優美な細工にうっとり 「清課堂」の銀菓子切楊枝

2016年10月19日
古典的な意匠なのに、どこか愛らしくてモダン。インテリアやテーブルまわりのほっとするアクセントにぴったりの京都ならではのアイテムをご紹介。
天保9年創業、銀・錫(すず)製品を扱う老舗。菓子切は、1月は水仙、2月は梅、3月は桜……と、1年12カ月をイメージした草花をモチーフに。花びらや葉脈も忠実に再現された繊細な細工や上品な金彩が美しい。銀に7.5%の銅を加えることで、強度も増し、長く愛用できる。各¥6,500。収納用の布製鞘つき。
☎075・231・3661 
京都市中京区寺町通二条下ル
妙満寺前町462 10:00~18:00 無休

What's New新着記事

FEATURE
ランキング