等身大のおしゃれヒントが満載! 夏のJマダムスナップ〜関東編〜 五選

ここでは身近なエクラ世代の日本の女性たちをスナップ! 流行と自分らしさを組み合わせた、進化しつづける着こなしを紹介。暑さが厳しい日々でも涼しくてきれい見えする着こなしが目立った!
等身大のおしゃれヒントが満載! 夏のJマダムスナップ〜関東編〜 五選_1_1-1

1/5

等身大のおしゃれヒントが満載! 夏のJマダムスナップ〜関東編〜 五選_1_1-2

2/5

等身大のおしゃれヒントが満載! 夏のJマダムスナップ〜関東編〜 五選_1_1-3

3/5

等身大のおしゃれヒントが満載! 夏のJマダムスナップ〜関東編〜 五選_1_1-4

4/5

等身大のおしゃれヒントが満載! 夏のJマダムスナップ〜関東編〜 五選_1_1-5

5/5

1.今までの固定観念を捨てた新しいおしゃれに積極的
鈴木たま江さん(エクラ華組・ポーセラーツ教室主宰)
オフの日は太陽の日射しを浴びながら大好きなショッピングを楽しむ鈴木さん。「イレギュラーなすその揺れ方にひと目惚れしたスカートは、人生初挑戦のビタミンカラー。マキシ丈という面積の大きなオレンジ色も濃密色のニットと合わせればシックに着こなせました。足もとはスニーカーでハズして、プリントが楽しいトートをポイントにカジュアルにまとめました」。木漏れ日が降り注ぐ白金の街に、ビタミンカラーがよく似合って。

2.旬バランスのワントーン。涼しげなきれいめが好印象
有村一美さん(エクラ華組・主婦)
「春には赤いスカートに挑戦。でも回り回ってまたベーシックカラーに落ち着きました」。大好きなグレージュのパンツはエブール。オーバーサイズのニットを前インしたら、パイソンのバッグやボリュームピアスで遊びを効かせて。

3.デニム素材をフェミニンに着るのが私流
朝生育代さん(エクラ華組・ナレーター)
似合うスカートは膝丈と断言していた朝生さんがミディ丈に開眼。「マディソンブルーのデニムスカートは小柄な私でも着こなしやすく、ブラウスでセットアップ風に着られるのもお気に入り」。厚底サンダルでバランスも良好。

4.デザインと機能性に優れたトップスに頼る
林 美和子さん(会社経営)
「仕事と育児で自分に時間がかけられない今は、デザイン性や形状記憶の機能に助けられています」。サカイのトップスとセオリーのパンツは大好きなネイビー。靴とバッグにオレンジをさすことで気持ちも前向きになれるそう。

5.リネンのサロペットで簡単コーデをアップデート
櫛部美佐子さん(カオス ディレクター)
自身がデザインしたリネン素材のサロペットを休日は一枚で、ふだんは重ね着で愛用中。「合わせたTシャツはオリジナルで型くずれしにくい素材。きれいめに着こなせます」。アンティークとハイブランドのバングルを重ねづけして。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング