「バーゼルワールド2019」で発見! 憧れブランドの新作ウォッチ 五選

スイス・バーゼルで開催される巨大エキシビション「バーゼルワールド」は、私たちにもなじみの深いブランドがとっておきの新作を引っさげて集結する、年に一度のウォッチ&ジュエリーの祭典。エクラ編集部も現地へ飛んで取材。右を向いても左を向いてもときめくウォッチばかりの中、アラフィー世代に似合う注目のレディスモデルをピックアップ。
「バーゼルワールド2019」で発見! 憧れブランドの新作ウォッチ 五選_1_1-1

1/5

「バーゼルワールド2019」で発見! 憧れブランドの新作ウォッチ 五選_1_1-2

2/5

「バーゼルワールド2019」で発見! 憧れブランドの新作ウォッチ 五選_1_1-3

3/5

「バーゼルワールド2019」で発見! 憧れブランドの新作ウォッチ 五選_1_1-4

4/5

「バーゼルワールド2019」で発見! 憧れブランドの新作ウォッチ 五選_1_1-5

5/5

1.スポーティ×エレガンス「パテック フィリップ」
レディス・オートマチック・ノーチラス 7118/1200A
時計愛好家を永遠に魅了する「ノーチラス」のウィメンズモデルがアップデート。Tシャツにさらりと合わせても映える貫禄の名品。ダイヤルはウェーブ模様が引き立つ新たなカラーリングに。ケースはやや大きくなり、舷窓にインスパイアされたデザインがよりくっきりときわだった。着用したまま4㎜まで長くできるブレスレットの新機能も優秀。

レディス・オートマチック・ノーチラス 7118/1200A(35.2 ㎜ 径[10-4 時方向]、SS×D、自動巻き/ 秋発売予定)¥3,710,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター
2.カラーダイヤルのつややかさ!「ショパール」
ルール・ドゥ・ディアマン
メンズウォッチのトレンドでもあるブルーやグリーンの文字盤を、きらびやかな解釈で。年月を重ねた石たちの豊かな色彩に吸い込まれる。ラグジュアリーでいて若々しさにも満ちあふれ、色遊びも楽しいジュエリーウォッチ。ハードストーンから彫り出された文字盤は、上からマラカイト、オパール、ラピスラズリ。ベゼルのダイヤモンドセッティングの美しさにもため息。

ルール・ドゥ・ディアマン(30㎜径、18KWG×D、自動巻き、レザーストラップ/秋発売予定)(上)¥4,490,000・(中)¥6,230,000・(下)¥4,590,000/ショパール ジャパン プレス
3.水彩色のクロノグラフ「カール F. ブヘラ」
パトラビ クロノデイト
クロノグラフの男性的なイメージを更新する、ほかにないウォーターカラーの新作。つけたときの肌映えのよさにもうれしくなる。ハイクオリティなマザー オブ パールの光沢にもうっとりする、チャーミングな魅力を秘めたクロノグラフ。40㎜ケースの大きさを感じさせないフィット感で、ジュエリーをつけずとも、パンツスーツなど辛口な着こなしのアクセントに。

パトラビ クロノデイト(40㎜径、SS×D、自動巻き、アリゲーターレザーストラップ/カーフレザーのスペアストラップつき/夏発売予定)¥1,160,000(予価)/ブヘラジャパン
4.注目は深みのあるグリーン「ロレックス」
オイスター パーペチュアル デイデイト 36
多くのエグゼクティブにも愛される「デイデイト」。グラデーションがきれいな新色ダイヤルで、ちょっと差をつけて。深みのあるグリーンにグラデーションが施された新色のダイヤル。イエローゴールドのケースや3列リンクのプレジデントブレスレットによって醸し出されるクラシカルな表情を味わいたい。「デイデイト」の特徴でもある、6時、9時位置に配されたバゲットカットのダイヤモンドが美しく映える。

オイスター パーペチュアルデイデイト 36(36㎜径、18KYG×D、自動巻き/夏発売予定)¥3,300,000(予価)/日本ロレックス
5.2019年はゴールドイヤー「ブルガリ」
セルペンティ セドゥットーリ
「ブルガリの時計は、年を重ねるほど似合う」とは、エクラ編集部スタッフのひと言。今年の新作も大人であることが心からうれしくなる"ときめき" に満ちて。揺るぎなきアイコン「セルペンティ」コレクションから登場した、ゴールドそのものの輝きを堪能できる新作。ケースはこれまでで最薄に。蛇のうろこを模したブレスレットはとてもしなやかで、肌をすべるように官能的なつけ心地。

セルペンティ セドゥットーリ(右)(33㎜径、18KPG×D、クォーツ)¥2,810,000・(左)(33㎜径、18KPG、クォーツ)¥2,370,000/ブルガリ ジャパン

What's New新着記事

FEATURE
ランキング