湿気上等! 髪の広がりを“動き”に変える「一生使えるスタイリング術」

2018年6月17日
梅雨どき特に悩ましい髪の広がり。スタイリング次第で自然な“動き”に逆利用することが可能です。人気スタイリストによる一生モノのテクニックで雨の日も日中ずっとご機嫌!

くっきり分け目もパッカリ前髪も、実は寝グセです!

「トップのペタンコは年齢や髪質のせいだとあきらめている人も多いんですが、それ、実は寝グセなんです。分け目がくっきりするのも、前髪が割れるのも寝グセ。スタイリングで直せます!」と、さわやかに宣言してくれたのは『ロライマ』の鎗田美樹さん。
「寝グセは根元からぬらさないと直りません。広がる毛先は、アイロンでひと巻きしたり、スタイリング剤でいい〝動き〟にできるのでぬらさないで」
 また、このスタイリングは、朝ではなく夜シャンプーすることが前提。「朝シャンは完全に乾燥しきれず、湿気に弱いんです。トップだけ朝ぬらせばいいので、洗うのは夜がおすすめ」

大人の髪に仕上げは必須!

キューティクル状態が悪い大人の髪。何もつけなければ湿気の出入りで膨らんだりペタンとしたり。必ずスタイリング剤を!
ふんわりトップのホールドに。カールエックス グラマラスカール スプレーハードタイプ 180g
¥1,500/中野製薬

広がるをまとめる

「広がる」派も「ペタンコ」派も、長い人も短い人も、トップのふんわり感はおしゃれマダムの必須条件。まずは寝グセを直す基本を覚えて!

内側の動きはむしろ生かして表面の毛だけをざっくり巻く

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

【基本“寝グセット”】

朝の洗顔のついでに、
頭頂部の根元をしっかりぬらす

前髪から頭頂部にかけての"モヒカンゾーン"を根元からしっかりぬらす。霧吹きなどを使ってぬらすよりも、洗顔で最後に顔をすすぐついでに、蛇口の水を直接かけるくらい大胆にぬらすほうが、このあとでやりやすくなる。

広がる髪のまとまりをよくするドライヤー。サロンセンス300 イオンバランスドライヤー KHD-9910(オープン価格)/小泉成器
【基本“寝グセット”】

トップの分け目をつぶして
ふんわりさせる

ぬらしたトップの髪を、右に左にと交互に倒しながら、根元に風を当てて乾かしていく。ドライヤーも左右の手で持ち替えて行うこと。これによって、分け目くっきりや、前髪がパッカリ割れてしまうのも回避できる。
【基本“寝グセット”】

ゼッペキに見える後頭部も
根元からふわっとさせる

後頭部もふんわりさせておきたい場所。トップと後頭部の髪を持ち上げて、後ろ側から根元にドライヤーの風を当てて乾かす。仕上げに冷風をかけるとふんわりが長持ち。続いて、中間から毛先のスタイリングへ!
前の両サイドの髪をアイロンではさんで毛先まで通す。ややラウンドぎみに動かすと、自然な内巻きに。
後頭部も表面の髪を片方ずつはさみ、前方向に持ってきて巻く。後ろの内側は動きになるので、巻かなくてOK。
前髪も内巻きを意識してラウンドぎみに巻く。前髪をななめにするときは、流したい方向に向かって抜いて。
トップにスプレー、毛先に保湿剤をつけて完成!

傷みレスでコンパクトなストレートアイロン

天然鉱石とミネラルを加工したプレートで、潤いとツヤがアップ。傷みやすい大人髪にぴったり。ホリスティックキュア ストレートアイロン¥12,000/ホリスティックキュアーズ
教えてくれたのは…
roraima 代表
鎗田美樹さん

大人女性に似合うカジュアルヘアが得意で、人気モデルも多く通う。
●東京都渋谷区猿楽町13の6 
☎03・5457・2622

What's New新着記事

FEATURE
ランキング