等身大のおしゃれヒントが満載! 夏のJマダムスナップ〜関東編〜 五選

2018年8月24日
ここでは身近なエクラ世代の日本の女性たちをスナップ! 流行と自分らしさを組み合わせた、進化しつづける着こなしを紹介。暑さが厳しい日々でも涼しくてきれい見えする着こなしが目立った!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.今までの固定観念を捨てた新しいおしゃれに積極的
鈴木たま江さん(エクラ華組・ポーセラーツ教室主宰)
オフの日は太陽の日射しを浴びながら大好きなショッピングを楽しむ鈴木さん。「イレギュラーなすその揺れ方にひと目惚れしたスカートは、人生初挑戦のビタミンカラー。マキシ丈という面積の大きなオレンジ色も濃密色のニットと合わせればシックに着こなせました。足もとはスニーカーでハズして、プリントが楽しいトートをポイントにカジュアルにまとめました」。木漏れ日が降り注ぐ白金の街に、ビタミンカラーがよく似合って。

2.旬バランスのワントーン。涼しげなきれいめが好印象
有村一美さん(エクラ華組・主婦)
「春には赤いスカートに挑戦。でも回り回ってまたベーシックカラーに落ち着きました」。大好きなグレージュのパンツはエブール。オーバーサイズのニットを前インしたら、パイソンのバッグやボリュームピアスで遊びを効かせて。

3.デニム素材をフェミニンに着るのが私流
朝生育代さん(エクラ華組・ナレーター)
似合うスカートは膝丈と断言していた朝生さんがミディ丈に開眼。「マディソンブルーのデニムスカートは小柄な私でも着こなしやすく、ブラウスでセットアップ風に着られるのもお気に入り」。厚底サンダルでバランスも良好。

4.デザインと機能性に優れたトップスに頼る
林 美和子さん(会社経営)
「仕事と育児で自分に時間がかけられない今は、デザイン性や形状記憶の機能に助けられています」。サカイのトップスとセオリーのパンツは大好きなネイビー。靴とバッグにオレンジをさすことで気持ちも前向きになれるそう。

5.リネンのサロペットで簡単コーデをアップデート
櫛部美佐子さん(カオス ディレクター)
自身がデザインしたリネン素材のサロペットを休日は一枚で、ふだんは重ね着で愛用中。「合わせたTシャツはオリジナルで型くずれしにくい素材。きれいめに着こなせます」。アンティークとハイブランドのバングルを重ねづけして。

What's New新着記事

  • あってよかった!エクラ美容班が絶対ポーチに入れるもの 五選

    ふだんから美容情報収集に奔走しているエクラ編集部の美容班。数あるコスメの中でポーチ用に厳選された優秀&旬のアイテムは?

    eclat五選

    2019年2月20日

  • 料理家・冷水希三子さんの〝香り豊かな、和み鍋〟 五選

    香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。

    eclat五選

    2019年2月19日

  • この春、ワードローブに加えたい。こなれ見えする新デニムは「グレー」 五選

    ブラックに近い濃いめから、ウォッシュ加工を施した明るい色みまで豊富にそろうグレーは、きれい色やフェミニンなトップスと合わせやすく、ほどよく抜け感も演出してくれる、大人が頼れる本命カラー。

    eclat五選

    2019年2月19日

  • 進化したコスメでスキンケア方法を更新。"エイジング乾燥"にSTOPを! 五選

    潤しても、潤しても、肌がカサつく。メイクがのらないばかりか、しわ、たるみ、くすみも悪化してきて焦りを感じているエクラ世代も多いはず。それはこれまで経験のある越冬の乾燥肌ではなく、アラフィーの肌に起こる特有の"エイジング乾燥"。今までと同じコスメ選び&お手入れをしていたら、"エイジング乾燥"はすすむ一方。空気がカラッカラの今だからこそ、速やかにスキンケア方法をアップデート! "エイジング乾燥"をこじらせないばかりか若いころの潤いハリ肌を取り戻し、自信を回復するチャンス!

    eclat五選

    2019年2月18日

  • 「トーン」「テイスト」「ブランド」の基準で選ぶ、大人のピンク 五選

    本格的な寒さは続くけれど、ダークカラーの重い装いには少し飽きてくるころ。そんな日には、今すぐ楽しめる「色」から春を先取りしてみては。なかでも、今季は思わず「着てみたい!」と心ときめくピンクが大豊作! エクラ世代にこそ似合う、上手な選び方のコツをつかんで。

    eclat五選

    2019年2月15日

FEATURE
ランキング