スタイリッシュなブラック&淡色デニムが今の気分! 五選

2017年10月15日
デニムからきれいめまで、今、大人のおしゃれにはパンツが絶対に必要! 実際エクラ読者の7割はパンツ派というデータも。「私たちを素敵に見せるパンツスタイル」から、スタイリッシュなブラックデニム&淡色デニムの着こなしを提案。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.何げないのに差がつく。
ディテールで新しさをひとさじ
膝下からすそがややフレアになるシルエットと、カットオフしたすそは、今季のトレンド。エクラ世代にはちょっと懐かしいシルエットが新鮮! スタイルがよく見えると評判のブランドからチョイスすれば、流行を無理なく取り入れた、すらりとしたデニム姿が手に入る。ジャケットとのシンプルな装いでも、ほんのり今どきの香りになるのがいい。

デニム¥33,000/サザビーリーグ(マザー)ムートンのジャケット¥230,000/アストラット 青山店(アストラット) ニット¥29,000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット) バッグ¥75,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)靴¥29,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)
2.重ね着したニットワンピースから
デニムをチラ見せして
それぞれがシンプルなアイテムを、組み合わせるバランスによって新鮮に見せるのも東京っぽいワザ。両サイドに深いスリットの入ったワンピースをジレのようにオン。

デニム¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) ニットワンピース(11月入荷予定)¥38,000/アングローバルショップ 表参道(ロベルト コリーナ) シャツ¥26,000/サザビーリーグ(デミリー) サングラス¥41,000/ミス シープ アイヴァン(ギャレット レイト) バッグ¥120,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥69,000/ヒラオインク(ロベール クレジュリー)
3.スリムが再燃。ビッグフォルムの
アイテムと好バランス
ボーイズやワイドなど、ゆとりのあるシルエットの人気が一段落。ビッグトップスやロングアウターなど、ゆとりのあるアイテムと合わせても小気味よいのがいい。柔らかく心地がいいと人気の高いスキニーが、今季はフィット感をソフトにして登場。黒すぎないヴィンテージブラックが、今のこなれ感にぴったり。

デニム¥27,500(アクネ ストゥディオズ ブロ コンスト)・ニット¥36,000(アクネ ストゥディオズ)/以上アクネ ストゥディオズ アオヤマ ピアス¥9,600/プラージュ 代官山店(フィリップオーディベール) バッグ¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店(バルダン) 靴¥57,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)
4.カジュアルなデニムこそ、
きちんと感あるアウターを
デニムはカジュアルピース。だからアウターはカジュアル感を払拭するのが大人のルール。シルエットの美しいダブルのロングコートで、シックな雰囲気を盛り上げて。ヴィンテージのリーバイス501を今のシルエットにカスタムしたデニムは、今シーズン、おしゃれプロも注目。

デニム¥39,000/ロンハーマン(リダン) コート¥180,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ニット¥25,000/スローン(スローン) バッグ¥125,000/ジミー チュウ 靴¥105,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)
5.ジャケットスタイルも自分らしく
なじむのがデニムのいいところ
「リーバイス以外はほぼはかない」という、ライターの松井陽子さん。着こなしでスタイルを更新。「今季はジャケットに合わせたい。足もとはメンズっぽいローファーで」。

デニム¥12,000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®)ジャケット¥61,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) シャツ¥32,000/アストラット 青山店(アストラット) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) スカーフ¥30,000(参考価格)/アマン(アルテア) 靴¥141,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

What's New新着記事

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング