今すぐ行きたい、台北夏グルメ!

2017年8月20日
 今回の旅では、地下鉄で行ける夕日の美しさで知られる淡水にも足をのばして、ご当地グルメも満喫!
 市内から40分ほどで、海水と淡水の混ざる淡水河と観音山が風光明媚な淡水駅に。レトロな町散歩、名物の海老巻きなどを食べ歩くのも楽しい。ミニクルーズもでき、名所と言われる夕日の時間に合わせて出かけるのもいい。軽食なら埠頭の前の「文化阿給」でアーゲイというお揚げの中に春雨が詰まった淡水名物を。美しく染まる空、海に日が沈む夕景を堪能したら、夕食は、海鮮専門店を横目にしつつ、グッドデザイン賞を受賞している、器やインテリアにもこだわった創作イタリアンの「之間」へ。お茶の美味しい台湾ならではの、お茶やお茶のカクテルも揃い、特別に用意された、発酵度が低く、緑茶に近い烏龍茶、包種茶の炭酸割りに、すっかり暑さを忘れる。17世紀にスペイン人によって建設され、のちにオランダ人が再建した紅毛城が近くにあることから、ダッチパンケーキもメニューに。夏ならマンゴーダッチパンケーキはマスト!淡水名物の味付き玉子”鉄玉子”と淡水のカボチャのピザなども好評だ。

 マンゴーの季節限定の「冰讃」のマンゴーかき氷(個人的には練乳抜きが好き)、それから「心地日常」の桂花蜜醸白玉雪花氷。金木犀の香りの蜂蜜と酒麹があとを引く。地元の人が行列していて、開店から数時間で閉店というトーストサンドイッチの店「豊盛號」(チャーシューのようなハムと玉子に、マーマレード?のトーストサンドが美味!)、夏でも鍋はマスト、高雄の有名店で台北にも2店舗ある「牛老大」で牛鍋。外せない小籠包は、今回は「杭州小籠湯包 民生東路店」へ。デザートのカスタード饅頭も忘れずに。どの店の料理も、すべて筆舌しがたい美味しさだ。訪れるたびにリピートしたい店が増えてしまい悩ましい。
  • 淡水名物をローカルな老舗で
  • この海に夕日が沈む
  • 季節限定マンゴーダッチパンケーキ
  • 小龍包はマスト。ヘチマとエビもさわやか
  • 高雄の有名店が台北にも出店。牛鍋が美味!
  • 金木犀の香りの蜂蜜と酒麹がとろけるおいしさ!
  • 包種茶の炭酸割りは目から鱗の忘れられない味
  • レトロな屋台が並ぶ淡水
  • 朝食の定番トーストサンドとアイスミルクティ

What's New新着記事

  • 真冬の絶景と温泉を満喫! 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

    寒い冬、暖かい南の島に行くのもいいけれど、美しい雪景色とあったかい温泉を堪能できる国内のリゾートホテルに滞在するのも最高! 青森県 奥入瀬渓流沿いに建つリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2017年12月16日から冬季も営業中。温泉につかりながら氷瀑を眺められる露天風呂「氷瀑の湯」が話題を呼んでいる。氷瀑とは、厳しい寒さで氷結した滝のことをいい、冬の奥入瀬渓流ならではの絶景なのだそう。 この氷瀑や氷柱(渓流沿いの木々や岩から滴るしずくが凍って柱状になったもの)を見に行くツアーも用意されている。旅のもう一つの楽しみ、食事は旬の食材をコース料理でいただくメインダイニング「西洋膳処 奥入瀬」か青森名産のリンゴにとことんこだわるビュッフェレストラン「青森りんごキッチン」にて。岡本太郎作の巨大な暖炉が印象的なラウンジで窓越しに広がる雪景色を眺めたり、のんびり読書をしたり。都会の喧騒を忘れて心も体も癒される理想のリゾートライフがここにある! 

    ライフスタイル

    2018年1月31日

  • PR
    話題のキッチン〝いろりダイニング〟で おうちワイン女子会!

    [PR]話題のキッチン〝いろりダイニング〟で おうちワイン女子会!

    パナソニックから誕生した画期的なキッチンで、料理家・平野由希子さんがワイン女子会を提案。訪れたのは華組の有村さんと佐藤さん。 “作りながら食べる、食べながら作る”愉しさを皆さんにお届けします。

    ライフスタイル

    2018年1月25日

  • 身のまわりに実例あり!かっこよき“年上女性”ってこんな人

    最近、年下女子との付き合い方が気になるエクラ世代も多いのでは? 年下女子といい関係と築くための極意とは? 心にとめておきたい4つの心得をジェーンさん・原田さんからのアドバイスと、年下女子へのアンケートから紐解きます。

    ライフスタイル

    2017年12月27日

  • もしかして私の接し方、重い!?古い!? 50代と年下女子の“ギャップあるある”

    最近、年下女子とのお付き合いで、「もしかして、私、ズレてる!?」と感じることはありませんか? eclat1月号では、年下女子との間に起こりがちな感覚のズレを専門家がアドバイス!

    ライフスタイル

    2017年12月26日

  • “いい塩梅”って? 実は気になる 「年下女子」との付き合い方

    実は気になるエクラ世代も多い「年下女子」とのちょうどいい付き合い方。団塊Jr.&さとり世代にアンケート調査し、最も多かった回答を「正解」とした年下女子との“いい塩梅”を数字で公開!

    ライフスタイル

    2017年12月23日

FEATURE
ランキング