小林ひろ美が指南!美肌をつくる基本ステップ 五選

2018年8月12日
不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプルで、続けることで美肌力は高まると教えてくれるのは美容家の小林ひろ美さん。「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも。コスメも日々進化しています。間違った「いらない」スキンケアは即エイジングにつながるので、まずはいったん意識をリセット。そうすれば本当に自分の肌に「いる」美容法が見つかるはずです」。
美容家・小林ひろ美さん
豊富な知識、経験から生み出される、効果的かつ効率的な美容提案で大人気に。テレビや雑誌で活躍するほか、商品開発などにも携わる。長年実践してきた美容法によってつくられた超美肌が、大きな説得力となり、大人の女性にもファン多数。美・ファイン研究所主宰。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.毛穴の開きが解消しないなら
朝の"お湯だけ"洗顔をやめる
朝の洗顔は「お湯ですすぐだけ」。それが万人にいいとはかぎらない、と小林さん。「エクラ世代の皮脂は酸化しやすい。その皮脂は寝ている間も出ているため、朝の洗顔不足がくすみや毛穴の開きを促進させていることも。小鼻やあごなど、ベタつきや毛穴の気になる部分だけでも、洗顔料で洗うようにすると、肌の透明感も変わってきます」。

皮脂やザラつきの気になる小鼻やTゾーン、あごなど、部分的に洗顔料を使うだけで、毛穴が締まってくることも
2.化粧品を効かせたいなら、長年ためた
「古いもの」を上手にからめとるケアを
化粧品が効かなくなるだけでなく、古いものをため込んだ肌にはくすみ、乾燥などさまざまなトラブルが。「角質ケアは『いる』美容の中でも最優先事項。いらないものを取り去ることで、完全に肌コンディションが変わりますし、化粧品も浸透しやすく、効果を実感しやすくなります。ポイントは『上手にからめとる』こと。無理に取り去ったり、こすり落とすと逆効果になることもあり、注意が必要です」。

(右)ふきとりタイプの角質ケア美容液。AQ MW クリスタル リキッド 150㎖ ¥8,000/コスメデコルテ
(中)洗顔後の肌に使うオイルタイプの角質ケア。リプラスティ プレソリューション 150㎖ ¥13,500/ヘレナ ルビンスタイン
(左)クレイタイプの洗い流すマスク。アペックス クリアクレイマスク642 100g(医薬部外品)¥11,000/ポーラ
3.「ひと晩眠ればもとどおり」はもはや幻想。
日ごろからの血行促進が、大人肌の復活を助ける特効薬
小林さんの美肌づくりの柱のひとつが「めぐらせる」こと。「その具体的な方法が『血行促進』。大人の肌にはさまざまな悩みがありますが、それは、若いころに比べ、肌の総合力が落ちているから。めぐりをよくして、その力を少しでも高めておけば、ちょっとしたダメージの影響も受けにくくなります。マッサージや炭酸コスメの力を借りて、復活の早い肌を目ざすケアを」。

高い濃度の炭酸の泡で血行促進。ソフィーナiP ベースケアエッセンス 90g(9/4発売)¥5,000(編集部調べ)/花王
4.「ベタつくから、クリームはいらない」で
美肌は止まる。50代の潤いは20代の半分
若いときに比べ、肌が乾燥しやすくなったという50代は多いはず。「50代の潤いは20代の半分。いくらいい化粧水や美容液を使っていても、クリームでフタをしっかりしなければ、老けまっしぐらです。今はいろんなテクスチャーがあり、ベタつきがイヤな人でも、広範囲の中から、自分の好きな感触が選べるはず」。

(上)ルネルジー M FSクリーム 50㎖(9/14発売)¥12,500/ランコム 
(右下)プレステージ ラ クレーム 50㎖ ¥37,000/パルファン・クリスチャン・ディオール 
(左下)クレ・ド・ポー ボーテ ラ・クレームn 30g(医薬部外品・限定品)¥60,000/資生堂インターナショナル
5.夜の"手厚い"ケアをむだにするのは、
朝の"適当"UVケア
「夜しっかりケアしても、朝のケアがなっていないと、日中に肌はどんどん老けていき、睡眠中も修復が追いつかない」と小林さん。「特に気をつけたいのがUVケア。さすがに日焼け止めは塗っているという場合でも、SPF値やPA値にこだわりがなかったり、汗で流れてもそのまま放置したり……。すき間なく続けることが老化防止につながります」。

波長の長い「ロングUVA」やブルーライトからも肌を守る日焼け止め。UV エクスペール トーン アップ SPF50+・PA++++ 30㎖ ¥5,800/ランコム

What's New新着記事

  • 和菓子とTeaで、午後のおもてなし 五選

    季節感も堪能できる和菓子。フードスタイリストの千葉美枝子さんがまだまだ続く蒸し暑さをやわらげる逸品をセレクト。お茶選びや器使いとともに、おもてなしのひと時をコーディネートしてくれた。

    eclat五選

    2018年8月21日

  • 楽しげなムードがただよう「大きめトート」で出かけよう! 五選

    ショッパー風のデザインや、アーカイブロゴ、遊びのきいた素材使いなど、ハイブランドのトートバッグが旬! とくに今年は大きめサイズの人気が上昇中。ラグジュアリーながらパッと目を引く楽しげなデザインが気分を盛り上げる!

    eclat五選

    2018年8月20日

  • 「思い込み」を捨てると大人のジュエリー使いはもっと素敵になる! 五選

    「ジュエリーの新境地を開くには、まずは思い込みを捨ててみて」と語るのはジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さん。「耳、首、手首の3点づけ」「パーティーのためだけのジュエリー」の思い込みを捨てれば、欲しい大人のツヤが手に入る!

    eclat五選

    2018年8月19日

  • やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

    50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。

    eclat五選

    2018年8月19日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

FEATURE
ランキング