ワントーンコーデですらっと見せ【身長別「ワイドパンツ」“小さい私”福田亜矢子さんの場合】

2018年6月2日
ファッションに精通した人たちならではのワイドパンツ攻略法をご紹介。“小さい私”福田亜矢子さんが、腰高でタックが入った太すぎないセミワイドパンツをお届けします。

私にベストなワイドパンツ攻略法、教えます!

【小さい私】福田亜矢子さん(スタイリスト)

敬遠していたワイドのボリュームが私自身の存在感を確実なものに

40歳を過ぎたころから顔や存在感に寂しさを感じるようになったという福田さん。「自分自身に存在感を出すことの大切さを実感しました。今までなら手を出さなかったワイドパンツにトライしてみたら、意外と小さい人向きなんだと腑に落ちて。以来、ワードローブに取り入れるようになりました」。数あるワイドの中で苦手と思うディテールを引き算していった結果、行きついたのが腰高でタックが入った太すぎないセミワイド。「ペタンコサンダルで着たいので、ワントーンコーディネートでのスラッと見せは欠かせません」。
パンツ¥32,000/アングローバル(イレーヴ) シャツ¥29,000(フランク&アイリーン フォー ロンハーマン)・バッグ¥38,000(ラドロー)/以上ロンハーマン 帽子¥25,000(アルテサーノ)・靴¥39,000(イル サンダロ オブ カプリ)/以上アマン サングラス¥39,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー ストール¥22,000/ビームス ハウス 丸の内(アソース メレ)
福田亜矢子さん(スタイリスト)
P r o f i l e :エクラをはじめ、女性誌でひっぱりだこの人気スタイリスト。ベーシックを基本に大人を素敵に見せる好感度大なスタイリングが得意。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング