アラフィー女性のホンネ:ここぞというときの、私の裏ワザ

前々回、前回でご紹介した「こだわり」についてJマダムのみなさんに意見を募った際、「ここぞ」というときに効果抜群、あるいは「とりあえず」の対処法について聞いてみた。みなさん、どうぞご参考に!
アラフィー女性のホンネ:ここぞというときの、私の裏ワザ_1_1
「こだわり」は家事、とくに掃除についてたくさんコメントが寄せられたが、そのこだわりを貫こうとすればやはり、家族の協力は欠かせない。裏ワザについても、家族関係に関するものが多く集まった。

「家族の誕生日には簡単なパンを焼く」というYKさん(47歳)。一口サイズながら家族は「すご〜い!」と大喜びしてくれるそう。すると「ほかに出す料理は適当でも、彼らはテンションが上がっているので気にならないみたい」。”手作り”マジック、使えますな。
アラフィー女性のホンネ:ここぞというときの、私の裏ワザ_1_2
そもそも、家族のお腹を満たしてあげれば家庭は円満。

「主人に何かお願い事があるときは、夜、食事をしてお腹いっぱいになってから話をします。お腹が満足すると心にも少しゆとりが持てるようで、お願い事が通ることが多い気がする」(TS・48歳)

なお、夫については

「怒っているなあと思ったら、肩をもんであげて義父母のホメ話をすると、とたんにご機嫌アップ」(ET・53歳)だそう。
ちなみに夫はひとり息子。両親の愛情を一身に受けてきたので「やっぱり、親のことが大好きなんですよね」。いい歳をして、と思うことなかれ。男の子はいくつになっても(とくに)母親のことが好き……。
アラフィー女性のホンネ:ここぞというときの、私の裏ワザ_1_3
そして、おしゃれに関する耳寄り(?)な情報。

「少しでも黒目が大きいほうがかわいいかと思って、何年も前からカラーコンタクトを使っている」(ET・53歳)

何色だと黒目が大きく見えるのだろう。やっぱり黒? それとも茶色? こんなテクを教えてくれた人も。

「マニキュアを忘れたり、する暇がなかったときの裏ワザ。レシートのつるつるした面で爪を磨くと、ツヤツヤに」(KY・54歳)

えっ、そうなの? そして最後は

「ファッションは、エクラプレミアム頼り」(KS・54歳)。ありがとうございます〜!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:私の心を凍りつかせたひとこと

    台風が来て、去っていくごとに外気温が少しずつ下がっていくような。とはいえ、まだまだ暑い! ということで、”背すじも凍る話”第2弾。言われたとたん心が凍りついてしまった「あの人からのひとこと」がないか、Jマダムのみなさんに尋ねてみると、なかなか凍結力のあるエピソードが。どうぞ、読んで涼をとってくださいませ。

    Jマダム通信

    2019年8月24日

  • アラフィー女性のホンネ:背すじも凍る⁉ 本当にあった「ゾクッ」とした話

    今年の夏も、やっぱり暑い。暦の上では「立秋」なのに、その気配はまったくありません。外の気温が高すぎてエアコンの効きも今ひとつ、かといって冷たいものばかり食べていると夏バテにならないかと心配……そんなJマダムのみなさんに、少しでも涼しさを感じてもらえたらと声を募った今回のアンケート。でも、意外とほっこりしたり、くすっと笑ってしまう回答も。どうぞお楽しみください!

    Jマダム通信

    2019年8月10日

  • アラフィー女性のホンネ:人には理解してもらえないかもしれない、私の”こだわり”②

    私だけの”こだわり”第2弾は、家事編。仕事にプライベートにと多忙を極めるJマダムたちが家事をうまく回すために行っていること、自分ならではのルールを教えてもらった。

    Jマダム通信

    2019年7月13日

  • アラフィー女性のホンネ:人には理解してもらえないかもしれない、私の“こだわり”①

    無意識のうちにしてしまう“クセ”の対極にあるのが、こだわり。他人にはどうでもよく思えることでも、その人がその人であるために必要なルールのようなものかもしれない。Jマダムたちに、人に理解してもらえなくて上等、なこだわりの数々を披露してもらった。

    Jマダム通信

    2019年6月22日

  • アラフィー女性のホンネ:あまり他人に知られたくないクセ

    昔から「なくて七癖、あって四十八癖」というように、あなたにも何かクセ、それも他人に知られると恥ずかしかったり、困ったりするものがあるのでは? 打ち明けてみれば案外、それがチャームポイントになっていたりして。チームJマダムのみなさんに、”ナイショにしておきたいクセ”を披露してもらった。

    Jマダム通信

    2019年6月8日

FEATURE
ランキング