[韓チャンネル]話題作出演が続くライジングスター、ソ・ガンジュンさんインタビュー

2016年8月27日
好青年俳優グループ5urprise(サプライズ)のメンバーとして歌手活動もしている、ソ・ガンジュンさん。ファンミーティングのため来日した彼に、忙しい合間を縫ってインタビューを敢行!
本誌8月号にも初登場のライジングスター、俳優ソ・ガンジュンさん。2013年にデビューした好青年俳優グループ5urprise(サプライズ)のメンバーとして歌手活動もしていて、インタビューは、大盛況のセカンドシングルCD予約イベントと、ファンミーティングの合間に行われた。
ソウルを早朝たち、空港から原宿のスタジオに直行という多忙ぶり。大ヒットとなったドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」(日本でも放映中)の人気を牽引し、ソウルでのドラマイベントは過熱しすぎて中止になったとか。このドラマで彼が演じるのは、挫折した天才ピアニスト(上手なピアノも披露している)。姉役で、モデル出身の長身の175センチのイ・ソンギョンさんと183センチの彼は、ほんとうの姉弟のようで、「よく似ていると言われました。DNA検査してみようか、っていうくらい、瞳の色も同じで。ドラマでは過激な性格の役でしたが、ほんとうのソンギョンさんは周りの人を幸せにする感じの方で、実の姉のようでした(笑)」。共演のパク・ヘジンさんは、ナイキのスニーカーのコレクターとして有名なので、ソ・ガンジュンさんも、収集しているものはあるかと聞くと、まじめに「缶のプルトップを集めてみたんですけど、どうにも収集することの良さがわからなくて、結局全部捨てました(笑)何か集めているものありますか?(笑)」と、通訳さんも吹き出す、面白さも合わせ持つイケメン。無敵だ……。
また、このドラマの撮影の前日まで撮影していたという、日本でも放映中のドラマ「華政(ファジョン)」。時代劇の長編でも大役を務め注目された。「プレッシャーもありましたが、先輩達から学ぶことがたくさんありましたし、桜の季節の日本でも撮影してすごくきれいだったのが印象的でした。5urpriseのコンミョンも出ていて、一緒のシーンでなくても、同じドラマに出ているというだけで心強かったです」(5urpriseのイ・テファンさんも登場している)。日本の映画も好きでよく観るそうで、「るろうに剣心」、「クローズZERO」、「嫌われ松子の一生」を挙げてくれた。自身が出演した映画「ビューティーインサイド」の撮影現場では、楽屋が偶然、上野樹里さんと一緒だったそうで、日本の女優さんに会う機会はなかなかないのでうれしかったそう。ちなみに、いままで出演した作品で、いちばん好きな作品はドラマ「禁じられた愛」だそう。愛に執着する難しい役だったが、彼を「国民的年下男」と世に知らしめた作品でもある。いまハマっていることは?と聞けば「次作ドラマの役作りです」と即答する。「ほんとうに夢のような話なんですが、いつかハ・ジョンウさんやユ・アインさんと共演したいんです」とも語る。そんな彼の夢が叶うのもそう遠くなさそうだ。
※7月1日発売のエクラ8月号では、さらにソ・ガンジュンさんの人柄がわかるインタビュー記事を載せています。
あわせてご覧ください!
(上の写真)ジャケット¥28000、インナー¥6000、パンツ¥22000、シューズ¥14000・
(下の写真)シャツ¥28000、パンツ¥22000/すべてHeather Grey Wall原宿店
撮影/山下みどり ヘアメイク/ちょうりな 取材・文/桂まり

What's New新着記事

FEATURE
ランキング