大人をきれいに見せる切り札は「白ニット」「黒ニット」「赤ニット」 五選

2018年11月2日
大人をきれいに見せるニットは、この3枚! 一枚で今っぽさ抜群の主役の白、今シーズンの旬アイテムを引き立ててくれる黒、そして華やかな女らしさをアップしてくれる赤の3色。この3枚があれば冬のコーディネートはもう迷わなくていい!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.立体感のあるシルエットで一枚で絵になる「白ニット」
ブランドが得意とするゆったりシルエットとまろやかで優しげなホワイトが両立。高さのあるリブタートルがアクセントに。

ニット¥36,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス)
2.そのシンプルさが頼りに! 名脇役の「黒ニット」
この冬の旬アイテムであるジャケットやストール、ジレなどを引き立てるのに必要なのは、名脇役である黒ニット。ほどよくフィットするハイゲージなら着膨れせず、どんなアイテムと重ねても全身をシャープに引き締めて見せてくれる。

ニット¥88,000(クルチアーニ)・ピアス¥190,000(サイモン アルカンタラ)/以上ストラスブルゴ ジャケット¥64,000/オーラリー スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ)
3.上品で繊細な黒ニットなら
モノトーンがぐっとエレガントに
ライダースジャケットと重ねてもきれいな、薄手のタイプ。柔らかい印象なので、ライダースがハードになりすぎない。

ニット¥23,000/八木通商(ルトロワ) レザージャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) スカート¥59,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) 帽子¥42,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェームス ロック&コー) ネックレス¥83,000/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥98,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル)
4.冬のおしゃれの脱・マンネリに効く「赤ニット」
地味になりがちな冬のコーデに、赤ニットを一枚投入するだけで、全身がたちまち華やかに見違える、その効果は絶大! 赤が当たり年の今シーズンは、ダークレッドから朱赤まで幅広くチョイス可能。

ニット¥19,000・カーディガン¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥32,000/ブルーバード ブルバード バッグ¥140,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ザンケッティ)
5.大人の美人オーラが漂うキャメルと赤の組み合わせ
赤は派手かな?と躊躇してしまうなら、まずはコートの中からのぞかせる分量からスタートしてみては。キャメルコートと相性抜群な深みのあるレッドが、肌をより白く美しく見せてくれる。デコルテが少しのぞくVネックなら、肌抜けがあることでこなれた今っぽさも演出してくれる。

ニット¥29,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) コート¥140,000・スカート¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) バッグ¥86,000/アパルトモン 青山店(ヘイワード) 靴¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)

What's New新着記事

  • "合わせ"なら任せて。名脇役の「黒ニット」 五選

    目立ちすぎず、何を重ねても引き立ててくれる黒ニット。首にタイトに沿うタートル、上質なハイゲージ、ほどよくフィットするコンパクトなシルエットの3つを基準に選んで。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • 指名買いコスメはコレ!「50歳美容」に新しい時代が到来 五選

    今季は、大人の複雑な肌悩みに真正面から向き合い、応えてくれる、革新スキンケアが続々と登場。この秋冬にデビューした新製品の中から、課題が山積みのアラフィーの肌悩みを頼もしく解決する力と、未来の美しさを担うパワーに満ちあふれたスーパーアンチエイジングスキンケアのみを厳選してお届け。あなたの肌運命が変わる、最良の一品に出会える予感。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • おいしさの小宇宙、缶入りクッキーの世界へようこそ 五選

    見た目よりずっしりと重い包みをほどくと現れる、店名があしらわれた缶。そっと蓋を開けると、いっせいに幸せがあふれ出して、小さなクッキーがぎっしりとお行儀よく詰められている姿に、思わず歓声が。この冬のおもたせや贈り物、そして自分や家族のとっておきのおやつに、どれにしようか迷うのもまた幸せ。

    eclat五選

    2018年11月19日

  • 亜希が着たいのはこれ!年齢を重ねた今、大人こそ楽しい「エコファー」 五選

    若いころは、「フェイクなもの」を持っていることに恥じらいがあったという亜希さん。年齢を重ねていろんなものがふっきれた今、エコファーだからこそ楽しめる冬のおしゃれに開眼したのだそう。ふわふわ&もこもことかわいらしく進化を続ける、暖かな大人のエコファーに、この冬すっかり夢中!

    eclat五選

    2018年11月18日

  • 大人ならではの新鮮レシピ。ちょうどいいフェミニンは"色"から生まれる 五選

    「素材が豊富になる冬は、大人が色をまとうのにちょうどいい季節」と語る、エクラ世代に大人気のスタイリスト・大草直子さん。色使いでつくり上げる、大人にちょうどいいフェミニンスタイルを新たに発見して!

    eclat五選

    2018年11月17日

FEATURE
ランキング