旅の合間に立ち寄りたい 京都“究極の麺” 五選

2017年9月13日
京都は旅の合間にさっと食べられるメニューも充実。eclat10月号では、エクラ京都班が惚れ込んだ“究極の麺”をご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.衹園 平安の「カラシソバ」

 にんにくを使わず、日本酒や穀物酢など、和食のような調味料で優しい味に仕上げる京都中華の人気店。名物は、洋辛子を麺にあえ、上から野菜たっぷりのあんをかけたカラシソバ。鶏ガラスープをベースにしたあんは甘ったるさや醤油辛さもなく、あっさり。鼻にツーンとくる洋辛子の辛さもクセになる。¥900(税込)

☎ 075-531-2287
東山区衹園富永町131 12:00 ~14:00、17:00 〜21:30(LO) 休水曜 カード不可
2.南禅寺 日の出うどんの「あげきざみカレーうどん」

 口コミでカレーうどんのおいしさが広まり、今では注文の8割がカレー系メニューという人気ぶり。通常はカレー粉をそのままだしに溶かし加えることが多いが、こちらでは、まず、カレー粉をラードや小麦粉と共に炒め、自家製ルーを作るそう。そのため、深みとコクが格別。辛さや具材が選べるのも魅力。¥900(税込)

☎ 075-751-9251
左京区南禅寺北ノ坊町36 11:00 〜15:00 休日曜・月曜不定休(7・8・12月は不定休) カード不可
3.岡崎 おかきたの「玉子とじうどん」

 利尻昆布と4種類の削り節からとった奥行きのある味わいのだしが自慢。手間ひま惜しまず、細めのうどんも店主自らが打ち、注文を受けてから10分以上かけてゆがかれる。玉子とじはどこにでもあるメニューながら、食べると感動。卵をとじる時に片栗粉を使うことで、想像を超えるふわとろ感を楽しめる。¥850(税込)

☎075-771-4831
左京区岡崎南御所町34 11:00 〜20:00 休火曜、第1・3・5水曜 カード不可
4.衹園 祇をん 萬屋の「ねぎうどん」

 古くから南座やお茶屋さんへも出前をしている花街で愛されるうどん屋さん。麺を覆い尽くすほど九条ネギがたっぷりのったうどんを目当てに、観光シーズンには行列ができることも。食べ始めはシャキシャキしていた九条ネギは次第に熱々のだしになじみ、くったり軟らかに。その食感の変化も楽しい。¥1,300(税込)

☎ 075-551-3409
東山区花見小路四条下ル二筋目西入ル 12:00 〜15:00、17:30 〜19:30 不定休
5.京都市役所前 晦庵 河道屋の「にしんそば」

 創業300年余りの老舗。にしんを炊くのには手間ひまを要するため、現在は、にしんの甘露煮を仕入れて出しているそば店も多いとか。3日間かけて作る自家製にしんは箸でほぐれるほど軟らかく、長年、追い足し続けているタレで炊くため、味もしっかりしみている。山の芋入りのそばもふわふわ独自の食感。¥1,300(税込)

☎075-221-2525
中京区麩屋町通三条上ル 11:00 〜19:30(LO) 休木曜

What's New新着記事

  • 夏のおもてなしにも使える!噂のカレーレシピ 五選

    「○○さんのカレーが絶品!」。そんな噂がたつほどおいしいカレーをリサーチ。松田美智子さんのささっと作れるのにうま味抜群のカレー、久保田加奈子さんの野菜が主役の気分が上がる夏カレー、「大岩食堂」シェフ・大岩俊介さんの最小限のスパイスで再現した南インド風カレー……。長年の試行錯誤の末にたどりついた、永久保存版のレシピを紹介します。

    eclat五選

    2018年7月16日

  • 名品バレエシューズクローズアップ 五選

    唯一無二の魅力で、今また人気が再燃中のバレエシューズ。もはや殿堂入りの名品から、新進気鋭の注目株まで。バレエシューズの「今」を知る、5つのブランドにフィーチャー。

    eclat五選

    2018年7月15日

  • 見た目マイナス3℃を目ざす、「黒」の上手な取り入れ方 五選

    ルーズになりがちな夏のコーディネートに加えればきちんと感がアップするブラック。重くならず、涼しげに見せてくれる取り入れ方を伝授!

    eclat五選

    2018年7月14日

  • キーワードは鱧、鮎、氷!「夏の京都」最新美味案内 五選

    注目を集める新しい和食店が多く誕生している京都。予約困難になる前に、夏の風物詩を味わうべく駆けつけたい。暑い時期だけ登場するかき氷も、秋を待たずに「今」京都に行くべき大きな理由!

    eclat五選

    2018年7月13日

  • 亜希、夏着物でお出かけ。緑陰に惹かれて、大人の街・目白へ 五選

    しゃりっとした綿や麻、透け感が美しい絹の縮。清涼感のある素材をまとい、街へ出かけよう。お屋敷の風情が残る、大人の街を散策した亜希さん、軽やかな夏の装いに、きものへの憧れがいっそう募った。目白は徳川家、細川家ゆかりの土地柄。落ち着きのある住宅街に溶け込むように、店主の個性が光る小さなお店が点在する。そんな古きよき街には、和の装いがなじむ。明石縮、小千谷縮、伊勢型浴衣……、涼感たっぷりなきものと帯でお散歩へ。

    eclat五選

    2018年7月12日

FEATURE
ランキング