淡めからこっくりまで、新鮮で優しい茶のグラデーションを楽しむ 五選

2017年11月23日
今すぐに着たい、最旬のワントーンコーデ。アウターの濃度で印象を変えたり、白の"ホイップ"使いで明るめの装いに!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.チョコレート色のライダースは
ライトブラウンをプラスしてセミスイートに
こっくりしたチョコレートブラウンはつややかなレザーの陰影が魅力的。濃淡ブラウンをちりばめたツイードのスカートで、マットで柔らかな風合いをプラス。クールなレザーをナチュラルなツイードで優しい表情の着こなしに。

ファーつきライダースジャケット¥180,000/ロウタス インターナショナル(ロゥタス) ニット¥72,000/ヨシエ イナバ スカート¥47,000/クルーズ(ELIN) バッグ¥48,000/トゥモローランド(オー・エー・ディー・ニューヨーク) ソックス¥3,500/アングローバル(マーガレット・ハウエル) 靴¥70,000/ジミー チュウ
2.明るいブラウンでファーも軽やか!
上から下へ濃淡をスライドして
アウターを最も明るく、そしてニット、パンツと下に向かってブラウンの濃度をアップしていくグラデーションは、簡単にワントーンを完成させるテクニックのひとつ。クロップト丈のパンツにショートブーツで、足もとに抜け感をつくれば、いっそう軽やかなパンツスタイルに。

ファージャケット¥69,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー リュクス) ニット¥68,000/アパルトモン 青山店(イザベル ベネナート) パンツ¥21,000・靴¥31,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥110,000/三喜商事(ボルボネーゼ)
3.色みの違うブラウンを溶け込むようにつなぐのは
ニュートラルな白の使い方
赤みがかっていたり、黄みがかっていたり。ブラウンの色みは多種多様。そんなときはどの色も溶け込ませる白を上手に取り入れて。赤みのあるスカート、黄みのあるバッグ、中庸なニット、3つのブラウンがオフホワイトのジャケットで美しいハーモニーを奏ではじめる。

ジャケット¥72,000/マスターピースショールーム(サイ) ニット¥30,000/スローン(スローン) スカート¥29,000/FUN Inc.(フォンデル) バッグ¥501,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) タイツ/スタイリスト私物
4.大判ストールをさらりと巻く。
何げない装いもワントーンならかっこいい
ストール一枚が生み出すドラマティックな雰囲気は大人に最適。ニット&パンツの装いが、ぐっと魅力的になる。もちろん、色はとても重要。ブラウンと少しの白で仕上げれば、遠目からも視線をロックオンする素敵な人に。

ストール¥34,0
00/オットデザイン(ルーム エイト) ニット¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) パンツ¥51,000/マディソンブルー(マディソンブルー) イヤリング¥8,700/エストネーション(ドミニク・ドゥネーヴ パリ) バッグ¥110,000/トゥモローランド(ベルトーニ 1949) 靴¥21,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)
5.ほんのり色づく繊細ブラウンなら
ワントーンがドラマティック
明るい色調のグレイッシュブラウンなら、全身にまとっても重くならない。ニットのセットアップにコートを重ね、同じ色の異素材ミックスを完成。横に、縦にと配したニットの編み地がさりげなくメリハリをつけてくれる。ちょっと色の持ち味を変えたブラウンのバッグがさし色に有効。黄みの強さを吟味して。

コート(ベルトつき)¥72,000/オットデザイン(ルーム エイト) ニット¥17,000・スカート¥15,000/アングローバルショップ 表参道(アングローバルショップ) バッグ¥325,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥164,000/ジミー チュウ

What's New新着記事

FEATURE
ランキング