この色こそ大人をキレイに見せる! 40代、50代のための2019年春の新色③赤リップ

2019年3月25日
エクラ世代の美容愛好家・野毛まゆりとビューティライター北林道子が、「知りたいのにどこにも情報がない」、「これって本当のところ、どうなの?」といったエクラ世代の美容の疑問を調査&ご紹介!

「今どき感」と「肌映え」の両方を叶える大人リップ

『トレンドも押さえたいけれど、品があって、肌映えするものじゃないと』、『乾かず、唇をふっくらキレイに見せてくれることが大前提!』などなどわ大人がリップに求める条件は決して少なくありません。そんな厳しいニーズに応えるものは果たしてあるのか⁉︎ あるんです‼︎ 今回は、数ある春の新色の中から、野毛と北林が選んだリップをご紹介します! 

野毛のおすすめ①

メイクを選ばない透明感レッド

「赤リップとブルーを組み合わせたユニークなリップ。青みが適度に赤みを弱めてくれるため、赤リップ初心者でも使いやすい1本です。つけ方や青みの加減でいろんな”振り幅”が楽しめ、ファッションのテイストやアイメイクやチークの色を選ばず、スッと気軽につけられるのも魅力。個人的には、全然ベタベタしないのに乾燥しないテクスチャーも気に入っています」(野毛)

  • この色こそ大人をキレイに見せる! 40代、50代のための2019年春の新色③赤リップ_1_1-1
  • この色こそ大人をキレイに見せる! 40代、50代のための2019年春の新色③赤リップ_1_1-2

「つけるとモーブっぽい仕上がりに。固すぎず柔らかすぎずの心地よいテクスチャーです」(野毛)RMK カラーポップリップスティック03 ¥3,500 /RMK Division ※限定品

野毛のおすすめ②

なめらかなのに、”きちんと感”を演出できる深紅

「『アナ スイは20代〜30代のためのブランド』というイメージがありますが、実はこういった若者ブランドこそ、濃い色は使いやすいものが多いんです。この深紅リップも、のびがとてもなめらか。失敗なくキレイにつくだけでなく、香りもいいので、つけると気分がとても上がります」(野毛)

  • この色こそ大人をキレイに見せる! 40代、50代のための2019年春の新色③赤リップ_1_3-1
  • この色こそ大人をキレイに見せる! 40代、50代のための2019年春の新色③赤リップ_1_3-2

「見たままのクリアな発色。肌映え効果も抜群です」(野毛) リップスティックF ¥2,800/アナ スイ コスメティックス 

北林のおすすめ①

リップクリーム感覚でつけられる軽いレッドピンク

「リップケアとしても使える高いトリートメント効果がありながら、口紅同様の発色。カテゴリー的には”色つきバーム”なのですが、それをはるかに超える大人クオリティのリップです。パッケージもスタイリッシュでおしゃれなので、ササっとつけるだけで気分もアップ。カップにもべたっとつかず、色も意外と長持ちしますよ!」(北林)

  • この色こそ大人をキレイに見せる! 40代、50代のための2019年春の新色③赤リップ_1_5-1
  • この色こそ大人をキレイに見せる! 40代、50代のための2019年春の新色③赤リップ_1_5-2

「シャツやジーンズにもよく合い、カジュアルシーンにうってつけ! これは1度塗りですが、重ねづけすると、きちんと感も演出できます」(北林) ローズ・パーフェクト301¥4,200/パルファム ジバンシイ

北林のおすすめ②

落ち着きの”肌映え”をかなえるローズレッド

「レッドは確かに肌映え効果抜群ですが、つけ慣れていないと『派手じゃないか』、『浮いていないか』と落ち着かなくなることも。そんな人におすすめなのが、ローズニュアンスの”肌映え”と”落ち着き感”が絶妙なバランスレッド。赤リップのいいとこ取りで、気軽に新鮮メイクが楽しめます」(北林)

  • この色こそ大人をキレイに見せる! 40代、50代のための2019年春の新色③赤リップ_1_7-1
  • この色こそ大人をキレイに見せる! 40代、50代のための2019年春の新色③赤リップ_1_7-2

「仕上がりはセミマット。けっこう落ちないので、食事会のときにもおすすめです」(北林)。デアリングリィ ディスティンクト リップスティック07 ¥3,900/THREE

美容愛好家 野毛まゆり
外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。

美容ライター 北林道子
大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング