【大きいさん向けまとめ】身長別「ワイドパンツ」の選び方

2018年6月2日
今や大人の着こなしに欠かせない存在として定着したワイドパンツ。おしゃれな人は悩みをどうカバーして、旬の着こなしを心がけている?  ファッションに精通した人たちならではの攻略法をまとめました!

1/4

2/4

3/4

4/4

「セミワイドを選んで目ざすは“女っぷり高め”のカジュアル」
坪田あさみさん(エディター・ライター)
私服スタイルが掲載されるたびに注目を集める坪田さんは、身長170㎝でモデルと肩を並べるほどのスタイルの持ち主。けれども長身ゆえの悩みである、時に“強そうな人”に見られることを回避するため、大好きなワイドパンツ選びの条件を最近になって見直したという。
「張りの強い素材や足もとに重みがたまりやすい超ワイドは、自分の脳内イメージよりスタイルを悪く見せるし、迫力が出すぎることに気づきました(笑)」
近ごろワードローブに増えつつあるのが、ウエスト高めのセミワイド。今日のパンツはFUMIKA UCHIDAで、購入して以来、つい手がのびて頼れる一本に昇格を果たした。
「デニムが評判になっていたので、ずっと気になっていました。メンズっぽさを女らしさの中にブレンドできるブランドはパンツが得意だし、今の気持ちにもフィットしますね。苦労なくはくだけできれいに見えるパンツがあると気分も上がります」

リネンライクの表情豊かでやや地厚な素材は体型を拾わず、ハイウエストの緊張感もトップスをインしたときのすっきり感も思っていた以上、と大絶賛。「今シーズンはTシャツではなく襟ぐりのあいたノースリーブニットを合わせたいんです。肌見せを緩和するはおりものもライダースやミリタリージャケットではなく、きれいめなテーラードで着こなすつもり」。今の坪田さんはパンツ選びも着こなしも、Notマニッシュが気分のよう。
(服はすべて私物)
「とろみの出る素材やジュエリー使いでフェミニンを常に意識」
関戸智美さん(edit&co.代表)
数えきれないワイドパンツを所有する関戸さん。それぞれヒールではくかフラットではくかを決め、ベスト丈に調整したスタメンをクロゼットにスタンバイさせている。
「夏まで待ちきれず、暖かくなったらリネンのワイドとヌーディなサンダルの出番。このパンツはドゥーズィエム クラスのもので、白のウールが気に入り、リネンのベージュと黒を大人買いしたもの。マニッシュなアイテムもフェミニンなバランスでこなすのが好き。シルクのブラウスに大ぶりと華奢なジュエリーを重ねづけする着こなしが今のお気に入りです」。

(服はすべて私物)
「長身の人の気持ちを受けとめてくれるパンツバリエに感謝」
森内敏子さん(SLOANE プレス)
ドメスティックブランドでは着丈が足りないこともしばしば、という森内さんが例外的に頼りにするエリンのワイドパンツ。以前の職場で初めて出会って約3年。
「もともとモードなブランドですが、去年あるショップで偶然見かけて試着したらあれもこれも欲しくなり、タイプ違いを2本購入しました」。
その理由は、長身ゆえの迫力と腰高体型による腰まわりのボリュームを強調しないところに。
「濃紺は私でも丈詰めしたほど。カジュアルにはきたくて。グレーは素材の落ち感でボリュームをドレッシーに変換できると即決しました」。

(服はすべて私物)
「メンズもいとわず。全身バランスを考慮し、靴ありきのコーデを」
向井真樹さん(エディター・ライター)
「暖かくなったら真っ先にチノにペタンコサンダルを合わせたい。以前ならビーサンやナチュラル系でしたが、今はやっぱりビジューつきなどの大人デザインが気分」。
右のチノはマディソンブルーのメンズで、自分にはレディスよりも合ってすっきり見えるとチョイス。左のリネンはマーガレット・ハウエル。
「リネンのワイドは同色のハイカットスニーカーでつなげて脚長に。今までなら長身を強調するからと避けてきたテクも、この柔らか素材なら大丈夫。ただ巨大な人には見えたくないのでトップスはあくまでシンプルに(笑)」。

(服はすべて私物)

P r o f i l e

坪田あさみさん(エディター・ライター)
本誌をはじめ、多くの女性誌や人気ブランドのカタログなど多岐にわたって活躍する売れっ子。おしゃれな逗子ライフも注目の的。

関戸智美さん(edit&co.代表)
プロデュースやPRを手がけるedit & co.を主宰。オリジナルブランドのカウチンやうっとりする肌ざわりのカシミヤストールは必見。

森内敏子さん(SLOANE プレス)
UA、ドゥロワー、マディソンブルーなど数々の人気ブランドのプレスを経るほど、その審美眼も冴え私服スタイルはいつも人気の的。

向井真樹さん(エディター・ライター)
好きなものは好き、と開き直ることから次に目ざすおしゃれの手応えを模索する日々。撮影前のスタッフ談義も大きなヒントに。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング