富岡佳子、アラフィー的“心酔コート”をまとう 五選

2018年11月1日
冬の装いはある意味、コートの印象だといっても過言ではない。定番のもの、無難なものが、かえって地味になってしまうアラフィーこそ、ひとつ枠を超えた選択に、今着るべきコートの正解がある。展示会や現場で数多のコートを見てきた本誌スタッフが惚れ込んだ、ちょっと"攻め"気分のリアルコートをご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ブランケットのように身を包むぬくもりあるチェックを

「一番上にまとうコートが変われば印象がグッと新鮮に。今年らしさを極めるなら断然、トラッド感が漂うチェック柄に一票。多色使いの大きな柄を流行のビッグフォルムで着るのは、大人のコートならではの醍醐味です。コントラスト配色は派手すぎず、地味にならないのがいい」(スタイリスト村山加世子さん)。シャギー素材のビッグフォルムをさらりとまとって。

コート¥160,000/ebure(エブール) ニット¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) スカート¥32,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) バッグ¥75,000/アッシュ・ペー・フランス(MELI MELO) 靴¥82,000/エイチ ビューティ&ユース(ネブローニ)

2.襟裏の配色をちらりと見せても素敵な、色の魔法

「冬は全身黒っぽい人になってしまうマンネリを打破したく、明るい色のコートを探していました。ミントグリーンに出会って『これだ』と。明るい色なのに甘くなく、浮きすぎない。黒慣れしている私も気後れせずにトライできます」(エディター&ライター大野智子さん)。清涼感のあるミントはダークカラーの装いになじみつつ、涼やかにトーンアップしてくれる。ピンクや赤は躊躇する人も、この色なら甘すぎないはず。チェスターコートをAラインにアレンジしたフォルムはほどよくクールさと女らしさが共存し、着こなしやすいのも魅力。

コート¥89,000/モールド(チノ) ニット¥22,000/スローン(スローン) デニム¥36,000/マディソンブルー(マディソンブルー) バッグ¥253,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)

3.スラリと見せることは無視! 新鮮な量感を満喫して

テディベアみたいなフェイクファーに黒い布ベルト。きちんと着るより「適当にはおってキュッと結んだだけ」に見せるのがポイント。ボリュームはカジュアルに着てこそ。「今年はフォルムも素材もボリュームアップ。それを異素材のベルトでキュッと締めて着るバランスがとにかく楽しくておちゃめ。大人の着こなしには愛嬌が必要と常々思う私の希望を、この一枚がかなえてくれます。おもしろがって、着たい」(エディター&ライター宮崎桃代さん)

コート(黒布ベルトつき)¥150,000/ストローラー PR(ラシュモン)シャツ¥26,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) バッグ¥76,000/アッシュ・ペー・フランス(MELI MELO) 靴¥60,000/カオス表参道(ウーマン バイ コモン プロジェクト)

4.ふわりと揺れるロング丈が大人のニュアンスを醸し出す

カシミヤ混の1枚仕立てだから軽くて暖か。ゆるく着ても様になるロング丈、黒と相性のいいボルドーと、使い勝手がいい"攻め"コート。リラックスした気分で。「暑がりの私は、ボリューム抑えめの軽い1枚仕立てがいい。ユルくはおって、大人のすきがある女らしさが漂うのがイメージ。フーディかつロング丈のガウンコートは、まさにそれ。ボルドーがカジュアルすぎず、装いに深みを増してくれます」(エディター&ライター坪田あさみさん)

コート(共布ベルトつき)¥190,000/アマン(アンスクリア) カーディガン¥26,000/スローン(スローン) デニム¥32,000/カオス表参道(リ ダーン) ピアス¥11,000/アッシュ・ペー・フランス ビジュー(メディスィン・ドゥース) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

5.流行のアスレジャーを大人のシックさで見せつける

スポーティなアウターが注目の今季、それをタウンユースの小粋なコートに昇華したのがこの一枚。ジレとのレイヤードでファスナー使いがいっそうきわだち、リッチな迫力もプラスしてくれる。「ロングスカートが多い私はバランスのとりやすい着丈の短いものが好み。綿入りのジレにコートをレイヤードしたデザインは胸もとに立体感が出て、ゴールドのファスナーが大人っぽいアスレジャー感を演出。小気味よいけど女らしい装いを可能にします」(スタイリスト徳原文子さん)

コート(綿入りジレつき)¥72,000/アパルトモン 青山店(レミ レリーフ) ニット¥12,000・スカート¥16,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) バングル¥98,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥359,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)

What's New新着記事

  • "合わせ"なら任せて。名脇役の「黒ニット」 五選

    目立ちすぎず、何を重ねても引き立ててくれる黒ニット。首にタイトに沿うタートル、上質なハイゲージ、ほどよくフィットするコンパクトなシルエットの3つを基準に選んで。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • 指名買いコスメはコレ!「50歳美容」に新しい時代が到来 五選

    今季は、大人の複雑な肌悩みに真正面から向き合い、応えてくれる、革新スキンケアが続々と登場。この秋冬にデビューした新製品の中から、課題が山積みのアラフィーの肌悩みを頼もしく解決する力と、未来の美しさを担うパワーに満ちあふれたスーパーアンチエイジングスキンケアのみを厳選してお届け。あなたの肌運命が変わる、最良の一品に出会える予感。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • おいしさの小宇宙、缶入りクッキーの世界へようこそ 五選

    見た目よりずっしりと重い包みをほどくと現れる、店名があしらわれた缶。そっと蓋を開けると、いっせいに幸せがあふれ出して、小さなクッキーがぎっしりとお行儀よく詰められている姿に、思わず歓声が。この冬のおもたせや贈り物、そして自分や家族のとっておきのおやつに、どれにしようか迷うのもまた幸せ。

    eclat五選

    2018年11月19日

  • 亜希が着たいのはこれ!年齢を重ねた今、大人こそ楽しい「エコファー」 五選

    若いころは、「フェイクなもの」を持っていることに恥じらいがあったという亜希さん。年齢を重ねていろんなものがふっきれた今、エコファーだからこそ楽しめる冬のおしゃれに開眼したのだそう。ふわふわ&もこもことかわいらしく進化を続ける、暖かな大人のエコファーに、この冬すっかり夢中!

    eclat五選

    2018年11月18日

  • 大人ならではの新鮮レシピ。ちょうどいいフェミニンは"色"から生まれる 五選

    「素材が豊富になる冬は、大人が色をまとうのにちょうどいい季節」と語る、エクラ世代に大人気のスタイリスト・大草直子さん。色使いでつくり上げる、大人にちょうどいいフェミニンスタイルを新たに発見して!

    eclat五選

    2018年11月17日

FEATURE
ランキング