“ゆるむ”“しぼむ”肌の2つの変化に対抗!【美プロの推薦たるみケアコスメ3選】

アラフィー女性の肌のしぼみとゆるみを解決すべく、“エクラ50S(フィフティーズ)”がエイジングケアコスメを厳選。自分にあった逸品を見つけて、ハリ肌をめざして。

1.カバーマーク セルアドバンスト セラム WS

カバーマーク セルアドバンスト セラム WS

しぼむとゆるむ、どちらの悩みも解決する二刀流
肌の大もととなる母細胞を生み出す、骨髄幹細胞に着目。質のいい母細胞を増やし、肌の根本から弾力ケアする。即時に明るさ、スムースさを高める工夫も。
40㎖ ¥14,300

入江信子さんの結論
「『肌がしぼむ』と『ゆるむ』という、たるみの2大巨頭を両方がっちり解決する美容液。使ってすぐ肌がもっちり、指で触れるとふくふく感。翌朝にはキュッと引き締められて、頰がすっきり。続けるほどに、スカスカだった肌がみちみちに。ハリが出るにつれて光がきれいに回って、ツヤも」

美容エディター 入江信子

美容エディター 入江信子

肌質/ドライ。花粉の時期はかなり揺らぐ
悩み/しわ、たるみ、シミ、くすみ
美容系の仕事にかかわって25年以上のベテラン。18歳から日焼けしたことがないのが自慢だったのに、それでも押し寄せる老化に愕然。“油分の伝道師”と名乗るほどのクリーム好き。

2.エピステーム ステム サイエンス RXクリーム

エピステーム ステム サイエンス RXクリーム

再生力をサポートして、ゴルゴラインを払拭
幹細胞が分泌する、肌の損傷リペアにかかわる物質を研究。肌のコラーゲン、エラスチン産生量を高めて深刻なたるみ肌もハリ肌へといざなう。
45g ¥55,000/ロート製薬

藤井優美さんの結論
「幹細胞に関する最先端の知見をもとに開発されていて、今のテクノロジーのすごさを体感できます。アイロンをかけるように"引き上げ塗り"しているのですが、おもしろいくらいゴルゴラインが消える! 美容成分が肌自身の再生力を底上げして、サポートしてくれている実感が」

美容エディター 藤井優美

美容エディター 藤井優美

肌質/ノーマル
悩み/ゴルゴライン、マリオネットライン、まぶたや輪郭のゆるみ
幅広い分野で活躍中のエディター。童顔で若く見られてきたが、最近は年相応に悩みが増えてきた。元エステティシャンの経歴を生かし、コスメは手技を加えて効かせるよう心がけている。

3.ディオール プレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム

ディオール プレステージ  マイクロ ユイル  ド ローズ セラム

色、香りにうっとり。内側からのハリを体感!
ダメージをすばやくケアして、キメ密度を復活させ、引き締まったフェイスラインに導く導入美容液。
30㎖ ¥30,800/パルファン・クリスチャン・ディオール

K藤の結論
「ピンクのパールの中にはローズの成分がたっぷり。今秋の進化でリフト効果もプラスされ、ますますエクラ世代の強い味方に。洗顔後の肌に、栄養素を送り込むこと、炎症を起こさせないこと、そしてたるみケアをねらって取り入れてます。内側からのハリを感じるし、浸透性も抜群」

エクラ編集長 K藤

エクラ編集長 K藤

肌質/インナードライ肌。目まわりが過敏
悩み/たるみ、くすみまぶた、茶ぐま
“エクラ50S”のリーダー。「アラフィーになったら、パーンと小高い頰はどこへやら。平原のようにのっぺりして、下半顔にたるみ&ゆるみがたまるように」と嘆きつつもケアに励む!

エクラ50Sのたるみケア戦略

まず自分がしぼみ系かゆるみ系かを把握
しぼみ系はパンプアップケアを選択
ゆるみ系には引き締めタイプが◎
即、ピンとするケアでやる気を高める
すぐやめずに、1本は使いきる
引き上げ塗り”で手応えを後押し

What's New

Feature
Ranking
Instagram