その"文化"を買いたい! 京都で買う「一生ものの名品」五選

2016年9月24日
京都の文化を支える職人技の仕事には、ハイブランドにも負けない美意識と存在感が。eclat世代こそ持っていたい逸品が手に入る京の名店5店舗をご紹介。

1.伝統の技術と洗練の感性が生むオンリーワンの逸品 坂田文助商店

モダンな扇子

文化5(1808)年に扇子の輸出入商として創業した『坂田文助商店』。コンクリート打ちっぱなしのビルの1階に店を構え、凛とした美しさを放つ扇子と空間が迎えてくれる。伝統的な扇子のつくり方をベースに、90を超える工程を経て完成する扇子はすべて熟練した職人による手作業。扇子というと茶事や舞い用、装飾品などを思うが、きものにかぎらず洋装にも合わせられるモダンさがこちらの魅力。’15年にはエルメスとのコラボレーション扇子を製作するなど、店主の横山夫紀子さんとスタッフの息の合った仕事で常に新しい挑戦を続けている。ニュアンスのある色や繊細な絵付け、竹と紙の組み合わせだけでなく皮革や黒檀なども素材として使用。親骨をくるむフランスのアンティークリネンやレザー、要(かなめ)につける房や扇子入れは好きな色が選べ、誂(あつら)えてスペシャル仕様のマイ扇子を手に入れることも。
親骨にリネンを巻き込んだ扇子¥25,000
  • 新作の革扇子は各¥38,000 
  • 工房には革や布見本を展示。扇子に合わせて好みのものが選べる房は組み紐まですべて手づくり
  • 工程ごとに専門の職人が担当
☎075・351・7689 
京都市下京区五条通柳馬場西入ル塩竈町379
11:00~19:00 ㊡水曜

What's New新着記事

  • "合わせ"なら任せて。名脇役の「黒ニット」 五選

    目立ちすぎず、何を重ねても引き立ててくれる黒ニット。首にタイトに沿うタートル、上質なハイゲージ、ほどよくフィットするコンパクトなシルエットの3つを基準に選んで。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • 指名買いコスメはコレ!「50歳美容」に新しい時代が到来 五選

    今季は、大人の複雑な肌悩みに真正面から向き合い、応えてくれる、革新スキンケアが続々と登場。この秋冬にデビューした新製品の中から、課題が山積みのアラフィーの肌悩みを頼もしく解決する力と、未来の美しさを担うパワーに満ちあふれたスーパーアンチエイジングスキンケアのみを厳選してお届け。あなたの肌運命が変わる、最良の一品に出会える予感。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • おいしさの小宇宙、缶入りクッキーの世界へようこそ 五選

    見た目よりずっしりと重い包みをほどくと現れる、店名があしらわれた缶。そっと蓋を開けると、いっせいに幸せがあふれ出して、小さなクッキーがぎっしりとお行儀よく詰められている姿に、思わず歓声が。この冬のおもたせや贈り物、そして自分や家族のとっておきのおやつに、どれにしようか迷うのもまた幸せ。

    eclat五選

    2018年11月19日

  • 亜希が着たいのはこれ!年齢を重ねた今、大人こそ楽しい「エコファー」 五選

    若いころは、「フェイクなもの」を持っていることに恥じらいがあったという亜希さん。年齢を重ねていろんなものがふっきれた今、エコファーだからこそ楽しめる冬のおしゃれに開眼したのだそう。ふわふわ&もこもことかわいらしく進化を続ける、暖かな大人のエコファーに、この冬すっかり夢中!

    eclat五選

    2018年11月18日

  • 大人ならではの新鮮レシピ。ちょうどいいフェミニンは"色"から生まれる 五選

    「素材が豊富になる冬は、大人が色をまとうのにちょうどいい季節」と語る、エクラ世代に大人気のスタイリスト・大草直子さん。色使いでつくり上げる、大人にちょうどいいフェミニンスタイルを新たに発見して!

    eclat五選

    2018年11月17日

FEATURE
ランキング