今こそ向き合いたい、50歳の大人ジュエリー 五選

2017年11月30日
50代だからこその特権は、ジュエリーがもつパワーを余すところなく味方にできること。スタイリストの伊藤美佐季さんが、自らの経験から導き出した、大人とジュエリーの理想の関係とは?「50代は最後じゃない。ずっと続く先がある。先を思えるエネルギーのある女性こそ美しい」と、伊藤さん。
スタイリスト 伊藤美佐季さん
いとう みさき●スタイリスト、ジュエリーディレクター。本誌をはじめ、世代を問わず数々の女性誌で活躍中。今っぽさもありながら、品格を失わない上質なコーディネートに熱い支持が!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.美しいものを愛でる気持ちの積み重ねが
負の感情に負けない自分をつくる
「50代は決して人生の終盤じゃない。素敵な先輩がたを見ていると、70代80代でも実にいきいきと過ごしていらっしゃる。50代の先にある、長く楽しい人生を思うエネルギーをもち続けられる女性こそ、いつまでも輝いていられるんだと思います。
そんなエネルギーのある女性に寄り添ってくれるのがジュエリー。私は常日ごろ思っているのですが、妬みとか怒りなどの負の感情って、その人を一気に台なしにしてしまうくらい強い。人間、そんな負の感情におそわれることもしばしばあるけれど、ジュエリーはそれに勝つパワーをもっていると思います。美しいものを目にすると誰もが、眉間から力が抜けて優しい表情になるでしょう。そんなちょっとした幸福な感情が美しい人格をつくると信じたい。だから私は、リングやブレスレットなど自分から見えるジュエリーをつけることが多いんです。少しの幸せでも積み重なれば、大きなプラスの力になるもの。ジュエリーとともに人生を輝かせていきたいですね」(伊藤美佐季さん)。大粒のアクアマリンの圧倒的な存在感は、見るだけで幸福に!

リング(YG×アクアマリン)¥831,600/ボン マジック
2.若いころからの思い込みをいったん捨ててみる。
すると今の自分に本当に似合うものが見えてくる
「若いときから、地金はイエローよりホワイト系」と思い込んでいる人も多い。「たとえ若いころはそうだったとしても、年齢を重ねていくと印象も肌の質や色も変化してくるもの。その結果、ホワイト派だった人もイエローの輝きが似合うようになっていることも。本当に似合うものを認識していないなんて、とても残念なこと」と伊藤さん。だから、50歳になったらそんな思い込みをいったんさっぱりと捨ててみて。思いがけない新しい自分に出会えるはず。自称ホワイト派がイエローゴールドに一気に目覚めてしまいそうな、見事な調金細工のコレクション。

すべて「マイ ディオール」ピアス(YG)¥860,000・バングル(YG)¥3,100,000・リング〈指先から〉(YG×D)¥820,000・(YG)¥310,000(4点ともディオール ファイン ジュエリー)・ニット¥150,000(ディオール)/以上クリスチャン ディオール
3.ジュエリーとの出会いは一期一会。
経験を経た自分の直感を信じるのも50歳の楽しみ
日常にさりげなくアンティークの時計やジュエリーを合わせるのも伊藤さん流。「アンティークとの出会いは一期一会。だからこそ、心惹かれたら迷わず購入してもいいと思います。エクラ世代には、経験から生まれた直感がある。それは決して若い人の衝動買いとは違う」と伊藤さん。そんな直感を信じてみるのも大人の楽しみ。写真の時計は’66年のパテック フィリップ×ティファニー。

時計(YG×D)¥1,400,000/シェルマン青山店 ニット/スタイリスト私物
4.ジュエリーはデイリーにつけてこそ!
"特別なとき"なんてそんなにないもの
大切にしまい込んでいるジュエリーが誰にもひとつはあるもの。「素敵なジュエリーを手に入れても、いざというときのためにとっておく、なんてもったいない」と伊藤さん。50代になったら、少々大胆なジュエリーでも日常でつけこなせる人間的魅力が備わってくるもの。「シンプルニットにひとつだけ大ぶりなジュエリーをつけてみる、
そうやって少しずつ始めてみれば、ジュエリーのある毎日が楽しくなっていくはず」。

ピアス(YG)¥650,000/和光(ブチェラッティ) ノースリーブトップス¥100,000/ザ シークレットクロゼット名古屋(シクラス)
5.若い人の流行にも素直に目を向けてみる。
まるごとまねる必要はないけれど、新鮮で素敵な出会いがあるかも
大人だから大人の装いを、と頑になってしまうのもおしゃれの楽しみを半減してしまうことに。「私は若い人の流行にも興味津々。そのまま取り入れるのではなく、彼らの好きなものから何かしらのヒントをいただく感じ。それを自分のものにする過程はとてもワクワクさせられます」と伊藤さん。ジュエリーの意外な重ね方などもそのひとつ。ホワイトターコイズのスタイリッシュなインディアンジュエリー風バングルに、存在感あるチェーンブレスレットをラフに重ねて。

バングル(ホワイトターコイズ)¥46,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(アルポ) ブレスレット(シルバー)¥28,000/ドゥロワー 丸の内店(フィリップ オーディベール) ドレス¥179,000/ニール バレット GINZA SIX(ニール バレット)

What's New新着記事

  • 隠れ家の趣き タイ チェンマイのラーンナースタイルホテル 5選

    東南アジアで一番人気を誇る観光国タイは、4つの地域に分けられる。ビーチリゾートに恵まれた南部タイ、首都バンコクを含む中部タイ、イーサンと呼ばれる東北部タイ、そしてチェンマイを中心とする北部タイ。クメールやモン文化の影響を受けている他の3つの地域とは異なり、北部タイには13世紀末から16世紀の中頃まで断続的に続いたラーンナー王朝の影響が色濃く残されている。ラーンナー王朝は、チェンマイを首都に定め、豊かな土壌に恵まれて米作が盛んになり、仏教を信仰して多くの寺院を建立した。なだらかなカーブを描く大きな屋根を特徴とする寺院建築や、独特のテキスタイル、クラフトなど、その総称がラーンナー文化と呼ばれている。1995年、このラーンナースタイルの寺院建築をホテルデザインに取り入れたフォーシーズンズ チェンマイがオープン。これが起爆剤となり、次々にラーンナースタイルのホテルや、西洋建築と融合したラーンナーコロニアルのホテルが誕生した。いまやその数50軒を越えるが、そのなかから、隠れ家の趣きがある、ゲストたちに好評な5軒をセレクトした。

    eclat五選

    2018年1月15日

  • 品格小物と美脚靴でワンランク上の装い、今夜はデニムでレストラン 五選

    デニムがファッションとしての地位を確立した今、ドレスアップする場面でもデニムが市民権を獲得。デニムをはきこなしてきたエクラ世代だからこそ楽しめる、きちんと感とこなれ感のある大人な上質コーディネートで、さあ、レストランへ出かけよう!

    eclat五選

    2018年1月15日

  • パリ&ミラノマダムたちは、パワーのある「赤」に夢中だった! 五選

    2017年は、バッグで「赤」を取り入れていたヨーロッパマダムたち。この冬は主役級アイテムで、よりパワフルな「赤」が好まれている傾向に。「赤」の効力でさらにおしゃれが加速中!

    eclat五選

    2018年1月13日

  • お箸がとまらない! ワタナベマキさんが教える、香りでメリハリをきかせた和の「香り鍋」五選

    スープはシンプルな味付けにして、香味野菜や柑橘類の香りでメリハリをきかせるのが今どきの“香り鍋”。eclat2月号では料理家のワタナベマキさんがレモン鍋・梅干し鍋・柚子こしょうすき焼き・柑橘鍋・塩鍋の作り方をご紹介。

    eclat五選

    2018年1月12日

  • 女らしさが際立つ、大人の個性派ウォッチ 五選

    今、注目するなら、女らしさをきわだたせる時計。文字どおりの"フェミニンさ"だけでなく、女性が身につけることでつややかに見える名品も存在する。大人っぽく時計を装いたいなら、ベルトと文字盤が同系色のワントーン。「女らしさ」の大本命には、小さく上質なダイヤモンドウォッチなど、とっておきの美時計を厳選!

    eclat五選

    2018年1月11日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング