ときどき読書

* 純文学を手に取ってみました *
ある男
『ある男』 平野啓一郎 (文藝春秋) を読みました。
351ページ。

イントロダクションに目を通した時は、読み進めようか 迷いまして、本文の1ページをめくってみたら すぐ面白そうな展開が期待できました。

家族がテーマの話で、本の帯にもあるように、"愛したはずの夫がまったくの別人だった。" のです…

そんなこと言われても っていう依頼人の話を弁護士が紐解いていきます。 弁護士は出来事を通じて 自分と向き合ったり、人を思いやったり。 後半、私はつい 依頼人の女性に感情移入しておりました。

懐かしいジャズの名曲やお酒の種類もいくつか登場します。 詳しい方はそこも楽しみの一つです。

純文学ということで、漢字の使い方に、特徴があります。そこは読みづらいけれど、その文字から伝わってくる情景や心象があります。
普段使いなら読める漢字を検索して「そういうことね」と納得する時は 作者の平野さんからメッセージを受けとれたような嬉しさもありました。



marigat

marigat

東京都在住。夫と娘3人の5人家族です。末っ子が高校2年生でもうすぐ子育て一段落。日々の散歩や笑っちゃうこと、読書などを共有できたら嬉しいです!

What's New

Feature
Ranking
Instagram