没後150年。坂本龍馬の足跡に触れる京都市内の散策スポット五選

2016年9月18日
今年で没後150年になる幕末の英雄・坂本龍馬。激動の時代に、日本の未来を切り開こうとした龍馬の足跡が色濃く残る、京都の八坂・清水、伏見エリアの中から散策スポットをご紹介。

1.幕末を駆けぬけた 凛々しきふたり 坂本龍馬・ 中岡慎太郎像

高知・桂浜の銅像と並んで人気のある龍馬像。隣の中岡慎太郎が片膝なのは、ふたりの身長差が大きいためという。戦中の金属供出により失われ、昭和37年に再建。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング