甘さ無縁が大人にジャスト!大きめトートのかごバッグ 五選

2017年6月29日
さまざまな天然素材の表情&手ざわりと目にも楽しいデザインで、着こなしに抜け感をつくるかごバッグ。かっちり編まれたきれいめタイプと気軽に持ちたいカジュアルタイプから、つい手がのびる選りすぐりのトートサイズをご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.クラッチとの2個持ちでセンスをアピール
アフリカ・ケニア生まれのサイザルかごとゴールドのクラッチの対比がセンスの見せどころ。とろみのあるセットアップのきれいめな着こなしに陽気な配色を効かせるとこなれ感もバッチリ!

バッグ(35×57×25)¥22,000/メゾン イエナ(サンアルシデ)シャツブラウス¥21,000・ハーフパンツ¥18,000/トゥモローランド(バッカ) イヤリング¥5,500(アレクサンドリーヌ ビジュー)・靴¥69,000(ミッシェル ヴィヴィアン)/以上メゾン イエナ クラッチバッグ¥31,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(マリー ターナー)
2.着こなしを選ばないストロー×バンブーハンドル
スタイリッシュな爽やかさがあるバンブーハンドル。フォーマルな場にはスカーフを合わせて。

バッグ(25.5×53×13)¥20,000/アパルトモン 青山店(カタルツィ) スカーフ¥25,000/メゾン イエナ(ピエール ルイ マシア) ジャケット¥118,000・スカート¥58,000/マディソンブルーヘッドストア(マディソンブルー) カットソー¥6,300/エストネーション(オーラリー) ピアス¥14,000(ローラ ロンバルディ)・バングル¥3,200(ランドシヌール)/以上プラージュ 代官山店 ネックレス¥14,000/アルアバイル(ソコ) 靴¥61,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(マルティニアート)
3.ドレスアップのハズし役には遊びのあるマルシェかご
シンプルシックなリネンワンピースには黒のかごバッグではなく、カジュアルさとパープルの揺れる羽根をアクセントにしたい。

バッグ(22×45×21)¥14,000/エストネーション(ル シャポー) ワンピース(共布ベルトつき)¥39,000/ロンハーマン(ロンハーマン) デニムジャケット¥42,000/マディソンブルーヘッドストア(マディソンブルー) ネックレス¥79,000・バングル¥120,000/エストネーション(グーセンス パリ) 靴¥29,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ミント アンド ローズ)
4.クリスチャン ヴィラ
大人ならではのシンプルなデザイン&ニュアンスグレーのショルダー。あえてのフェイクラフィアは手入れがラクと評判。

バッグ(27×39×13)¥17,000/ル タロン 丸ノ内店(クリスチャン ヴィラ)
5.メゾン エヌ アッシュ パリ
大小、2種類のチェックのラフィアを組み合わせたモダンなスーベニール風バッグ。軽量だからたたんでサブバッグにしても。

(39×35×20)¥9,500/メゾン イエナ(メゾン エヌ アッシュ パリ)

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング