女性書店員のイチ押しの1冊 五選

2018年8月25日
たくさんの書店員のかたがたが、熱いメッセージを送ってくださった今回のアンケート。あなたの気になる作品はどれ?
女性書店員のイチ押しの1冊 五選_1_1-1

1/5

女性書店員のイチ押しの1冊 五選_1_1-2

2/5

女性書店員のイチ押しの1冊 五選_1_1-3

3/5

女性書店員のイチ押しの1冊 五選_1_1-4

4/5

女性書店員のイチ押しの1冊 五選_1_1-5

5/5

1.『永遠のおでかけ』
「いつもそばにいた大切な人がいなくなる。つらい別れが優しさあふれる言葉でつづられたエッセイ集。癒しの涙が頰を伝います」(紀伊國屋書店梅田本店 小泉真規子さん)

益田ミリ 毎日新聞出版 ¥1,300
2.『未必のマクベス』
「究極の恋愛小説にして極上のミステリーが去年文庫化。知的好奇心を刺激されて、バンコクやマカオに行きたくなります」(有隣堂アトレ恵比寿店 酒井ふゆきさん)

早瀬 耕 ハヤカワ文庫JA ¥1,000
3.『半分世界』
「発想がおもしろくて、改めて読書の楽しみを感じさせてくれた。読めば『日本発、世界文学』という帯が大げさではないとわかります」(ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店 佐藤みどりさん)

石川宗生 東京創元社 ¥1,900
4.『さよなら、田中さん』
「10代の著者とは思えない名言の数々に一気に目が覚めました。読みはじめたらぐいぐい引き込む『力』をもっている小説です」(有隣堂横浜駅西口店 高橋由美さん)

鈴木るりか 小学館 ¥1,200
5.『カーテンコール!』
「閉校したお嬢さま大学を卒業しそびれた学生たちに、理事長が提案した救済策とは? 心温まる連作短編集で、読みやすさも抜群」(丸善ジュンク堂渋谷店 西山有紀さん)

加納朋子 新潮社 ¥1,400

What's New新着記事

FEATURE
ランキング