疲れ&老け印象を加速させる「くすんだ肌」、どうケアする? シミ・くすみを防ぐ3つの秘策③

エクラ世代の美容愛好家・野毛まゆりとビューティライター北林道子が、「知りたいのにどこにも情報がない」、「これって本当のところ、どうなの?」といったエクラ世代の美容の疑問に答えます!  紫外線の強くなる5月は、大人のシミ・くすみ対策。今回は「急に暑くなり、ケアがまだ追いついていない」、「油断して、ついうっかり日焼けした」という人のための「くすみケア」にフォーカス。夏の透明肌を守る頼れるアイテム、ぜひ参考に!!

”暑さやけ”によるくすみ・ほてりをケアするクリームは、この夏大活躍!

  • 「しっかり美白ケアしていても、やっぱり肌がくすむという人、案外多いようですね。ポーラによると、夏の暑さは、肌のメラニン生成のサイクルを狂わせ、メラニン量を増加させてしまうのだとか。その”意味不明”なくすみ、もしかして暑さ焼けかも知れません。それを解消するのがこのジェルクリーム。みずみずしく軽いテクスチャーが素晴らしく、これがあれば猛暑の夏も心地よく乗り切れそうです」(野毛)
疲れ&老け印象を加速させる「くすんだ肌」、どうケアする? シミ・くすみを防ぐ3つの秘策③_1_1

美白有効成分トラネキサム酸、保湿成分エンメイソウエキス、サンザシエキスからなるポーラオリジナル複合成分「トラネキサム酸RXS」を配合。ホワイトショット RXS 50g(医薬部外品)¥12,000/ポーラ

肌力そのものをフォローアップして、クリアな透明肌に! 

「美白アイテムは『シミ』、『くすみ』といったはっきりした線引きが難しいのですが、これはブライトニング効果をしっかりうたっている『くすみケア』美容液。肌ノイズの原因となる乾燥によるくすみやキメの乱れにアプローチするので、肌のキメからきれいに整えてくれる印象。紫外線のダメージを受けたときはもちろん、なんとなく不調なくすみ肌にも対応。すっきりクリアな肌にしてくれます」(野毛)

  • 疲れ&老け印象を加速させる「くすんだ肌」、どうケアする? シミ・くすみを防ぐ3つの秘策③_1_3-1
  • 疲れ&老け印象を加速させる「くすんだ肌」、どうケアする? シミ・くすみを防ぐ3つの秘策③_1_3-2

(右)「デコルテまでしっかりのばすクセをつけると、くすみエリアが減少して、より明るい印象になります」(野毛)

(左)美白有効成分「カモミラET」配合。メラニン生成の情報伝達を抑制しながら、うるおいをしっかり与え、肌トーンを明るく保つ美容液。カネボウ イルミネイティング セラム50mL (医薬部外品)¥20,000/カネボウ化粧品  

明るさのレベルを高め、きめ細やかな肌印象に!

「気をつけているつもりでもつい『うっかり日焼け』ってありますよね。私も何度も経験しているのですが、このクリームを使っているときはそれが一切なし。つけている間中、クリアな肌トーンをキープし、会う人に「今日は肌の調子がいいね」と言われるほど。とっても軽いジェルクリームなので、暑い日でも抵抗なくつけられるだけでなく、保湿力も高め。私の中では『肌を褒められるクリーム』の位置付けで、もう何度もリピートしています」(北林)

疲れ&老け印象を加速させる「くすんだ肌」、どうケアする? シミ・くすみを防ぐ3つの秘策③_1_5

シャネル独自の美白有効成分TXC、ウメ フラワー エキスを配合した美白クリーム。みずみずしいテクスチャーで心地よくのび、明るくうるおいに満ちた肌に。ル ブラン クリーム HL 50g(医薬部外品)¥13,500/シャネル

ピュアビタミンCのパワーで、ハリ&ツヤのある澄んだ肌に!

「くすみと言っても、肌全体がおおわれるようなぼんやりしたものと、細かな影(シミやソバカスなどの色ムラ)によるものがあると思うのですが、後者のような『気になる影』によるくすみに効果絶大なのが、このピュアビタミンC配合の美容液。無香料、無着色、防腐剤不使用など、純粋性にこだわりながら、くすみをパワフルに除去。仕事柄、たくさんの化粧品を試しますが、これだけは切らすとたちまち肌のコンディションに影響するので、もう10年以上使い続けています」(北林)

疲れ&老け印象を加速させる「くすんだ肌」、どうケアする? シミ・くすみを防ぐ3つの秘策③_1_7

ノンオイル・ノンアルコールのピュアなビタミンCを高濃度配合した美容液。透明感はもちろん、ハリや毛穴の引き締めにも効果的。トランスダーマ C30mL ¥16,000/アルロン・ジャパン

美容愛好家 野毛まゆり
外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。

美容ライター 北林道子
大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング