慶応元年創業のお茶問屋 かねき伊藤彦市商店の「百年乃茶」

2016年8月29日
日本茶の魅力を伝えるお茶問屋が発信する、樹齢100年を超える木の茶葉。茶の本場ならではの味わいで至福のひとときを。
「ご主人は茶師十段。信頼するかねきさんのお茶の中で、一番好きなお茶です」(三重県コンシェルジュ 米田さん)。生産量は全国3位という茶どころ、三重で、日本茶の魅力を伝える慶応元年創業のお茶問屋。樹齢100年を超える木からとれる茶葉は、湯温や飲み方で香りや味が大きく変わる。少量の茶葉を直接カップに入れ、熱湯を注ぐと、淡い緑で優しい味わいに。
50g ¥741 
●三重県亀山市関町中町390 ☎0595・96・0357 http://www.kaneki-isecha.com/

What's New新着記事

FEATURE
ランキング