコンビなら、デニムにもワンピースにも! コーディネートのアクセントになる持ち方がしたいですね」。鈴木たま江さん
 

華組 近藤和子さん ロエベかごバッグ

ロエベのロゴに気持ちが上がるという近藤さん。「持つだけで夏の開放感が味わえるところが好き。ワンピースとビーチサンダルで、リゾートをイメージ」。近藤和子さん

 

 2位 ミニミニショルダーバッグ

携帯とリップを入れたらいっぱい、そんなミニミニバッグに人気集中。バッグというより、アクセサリー感覚でコーデのポイントにするのがコツ!
ミニミニショルダーバッグ

(右)モノグラムジャカードにアイコニックなロゴをオン。長財布が入る。(16×12×9)¥72,600/メゾン・ディセット(コルト モルテド) (左)フロントのストラップに香水瓶を収め、持ち運ぶために仕立てられたバッグ。帆布×レザー。(20×13×5.5)¥41,800/メゾンレクシア

「これひとつでいつものコーデがおしゃれに見えます。ふだんはスマホとカギを、荷物が多い日は大きめのバッグと2個持ちします」。根本有加里さん
 

華組 成田千恵さん ミニミニショルダーバッグ

持ち物を考え直すきっかけになったというロジェ・ヴィヴィエで。「バッグが小さいと全身のバランスがよくなり、姿勢よくさっそうと歩けることに気づきました」。成田千恵さん

 

 3位 カラフルエコバッグ

カラフルエコバッグ

(右)ネオンカラー。ルミネ新宿店・EC限定。(36×30.5×0)¥2,200/マッキントッシュ ジャパン(トラディショナル ウェザーウェア) (左)軽くて丈夫で速乾性に富んだ素材に陽気なフォントで人気。(57×29×14)¥6,600/エスケーパーズオンライン(オープン エディションズ)

毎日欠かさず持ち歩くので、この季節らしいきれいな色を買いました。ひとつあると違う色がまた欲しくなります」。大垣佳世さん
 

華組 一色華菜子さん カラフルエコバッグ

服では躊躇しがちな色もエコバッグなら。「大胆な色や柄も遊び感覚で取り入れられます。ピンクとロゴがアクセントの自作バッグで、気持ちも明るくなります」。一色華菜子さん

 
③旬シューズトップ3

 

 1位 ブラックヌーディサンダル

肌感がきわだつ黒のヌーディサンダルは、女らしさを引き出す魔法の一足。抜群の合わせやすさでコーデが引き締まります。
ブラックヌーディサンダル

(右)自分の甲や幅に合わせて調整が効くレースアップは、見た目以上のホールド力。流線型のラインが足を美しく。¥69,300/ザ ストア バイシー 代官山店(エム パーソンズ) (左)柔らかなレザーで親指と甲をホールドする、モダンで上品なデザイン。こなれ感のある足もとに。¥16,500/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/ラコンテ)

着こなしを選ばず、バランスよくまとめるつなぎ役に秀逸なレースアップ。調整が効いて華奢見えするところも好きです」。奥泉衣映さんザ ストア バイ シー ディレクター)
 

藤田菜美さん ブラックヌーディサンダル

「カービーなフォルムとストラップのバランスが絶妙で、とても履きやすいところもお気に入り。フェミニンなティアードスタイルもクールに着こなせます」藤田菜美さん(セオリー/セオリーリュクスオンラインストア パーソナルスタイリングサービス スタッフ)

 

 2位 とんがりフェミニン靴

シュッとしたトゥにひとクセある素材など、ほどよい攻め感が魅力の「とんがりフェミニン靴」。シンプルになりがちな夏コーデに華やぎと女らしさを添えてくれます。
とんがりフェミニン靴

(右)日本人の足になじむ木型と柔らかなレザーを編んだメッシュ。ストレスなく素足で楽しんで。¥35,200/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ) (左)優美なシルエットのミュールをホワイトレザー×メッシュのコンビで。エレガントなムードを足もとから呼び込める一足。¥71,500/メゾン・ディセット(マローン スリエ)

「軽さとラクちんさを重視しつつ大人に見せたい! そんなわがままをかなえてくれるのでおしゃれが広がります」。寺田恵美さん(メゾン・ディセット PRコミュニケーション ディレクター)
 

河野なみこさん とんがりフェミニン靴

「細身のパンツとゆったりTシャツにかごバッグは、今季一番のお気に入り。メッシュのフェミニン靴で、大人っぽいリラックスした抜け感が出せたら!」河野なみこさん(フリーランスPR)

 

 3位 シャイニーサンダル

シャイニーサンダル

(右)細めのストラップにコンチョがついたシルバーカラーのビーチサンダル型。今年の夏らしい、肩の力を抜いた着こなしに合わせたくなる。¥20,900/ベイジュ(ピッピシック) (左)手作業でていねいに編み込まれた山羊革が足に優しくフィット。プラチナゴールドという上品でニュアンスのある輝きで、気持ちまでアップ。¥39,600/リエート(ロトュセ)

「足もとのアクセサリー感覚で愛用したいですね。ホールド力があり、パタパタせず履き心地のいいものを選びたいです」。増田美知江さんピッピシック スタッフ)
 

長谷川直美さん シャイニーサンダル

「存在感があるのに着回しがきいて着こなしがクラスアップするところも、プラチナゴールドの魅力。旬な大人のニュアンスカラーにもよくなじみます」長谷川直美さん(リエートPR)

 
④おすすめしたい!とっておき指名買いリスト

「みんなにすすめたい!」「これもねらってます!」。そんなこの夏の私的買い足しプランを個別ヒアリング。モデルたちに聞いた、指名買いアイテムの数々をご紹介します。

モデルに聞いた! この夏ほしい指名買いアイテム

ヴァン クリーフ&アーペルのイヤリング

ヴァン クリーフ&アーペルのイヤリング

高橋里奈さん(モデル)
「アイコニックな四つ葉のクローバーとオニキスを組み合わせたイヤリングは、この夏こそ買い足したい憧れアイテムの代表。夏につける黒いジュエリーは憧れです」。ゴールドビーズの縁取りが美しい“ヴィンテージ アルハンブラ。ピアスにもイヤリングにもなる2WAY。¥434,500/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル)

ビッグシルエットの白シャツ

ビッグシルエットの白シャツ
RINAさん(モデル)
ほどよい落ち感でスッキリ見えするY’sの白シャツを愛用。「ビッグシルエットなのに、女性らしい華奢さを出せるところがお気に入り。シャツ好きの人にぜひ着てほしいな」。写真はLA発ブランドの3/4スリーブのロングシャツ。ボディラインを拾わずにきれいなフォルムがつくれ、さらっと着るだけで様になると評判。¥81,400/イーストランド(コー)

トムウッドのシルバージュエリー

トムウッドのシルバージュエリー
LIZAさん(モデル)

「トムウッドのシルバージュエリーは、毎日つけていても飽きがこなくてどんな気持ちにもそっと寄り添ってくれるところに惹かれます。この夏も、何かひとつ買い足したいと思っています」。北欧デザインのエッセンスが伝わるモダンでクリーンなジュエリーが人気。ピアス¥45,100・ブレスレット¥152,900/トムウッド プロジェクト(トムウッド)

スタンスミスのサスティナブルスニーカー

スタンスミスのサスティナブルスニーカー
ゆうきさん(モデル)
スニーカー好きのゆうきさんの買い足し候補が、リサイクル素材を使った“プライムグリーンシリーズのスタンスミス。「白いサスティナブル素材のアッパーに、オフ白のソール&靴ひもを組み合わせたヴィンテージ感に惹かれます。ニュアンスカラーともトーンが合い、柔らかな印象になりそう」。¥14,300/アディダス ジャパン(アディダス オリジナルス)

 

スタイリスト&エディターの、この夏の指名買いアイテム

キジマ タカユキのハット

キジマ タカユキのハット

松井陽子さん(エディター)
「装いを軽やかに変えてくれるのがハット。毎年、毎シーズン、必ずチェックしています。最も信頼している大好きなブランドが“KIJIMA TAKAYUKI。シーズン前に買うこともありますが、かぶる季節になってから気持ちに合わせて選ぶことも多く、夏の楽しみのひとつに」。ケンマ草を編んだハットは、驚くほど軽量。¥30,800/キジマ タカユキ

ティキーズの大人ビーチサンダル

ティキーズの大人ビーチサンダル

徳原文子さん(スタイリスト)
シンプルでクセがなく、レザーのトング感覚で履けると評判の大人ビーサン。「きちんと見えする服をカジュアルダウンするのが私のスタイルなので、ボリュームスカートやマキシワンピースの足もとに重宝しています。何足も持っていますが、今年はクッション性の高い黒を新調する予定です」。¥8,800/エスケーパーズオンライン(ティキーズ)

重ね着にマストなシルクインナー

重ね着にマストなシルクインナー

坪田あさみさん(エディター)
夏もレイヤードを楽しみたいという坪田さん。「重ねて素敵に見えるインナーを常に探しています。秀逸で目をつけたのがこの2枚。右は胸もとのあきが絶妙で、左はTシャツだとカジュアルかなという日に。どちらもシルクなので大人っぽく着られ、自宅で洗えるのもいいですね」。(右)タンクトップ¥18,700・(左)ブラウス¥22,000/カオス丸の内(カオス)

ボン マジックのバロックパールピアス

ボン マジックのバロックパールピアス

大野智子さん(エディター)
「ずっと欲しかったピアスをこの夏、ついに購入。ガツンとした存在感のあるサイズを、と思っていたのですが、私の耳にはこの12mmがちょうどよかったみたい。マスクが日常の今、毎日のようにつける予定です」。自然に形づくられる唯一無二のパールは、色もテリもひとつずつ異なる。K18YG、白蝶バロックパール12mm。¥143,000/ボン マジック

▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking
Instagram