Jマダムの季節をつなぐ切り札は「アウター」「デニム」「ニット」です! 五選

2019年2月1日
冬の終わりでも、おしゃれの春支度をしたくなる時期。そこで今回エクラは、季節をまたぐのに、大人にとって最適な春アイテムをクローズアップ。一枚はおるだけで印象が真新しくなる"アウター"は3つのタイプを厳選。"デニム"はなんといってもグレーとブラック。アウターのインに、レイヤードで、一枚で、と今から春まで活躍する"ニット"も重要。いち早くコーディネートに取り入れて、新鮮な着こなしを楽しんで!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.春の日射しに映えるイエロー。
シルクの光沢に大人の余裕が漂って
控えめな艶としっとりとした落ち感こそ、シルクをまとう真骨頂。カシュクール風にウエストをマークするデザインが美しいドレープを描き出し、リュクスな印象を残してくれる、大人が魅力的になるコート。

コート¥260,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス) Tシャツ¥11,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥38,000/ebure バッグ¥325,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)
2.レザーブルゾンはワンピースとの
相性も抜群。ブルー系でさわやかに
長め丈の揺れるワンピースとコンパクトなブルゾンは全身バランスも良好。ブルゾンをはおれば、肌寒い日も春めく着こなしを楽しめる。デニムジャケットのように気軽なのに、ちょっと大人に格上げしてくれるのはレザーゆえのパワー。

ブルゾン¥177,000/三喜商事(イレブンティ) ワンピース¥98,000/ebure ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)・ネックレス(上から)¥28,000・¥42,000(ともにハルポ)/以上エスケーパーズ バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥186,000/ジミー チュウ
3.エアリーにはおれるフーディは揺れるスカートとも好相性
シャカシャカとしたポリエステル素材の透け感が、新鮮な魅力。ボリュームのあるデザインも透ける白なら量感を感じさせず、明るくトーンアップしてくれる。すその揺れるスカートと合わせても全体の印象が春らしい軽さに。白からベージュのグラデーション配色で、品よくまとめて麗しく。

パーカ¥48,000・スカート¥52,000/ebure 半袖のニット¥25,000/スローン バッグ¥163,000/カオス丸の内(ザンケッティ) 靴¥26,000/F.E.N.(プリティ・バレリーナ)
4.甘めなレースブラウスを
洗練グレーデニムで辛口にシフト
廃版になった大人気モデル「アニバーサリー25th」を復刻し、濃すぎず薄すぎない色合いに仕上げたエクラプレミアム別注モデル。繊細なレーストップスの甘さをほどよく引き算し、カジュアルさのあるコーディネートに仕上げてくれる。計算された丈感はパンプスでもフラットでもバランスよくはける。

★デニム¥19,000/エクラプレミアム通販(村山佳世子×RED CARD/申込コード337016) コート¥89,000/コロネット(エアロン) トップス¥42,000/オットデザイン(ルーム エイト ブラック) ピアス¥41,000・バングル¥180,000/ザ ストア バイシー代官山店(アリアナ) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
5.ニュアンス違いのベージュを
重ねて今季こそピンクに挑戦
アウター必須のこの時期でも日射しには春の気配。春仕様のアウターやストールを使って一歩先行く重ね着にトライしたい。白Tを重ねることで、さくら色のニットと2色のベージュがしっくりなじむ。

ニット¥28,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) コート¥160,000/マディソンブルー Tシャツ¥6,000/プーオフィス(フラマン) パンツ¥30,000/オーラリー 時計¥300,000/セイコーウオッチ お客様相談室(グランドセイコー) メガネ¥40,000/ブリンク外苑前(サヴィル ロウ) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング