2泊3日の出張もスタイリッシュに! 働くアラフィーの出張着回しコーデ

2018年11月2日
衣類がかさばり、防寒対策も必要な秋冬の出張は、アイテム選びに頭を悩ませがち。きちんと感が必要な営業シーンだけでなく、パーティーなどのドレスアップの席でもエレガントに装える厳選ワードローブがあれば、秋冬の出張もスタイリッシュにのりきれる! いろんなシーンに対応する精鋭アイテムの着回しをご紹介します。

【Day.1】

冬の出張コートは、さっとはおれて、スーツもインできるガウンタイプで

Scene:空港からいざ出発

【アイテム】A+B+D+E+F+G

出張に選んだのは、さっとはおれてインナーをすっぽり覆い隠してくれるガウンコート。中にスーツが着られることも重要。長時間のフライトに備え、インナーには薄手で着心地のよいカシミヤシルクのタートルニットと、しわになりにくく疲れないストレッチ入りのブラックパンツで決まり!

トップスを華ありブラウスに替えるだけで、一気にお仕事モードに

Scene:現地オフィスへ直行

【アイテム】A+E+F+G+J

現地に到着後すぐの仕事には、黒パンツはそのままに、タートルニットをボルドーのブラウスに着替えて、女性らしさのあるビジネススタイルで臨む。ブラウスのリボンタイをはずせば、より凛々しい印象に装える。

時計¥1,510,000・ブレスレット¥230,000・リング¥220,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

ジャケット&ヒール靴を足して、仕事の場にふさわしい、端正で女性らしいムードを演出

Scene:取引き相手と商談

【アイテム】C+F+G+J+L

さらにジャケットをプラスして、足もとをヒールパンプスに替えるだけで、商談相手に失礼のないビジネススタイルが完成。華やかさを出したいときにはリボンタイがさりげなく活躍。

メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ペン¥55,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(スマイソン) 時計¥1,510,000・ブレスレット¥230,000・リング¥220,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

グリーンワンピースなら、ただ華やかなだけではない、知性と落ち着きをまとえる

Scene:レセプションに出席

【アイテム】H+K+L

レセプションパーティなどドレスアップが求められる場面には、華やかなレースのワンピースで対応。ゆったりしすぎずタイトすぎないシルエットや、さりげなく透けたふんわり袖など、Jマダムを美しく見せるポイントが満載。小物使いも完璧!

バングル¥715,000・リング¥495,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

【Day.2】

食事の席でもきちんと感は必要だから、ワンピースにジャケットを重ねて

Scene:クライアントとビジネスランチへ

【アイテム】C+H

ビジネス相手との商談を兼ねたランチにはレースのワンピースにスーツのジャケットをはおって、華やかさときちんと感を両立。ワンピースの深みのあるグリーンとジャケットのグレーは格調高く見える色合わせ。

時計¥1,510,000・リング¥220,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

ボルドーを効かせたパンツルックにコートをさっそうとひるがえして

Scene:街に出てマーケティングリサーチ

【アイテム】A+C+J+K+L

街へ繰り出す際には、動きやすくて華やか見えするアイテムを組み合わせて。はおるだけで様になるコートや必要最小限の荷物を詰められるミニバッグは必携。

サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥76,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) グローブ¥40,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(ジェーン・カー)

【Day.3】

まじめなスーツ&ニットにはスカーフをあしらい、上品な華やぎをプラス

Scene :最終日は国際会議に出席

【アイテム】B+C+G+I

国際会議にはスーツスタイルがマスト。肌寒くなる場合に備えて、インナーはタートルニットに決定。シンプルな印象の襟もとには、控えめ色のスカーフを効かせて、ひとさじの華を。

ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) 時計¥590,000/IWC(IWC) バングル¥58,000(ヒロタカ)・リング¥145,000(マリハ)/以上ショールーム セッション

空港では、ジャケットを脱ぎ、マニッシュ靴に履き替えて快適さを優先

Scene:出張を終え、帰国の途に

【アイテム】A+B+C+D+E+G+ I

ジャケットを脱ぎ、靴をパンプスからフラットなシューズに替えて、会議場から空港へ直行。スーツのパンツはストレッチが効いているので、長時間のフライトでも疲れ知らず。さらにしわになりにくいから、日本に到着後もパリッとした姿で仕事に臨める。

ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) 時計¥590,000/IWC(IWC) バングル¥58,000(ヒロタカ)・リング¥145,000(マリハ)/以上ショールーム セッション

いろんなシーンに対応! 精鋭ワードローブ

あらゆるシーンで、美しく快適に仕事ができる着回しワードローブを選抜!

1/12

2/12

3/12

4/12

5/12

6/12

7/12

8/12

9/12

10/12

11/12

12/12

【A】ロング丈ガウンコート

ウール素材のダブルフェイスコートは、手縫いで仕上げられたエレガントに装える逸品。ガウンタイプなので、仕事中にもさっとはおれ、袖が太めで着丈が長いので、中にスーツを着てももたつかない。コート¥159,000/マックスマーラ ジャパン(エス マックスマーラ)

【B】薄手タートルニット

カシミヤ70%、シルク30%の極上の肌ざわりのタートルニット。冬の出張にはジャケットのインにすっきり着られて暖かく、荷物にならない、こんな薄手のニットは必携。リブ素材なので着こなしにニュアンスも出せる。ニット¥29,000/トラデュイール(トラデュイール)

【C】コンパクトスーツ

軽くさらっと着られてしわになりにくい、出張に適したポリエステル素材。ストレッチ入りなので、移動中もストレスなく着ていられる。パンツは腰まわりをスッキリと見せて、美脚効果のあるクロップト丈のテーパード。色は汎用性の高いグレーで。ジャケット¥43,000・パンツ¥23,000/SANYO SHOKAI (マッキントッシュ ロンドン)

【D】格上げトロリーケース

ヴァルカン・ファイバーという堅牢で軽量な素材を使用し、重厚な見た目に反して軽い。2泊3日にちょうどいいサイズ感で、格調高いルックスと収納力を両立。トロリーケース(H40×W55×D20)¥190,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター)

【E】マニッシュ靴

移動日や現地リサーチなど、たくさん歩く日のためのフラット靴は必須。正統派の黒のストレートチップシューズなら、スーツやコートにも合わせられて正装感も出せるのでおすすめ。靴(H2.5)¥100,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

【F】美ラク黒パンツ

ビスコースレーヨンのソフトな肌ざわりと、ストレッチ入りでも締めつけ感のない一本。ウエスト部分がベルト仕様になっているのでトップスをインしても見栄えよし。肉感を拾いすぎない、ほどよいストレートシルエット。パンツ¥38,000/トーベル(サラ・パチーニ)

【G】肩かけトートバッグ

シンプルでスタイリッシュ、マチたっぷりで収納力抜群のトート。丈夫で軽く、スーツにはもちろん、華やかな服とも相性よし。アジャスターつきショルダーは長さが変えられる。バッグ(H28×W〈底〉25×D25)¥175,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

【H】ドレッシーワンピース

折りたたんでもしわが目立たないレースは、実は出張向きの素材。総レースのグリーンなら、エレガントでありながら落ち着いた雰囲気も。透け感のあるふんわり袖で大人は控えめな肌見せを。ワンピース¥46,000/ビームス ハウス 丸の内(ルームエイト・ブラック)

【I】上品柄スカーフ

イタリア製のシルク100%のスカーフは、白ベースにライトグレー、ベージュなどのどんな色にも合う落ち着いたカラーの4色使い。グレーのスーツやネイビーのコートにさりげなく、上品に華を添えてくれる。スカーフ(H90×W90)¥30,000/スローン(スローン)

【J】華ありブラウス

襟の下や袖口にギャザーが入った、ムードある仕上がりのブラウス。共布のリボンタイは取りはずし可能で、華やかなシーンで活躍。ソフトで肌ざわりのよい、コットンナイロンストレッチ素材。ブラウス¥26,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン)

【K】ミニチェーンバッグ

夜のドレスアップに、出張中のプライベートタイムに昼夜を問わず活躍。チェーンの長さを変えて肩かけ、手提げとしても使え、中にしまえばクラッチにもなる。内側は仕切りなしの大容量。バッグ(H12×W18×D5)¥163,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)

【L】スエードヒールパンプス

秋冬なら、表革よりエレガントな印象のスエード素材がおすすめ。ドレスアップの場面を考えて、7.5㎝のやや高めのヒールをチョイス。ポインテッドトゥならかっこよくも装える。靴(H7.5)¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

What's New新着記事

  • ニットはこの3色で決まり! 清潔感の「白」、引き立て「黒」、華やか「赤」

    この冬、大人をきれいに見せるニットとは? 行きついたのは、一枚で今っぽさも清潔感も抜群の「白」、今シーズンの旬アイテムを引き立ててくれる「黒」、そして地味になりがちな冬のコーデに、華やかな女らしさをアップしてくれる赤の3色。この3枚があれば、冬のコーディネートはもう迷わなくていい!

    ファッション

    2018年11月20日

  • 上品コートで今の気分に! 大人を華やげるリアルコート30

    冬のおしゃれの印象を決定づける、本当に大人に似合うコートは? 楽しいけれどむずかしいコート選びを、多くのリコメンドの声とともにお届け。華やかさいっぱいの明るい色のコートから、遊び心あふれたエコファーコート、今の気分のトレンチ、スポーティなアスレジャーやダウンまで…気分によっても使い分けたい、30コートをご紹介。上質で地味に見えず、新鮮さもある、アラフィーを素敵に見せてくれるコートを見つけてみて。

    ファッション

    2018年11月19日

  • 旬ブランドvs王道ブランドで「トレンチ」対決! 間違いない名品7

    ここしばらく遠ざかっていたという人も、この秋は“今の気分”のトレンチコートを更新してみては? スタイリスト・村山佳世子さんがアラフィーにぴったりな、旬ブランドと王道ブランドの名品を厳選してご紹介!

    ファッション

    2018年11月16日

  • 富岡佳子が着こなす、無難に終わらない“攻め”のリアルコート7

    冬の装いはある意味、コートの印象だといっても過言ではない。定番なもの、無難なものがかえって地味になってしまうアラフィーには、ひとつ枠を超えたコートこそが正解。展示会や現場で数多のコートを見てきた同世代のおしゃれプロたちが惚れ込んだ、ちょっと“攻め”気分の一枚を、富岡さんの着こなしと共にご紹介!

    ファッション

    2018年11月14日

  • アクセ効果も抜群! この冬に絶対取り入れたい「ミニポシェット」14

    ミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、旅先でも大活躍のアイテム。注目ブランドから続々登場しているミニポシェットは、コーディネートを完成させるアクセサリー効果も絶大! エクラスタッフも、便利さとアクセ効果の一石二鳥でハマる人が続出。この冬のコーデに絶対に取り入れたい、各ブランドのポシェットをご紹介します。

    ファッション

    2018年11月12日

FEATURE
ランキング