今すぐ行きたい、台北夏グルメ!

2017年8月20日
 今回の旅では、地下鉄で行ける夕日の美しさで知られる淡水にも足をのばして、ご当地グルメも満喫!
 市内から40分ほどで、海水と淡水の混ざる淡水河と観音山が風光明媚な淡水駅に。レトロな町散歩、名物の海老巻きなどを食べ歩くのも楽しい。ミニクルーズもでき、名所と言われる夕日の時間に合わせて出かけるのもいい。軽食なら埠頭の前の「文化阿給」でアーゲイというお揚げの中に春雨が詰まった淡水名物を。美しく染まる空、海に日が沈む夕景を堪能したら、夕食は、海鮮専門店を横目にしつつ、グッドデザイン賞を受賞している、器やインテリアにもこだわった創作イタリアンの「之間」へ。お茶の美味しい台湾ならではの、お茶やお茶のカクテルも揃い、特別に用意された、発酵度が低く、緑茶に近い烏龍茶、包種茶の炭酸割りに、すっかり暑さを忘れる。17世紀にスペイン人によって建設され、のちにオランダ人が再建した紅毛城が近くにあることから、ダッチパンケーキもメニューに。夏ならマンゴーダッチパンケーキはマスト!淡水名物の味付き玉子”鉄玉子”と淡水のカボチャのピザなども好評だ。

 マンゴーの季節限定の「冰讃」のマンゴーかき氷(個人的には練乳抜きが好き)、それから「心地日常」の桂花蜜醸白玉雪花氷。金木犀の香りの蜂蜜と酒麹があとを引く。地元の人が行列していて、開店から数時間で閉店というトーストサンドイッチの店「豊盛號」(チャーシューのようなハムと玉子に、マーマレード?のトーストサンドが美味!)、夏でも鍋はマスト、高雄の有名店で台北にも2店舗ある「牛老大」で牛鍋。外せない小籠包は、今回は「杭州小籠湯包 民生東路店」へ。デザートのカスタード饅頭も忘れずに。どの店の料理も、すべて筆舌しがたい美味しさだ。訪れるたびにリピートしたい店が増えてしまい悩ましい。
  • 淡水名物をローカルな老舗で
  • この海に夕日が沈む
  • 季節限定マンゴーダッチパンケーキ
  • 小龍包はマスト。ヘチマとエビもさわやか
  • 高雄の有名店が台北にも出店。牛鍋が美味!
  • 金木犀の香りの蜂蜜と酒麹がとろけるおいしさ!
  • 包種茶の炭酸割りは目から鱗の忘れられない味
  • レトロな屋台が並ぶ淡水
  • 朝食の定番トーストサンドとアイスミルクティ

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング