今すぐ食べたい!シャンパーニュに合う、夏つまみ 五選

2018年8月13日
大のシャンパーニュ好きでワインペアリングが楽しめる料理教室『cuisine et vin』を主宰する、料理研究家の平野由希子さん。季節感あふれるおつまみレシピと、おもてなしのシーンに喜ばれるシャンパーニュとをあわせて紹介!
平野由希子さん
料理研究家。ソムリエ。ワインバー『8huit.』オーナー。書籍、雑誌、広告のレシピ製作、飲食店プロデュースなどを手がける。著書多数。フランス農事功労賞シュヴァリエ叙勲。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ウニのブルスケッタ
トーストしたバゲットに具材をのせるだけで完成するブルスケッタは、スターターにぴったり。「ワインと合わせにくいとされるウニも、バターの風味をまとわせることで、生ぐささを感じることなくシャンパーニュに寄り添います」。

【材料(2〜3人分)】
生ウニ…80g
バター…大さじ2
塩…少々
バゲットの薄切り…6枚
オリーブオイル…適量

【作り方】
❶バゲットはトースターで軽く焼き、オリーブオイル適量をスプーンの背などで塗っておく。
❷フライパンにバターを熱し、パチパチという音がしなくなったら、ウニを入れてさっと転がすようにして火を入れ、すぐに取り出す。
❸①の上に②をのせ、仕上げの塩少々をふる。
2.ズッキーニのブルーチーズ焼き
旬のズッキーニにチーズをのせて焼くだけのカンタンつまみ。「チーズとシャンパーニュは間違いのない相性ですが、ブルーチーズは溶けてソースに、ナチュラルチーズでこんがりとした焼き色をつける2種使いがポイント」。

【材料(2〜3人分)】
ズッキーニ…1本
ブルーチーズ(ブルードーヴェルニュなど)…40g
ナチュラルチーズ…20g
オリーブオイル…小さじ1
塩…少々

【作り方】
❶ズッキーニは輪切りにする。グラタン皿に並べ、オリーブオイルと塩をふる。
❷ほぐしたブルーチーズとナチュラルチーズをのせ、予熱したオーブントースター、または200℃のオーブンで12~15分焼く。
3.焼きしゃぶ
メインディッシュにあたる一品は、しゃぶしゃぶ用の薄切り肉を使ったタリアータ風。「かたまり肉を焼くのは少し大変で時間もかかるけれど、これならさっと焼くだけで完成。薄切り肉は日本ならではのもの。使わないと損ですよ」。

【材料(2〜3人分)】
牛しゃぶしゃぶ肉…200g
ルッコラ…1束
トレヴィス…2〜3枚
パルミジャーノチーズ…適量
 A
 オリーブオイル、バルサミコ酢…各大さじ1
 塩…少々

【作り方】
❶フライパンにオリーブオイル(材料外)を熱し、しゃぶしゃぶ肉を広げて中火で焼く。片面のみ焼き、反対はほんの一瞬のみ焼く。取り出し、器に並べる。Aは混ぜ合わせる。
❷ルッコラとトレヴィスを食べやすく切ったものを盛り合わせ、パルミジャーノチーズをピーラーなどでおろしたものを散らす。全体にAを回しかけ、塩(材料外)をふり、黒こしょう(材料外)をひく。
4.トマト&マンゴー ブッラータ
クリーミーなブッラータチーズを使ったシンプルなサラダ。「トマトとの組み合わせは定番ですが、マンゴーを加えることでよりリッチに。熟した果実のニュアンスがシャンパーニュと引き立て合います。トマトはできるだけ甘いものを」。

【材料(2〜3人分)】
ブッラータ…1個
マンゴー(大)…1/2個
フルーツトマト…1個
オリーブオイル、塩…各適量

【作り方】
❶マンゴー、フルーツトマトは乱切りにして皿に並べる。
❷ブッラータをのせてオリーブオイルを適量回しかけ、ところどころ塩をふる。
5.水なすと生ハムのフライ
シャンパーニュと相性がいいフライは、旬の水なすを使って。「生で食べられることが多い水なすだけれど、火を通すととろりと軟らかくなって甘味が増します。生ハムでうま味のある塩気を加えると、おいしさがアップします」。

【材料(2〜3人分)】
水なす…2個
生ハム…4枚
卵…1個
水…1/4カップ
薄力粉…大さじ4〜5
パン粉…1/2カップ
パルミジャーノチーズ…大さじ2

【作り方】
❶水なすは4等分に切り、皮目に切り込みを入れておく。半分に切った生ハムを巻きつける。
❷卵は溶きほぐし、水、薄力粉を加えてなめらかに溶いておく。パン粉はザルを通すか、フードプロセッサーにかけるなどして細かくし、パルミジャーノを混ぜる。
❸①に②の小麦粉液、パン粉の順につけ、170〜180℃の油(材料外)できつね色になるまで揚げる。

平野さんが夏のもてなしに選んだ。「特別感」のある3本

(右)ユリス・コラン エクストラ ブリュット・ブラン・ド・ブラン レ・ピエリエール
シャルドネ100%。シャンパーニュ界のカリスマ、ジャック・セロスに師事した造り手。ピュアな果実味とフレッシュな酸、ミネラル感がある。¥13,000(ラシーヌ ☎03・6261・5125)

(中)シャンパーニュ・マルゲ ブリュット・ナチュール サピエンス プルミエ・クリュ 2008
有名醸造コンサルタント、エルヴェ・ジュスタンが3生産者のぶどうで造った特別なキュヴェ。複雑さ、凝縮感、余韻の長さなどすべて別格。¥36,500(ラシーヌ ☎03・6261・5125)

(左)クリストフ・ミニョン ミレジム・ブリュットナチュール 2010
ピノ・ムニエ100%。一般に重厚さに欠けるといわれるピノ・ムニエだが、しっかりとした骨格、飲み応えがある一本。¥9,500(木下インターナショナル ☎03・3553・0721)

What's New新着記事

  • 買わないと帰れません!京都通が選ぶ「持ち帰り」の逸品 五選

    家路も旅のうち。京都の余韻に最後までとことん浸りたいあなたのために。エクラ世代の京都通が、「絶対に買って帰る!」と愛してやまない逸品とは?

    eclat五選

    2018年9月18日

  • 目利きが夢中になる、麗しマダムの美容ニュース 五選

    多くの美容情報の中から、エクラ世代の肌を変える力をもつ"効くコスメ・施術"を鋭く見ぬき、それらを駆使して美肌をキープしつづける美容業界のJマダムたち。そんな彼女たちが私的にハマっている特上の美容ネタ、ホントは人に教えたくない㊙情報をスクープ。その魅力を、リアルボイスとともに惜しみなくお届け。

    eclat五選

    2018年9月17日

  • パステルカラーと合わせてフェミニンに!秋の「ホイップグレー」 五選

    エクラ世代の新ベーシックカラー「ホイップグレー」に合わせたいのは、今年の秋冬に大充実のパステルカラー。肌映えのよい柔らかなきれい色はグレー合わせで簡単に取り入れ可能。心はずむ配色で幸せ見えもかなう!

    eclat五選

    2018年9月17日

  • 大人の京都旅のごほうびは、絶品甘味で! 五選

    素材や作り方からも"まじめさ""正しさ"が伝わってくる京都の甘味。ほっとひと息つく時間さえも極上にしてくれる、その幸せをかみしめたい! 京都通の推薦コメントも参考に。

    eclat五選

    2018年9月15日

  • 肌本来の透明感とおしゃれ感を引き出す「こっくりベリーリップ」 五選

    ここ数年注目の深い色合いのベリーはこの秋も豊富。肌の透明感を引き出し、女度もぐんと上げる効果はアラフィーこそ使いこなしたい色。ほかのメイクはミニマムにして、カジュアル服に合わせるのが千吉良流大人のおしゃれベリー使いバランス。「リラックスしたいシーンにこそつけてほしいカラー。フランスの大人の女性がノーメイクにリップだけぽんとベリーに染める。そんなイメージです。ぜひチャレンジを」(千吉良さん)。

    eclat五選

    2018年9月15日

FEATURE
ランキング