[富岡佳子 私服レシピ] <パールネックレス> part2

2017年7月1日
富岡佳子さんの私服を見せるファッション・ レシピ連載。第5回目は、エクラ世代ならひとつは持っているパールのネックレス。「見過ごされがちですが、パールの存在感が今の私の気分にぴったり!」と富岡さん。

パールの魅力をもっと日常的に

若いころからの愛用品がやや小粒でちょっともの足りなさを感じるようになり、思いきって新調しました。粒そのものの色み、巻きの美しさもですが、自分の肌色との相性、バランスのよい長さは……と、鏡を前に数時間。一生もののパール選びは、自分と向き合いながらゆっくり時間をかけるのが正解です。そうして選んだのは、7〜7.5㎜のクラシカルな1連。粒を減らし、やや短めに仕立ててもらいました。オケージョンだけでなく、年齢を重ねた今こそ、パールを自由に取り入れてみたいですね。

私服レシピ

白Tシャツのマスキュリンさを抑えて、夏のカジュアルを女性らしく。「白T×デニムにパールだとまとまりすぎちゃう。ボリューミーで優雅なロング丈のフレアスカートに、足もともスニーカーでなくサンダルで。パールのもつクラシカルな存在感もぴったりでした」。
Necklace:MIKIMOTO
T-Shirt:three dots
Skirt:MADISONBLUE
Sunglasses:OLIVER PEOPLES
Bangle:TIFFANY & Co.
Ring:de Jaegher
Shoes:Belle by SIGERSON
MORRISON

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング