力強い四万十の自然が育てた「桐島畑」の野菜

2016年8月29日
肥料や農薬を一切使わないこだわりの露地栽培で育てられた滋味豊かな有機野菜です。

"自然のサイクルの中で生まれる 「 生きた」野菜の味わい"

『桐島畑』の野菜からは土が香る。派手さはないが力強く、どこか懐かしい味がする。四万十川中流域にある畑で、年間70種以上の野菜を栽培する桐島正一さん。すべて露地栽培で、肥料や農薬は使わず、種も自家採種している。花を咲かせ、実をつけ、種を残す。自然の循環の中で育つからこそ、「甘い」「濃い」だけではない滋味が宿るのだ。「野菜本来の味を思い出させてくれます」(高知県コンシェルジュ 市吉さん)。硬派で骨太な野菜たちだが、手書きの文字が印刷されたラベルには「ネットリほくほくです」「スープやバター炒めに」といったひと言も。「おいしく、大事にいただこう」という気持ちになる。
そら豆、ズッキーニ、にんじん、大葉ほか。内容は時期替わり。
「野菜セット」(約10種)¥3,000 
●高知県高岡郡四万十町十川1418 
☎0880・28・4252(FAX兼) ※注文はFAXで。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング