"洗練"を香らせる、フレグランスメゾンの香水 五選

2017年6月26日
調香師たちの自由な創造力を楽しむフレグランスたち。人とは違う自分だけの香りを見つけたい!と思ったら、ぜひチェックして。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ジョー マローン ロンドン
「レア ティー コレクション」
1994年の創立以来、品よく上質で、少しの冒険心を加えた英国スタイルのブランドとして、愛されているジョー マローン ロンドン。希少な茶葉の浸出液を精製して完成させた最高峰の香りは、お茶の「アート」を引き出す。右は鮮やかで、芳醇な味わいの日本の煎茶の香り。ポメロの清涼感やわずかな苦味に、セサミやマテ茶葉を加えてきりっと爽快に。左は最も貴重なこの白茶は、長く皇族だけがその美味を楽しんでいたとか。かすかにフローラルでしなやかな芳香を、バラが繊細でロマンチックに表現。

(右)ジェイド リーフ ティー コロン(左)シルバー ニードル ティー コロン 75㎖ 各¥26,000/ジョー マローン ロンドン
2.フエギア 1833
「パンパ ウメダ」
南米パタゴニア発、フエギア 1833の唯一無二のフレグランス。「パンパ ウメダ」とは、広大な牧草地のこと。雨上がりの水を含んだ草原の匂いと輝きを、グリーンとハーブのみずみずしい香りで表現。

パンパ ウメダ パフューム 100㎖ ¥26,700/FUEGUIA 1833 東京本店
3.パルファン サトリ
「紺白―Kon Shiro―」
華道や茶道、香道にも精通し、和の文化へのリスペクトがクリエーションのベースにもなっているという日本人調香師、大沢さとり。上質なコットンシャツに袖を通したときのような、すがすがしさと心地よさに包まれる「紺白」は、清潔感にあふれながら、フルーツとアルデヒドの出会いがほかになく新鮮。「それ、どこの?」ときっと聞かれる。

紺白―Kon Shiro― 50㎖ ¥12,000/パルファン サトリ
4.メゾン フランシス クルジャン
「アクア セレスティア」
誰もが「この香りが好き」と思えるのに、ほかになくユニーク。そんな香りをつくらせたら右に出る者がいない、天才パフューマーのフランシス クルジャン。水のすがすがしさを表情豊かに表現した香りは、透明感がありながらも華やかで奥深い。五感と心が調和して深い安らぎへと導かれ、ラストに香るムスクの余韻は、どこか神聖ですらある。

アクア セレスティア オードトワレ 70㎖ ¥20,500/ブルーベル・ジャパン
5.ザ ディファレント カンパニー
「オスマンチュス」
コンテンポラリーで独創的なフレグランスメゾンの先駆けとして、2000年、パリに誕生したザ ディファレント カンパニー。「オスマンチュス」は世界的な名香を生み出してきたジャン・クロード・エレナが、中国の紫禁城を訪れたときの感動を記憶にとどめるため、デザインしたという金木犀の香り。250㎖のために、20㎏もの金木犀の花が必要なのだとか。

オスマンチュス オードトワレスプレイ 100㎖ ¥19,000/フォルテ

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング