日常をクラスアップ!ストラスブルゴの上質ベーシック 五選

2018年9月9日
真の上質を知る大人のためのセレクトショップ、ストラスブルゴ。取り扱う数々の名品の中から、ベーシックでありながら、どこかに今年らしい気分も備えた5つのアイテムをピックアップ。この一点で、着こなしの格が上がる。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.「アントネッリ」のワンピース
1950年にランジェリーメーカーとして創業したアントネッリ。創業者の2人娘が立ち上げたシャツブランドが話題を呼び、’13年、トータルファッションを手がけるように。ランジェリー同様「女性による女性のためのブランド」として、上質でミニマルな服を展開する。

ランジェリーやシャツづくりで培ってきた精緻な技術を駆使し、素材とデザインの斬新な組み合わせを提案するブランドだけに、一枚でエレガントなたたずまいをつくるワンピースも得意なアイテム。ミニマルながら、細部まで女性を美しく見せるフォルムにこだわった立体的なつくり、そして大人の肌に映える色出しは、お見事。

ワンピース¥68,000(アントネッリ)・ピアス¥95,000(ソフィー ブハイ)/以上ストラスブルゴ
2.「マンツォーニ24」のファージレ
1951年、毛皮や皮革の専門商社として創業したコンドルペッリ社は、有名メゾンの製造を手がけていたが、より時代性を取り入れたものづくりを行うため生まれたのが、マンツォーニ24。高品質のレザー製品を自ら生産できる、数少ないファクトリーブランド。

なめらかな質感のファージレは、パンツでもスカートでもバランスのとりやすい丈感。前はフックどめですっきりシンプルに。足もとは、存在感に差が出る最上級の革靴を合わせ、少しメンズライクなマインドで楽しむのが旬。

ファージレ¥160,000(マンツォーニ24)・ニット¥13,000・パンツ¥39,000(ともにアリクアム)・バッグ¥260,000(ビアンキ エ ナルディ)/以上ストラスブルゴ
3.「ラルディーニ」のジャケット
世界の名だたるメゾンブランドの製品を、30年以上にわたりつくり続けてきたファクトリーが、その高い縫製技術を生かして
設立したオリジナルブランド。なかでも、上質な生地を選りすぐりの職人が仕立てる美しいジャケットは逸品。

今季のトレンドであるチェックジャケットを、デニムに合わせてデイリーに。かっちり端正な仕立ても、柄にピンクが入っているのでどこかフェミニンな印象。アイコンであるフェルト製の小さな花もポイント。

ジャケット¥115,000(ラルディーニ)・ブラウス¥68,000(ロベルタ フルラネット)・パンツ¥28,000(シヴィリア)・ネックレス¥62,000(ソフィー ブハイ)/以上ストラスブルゴ
4.「クルチアーニ」のニットコート
1966年にペルージャで創業したマリタル社の傘下で発表されている、イタリア最高峰のニットブランド。紡績、染色、縫製をすべて自社内で行い、新しい素材の開発にも積極的。最高のクオリティと、クラシックをベースにしたモダンなバランスが世界中で高く評価されている。

まるでジャケットのように、美しく仕立てられたニットコート。モヘアとウールなどをブレンドして編み込んだブークレー調のニット地は、ほどよく伸縮性があり、細身のシルエットでもスムーズな着心地。旬の柄ワンピースに、さらっとはおるだけで様になる。

コート¥125,000(クルチアーニ)・ワンピース(インナードレスつき)¥140,000(ザ ハイアリン)・バッグ¥630,000(ビアンキ エ ナルディ)・靴¥67,000(ニコラス カークウッド)/以上ストラスブルゴ
5.「エドワード グリーン」のレースアップシューズ
1890年、英国靴の聖地ノーザンプトンで創業し、老舗シューメーカーの中でもトップクラスの人気を誇る。「できうるかぎりの上質を求める」という哲学のもと、最高級のアッパーを使い、職人による伝統的な手作業でつくり上げられる一足は、履くほどに味わい深く。

靴¥159,000(エドワード グリーン)/以上ストラスブルゴ

What's New新着記事

  • 買わないと帰れません!京都通が選ぶ「持ち帰り」の逸品 五選

    家路も旅のうち。京都の余韻に最後までとことん浸りたいあなたのために。エクラ世代の京都通が、「絶対に買って帰る!」と愛してやまない逸品とは?

    eclat五選

    2018年9月18日

  • 目利きが夢中になる、麗しマダムの美容ニュース 五選

    多くの美容情報の中から、エクラ世代の肌を変える力をもつ"効くコスメ・施術"を鋭く見ぬき、それらを駆使して美肌をキープしつづける美容業界のJマダムたち。そんな彼女たちが私的にハマっている特上の美容ネタ、ホントは人に教えたくない㊙情報をスクープ。その魅力を、リアルボイスとともに惜しみなくお届け。

    eclat五選

    2018年9月17日

  • パステルカラーと合わせてフェミニンに!秋の「ホイップグレー」 五選

    エクラ世代の新ベーシックカラー「ホイップグレー」に合わせたいのは、今年の秋冬に大充実のパステルカラー。肌映えのよい柔らかなきれい色はグレー合わせで簡単に取り入れ可能。心はずむ配色で幸せ見えもかなう!

    eclat五選

    2018年9月17日

  • 大人の京都旅のごほうびは、絶品甘味で! 五選

    素材や作り方からも"まじめさ""正しさ"が伝わってくる京都の甘味。ほっとひと息つく時間さえも極上にしてくれる、その幸せをかみしめたい! 京都通の推薦コメントも参考に。

    eclat五選

    2018年9月15日

  • 肌本来の透明感とおしゃれ感を引き出す「こっくりベリーリップ」 五選

    ここ数年注目の深い色合いのベリーはこの秋も豊富。肌の透明感を引き出し、女度もぐんと上げる効果はアラフィーこそ使いこなしたい色。ほかのメイクはミニマムにして、カジュアル服に合わせるのが千吉良流大人のおしゃれベリー使いバランス。「リラックスしたいシーンにこそつけてほしいカラー。フランスの大人の女性がノーメイクにリップだけぽんとベリーに染める。そんなイメージです。ぜひチャレンジを」(千吉良さん)。

    eclat五選

    2018年9月15日

FEATURE
ランキング