アラフィー女性のホンネ:人には理解してもらえないかもしれない、私の”こだわり”②

私だけの”こだわり”第2弾は、家事編。仕事にプライベートにと多忙を極めるJマダムたちが家事をうまく回すために行っていること、自分ならではのルールを教えてもらった。
アラフィー女性のホンネ:人には理解してもらえないかもしれない、私の”こだわり”②_1_1
実は、その人ならではの”こだわり”がもっとも強く表れていたのが、掃除だった。

「掃除大好きで、基本、毎日。大掃除も年に3〜4回、家中の棚のものをすべて出して、収納しなおします」(TI・49歳)
「とにかく家中ぴかぴかにしたい。いつでもモデルルームのように整っていないと気持ちが悪い」(AU・48歳)

これぞスーパー主婦! また、こんな人も。

「毎日トイレを掃除する。座面を上げたときに汚いのがすごくイヤだから。いちいち上げなきゃいいのにと自分でも思うが、気になってしまう」(YK・47歳)

これって、夫&息子のいる家あるある。それにしても、男性陣がトイレ使用後に自分でキレイにしてくれる、という話をほとんど聞いたことがない。あなたのお宅では、いかが?
アラフィー女性のホンネ:人には理解してもらえないかもしれない、私の”こだわり”②_1_2
Jマダムたちの家事の”こだわり”がなければ、家の中はいったい、どうなってしまうのだろう。

「玄関に靴が何足もあるとむしゃくしゃするので、1足しか置かない。でも、家族は誰ひとりとして理解してくれず、みんないつも脱ぎっぱなし」(ET・53歳)

まったく、ねえ。「何度言っても聞かないので、一度、外に靴を投げてやりました」。ブラボー! ただ、その後どうなったかが気になるところであります。
アラフィー女性のホンネ:人には理解してもらえないかもしれない、私の”こだわり”②_1_3
家族に「そんなこと」と言われるかもしれないけれど、自分の心を整えるためにこんな”こだわり”を持っている人も。

「洗った食器を水切りカゴに置く、あるいは食洗機に入れるときも、小さいものからきれいに並んでいないと気持ちが悪い。洗濯物を干すときも、等間隔ですべて同じ向きになっていないと許せない」(YN・54歳)

でも、このこだわりがあるからこそ、食器を取り出すときも洗濯物を取り込むときも効率よく片付けられるのでは? そう、忙しいJマダムとしては、いかに家事の効率を上げるかが毎日を快適に過ごすためのカギ。KYさん(54歳)も、

「効率よく家事をこなすことにこだわっている」そう。「たとえば、家の中を移動するときは手にフローリングワイパーを。『動くときは何かを持って!』という母の教えです」

そしてなんと、「家族も私と同じように動くので、いつの間にか家の中が片付いている」のだとか。今は理解してもらえないかもしれないけど、辛抱してこだわり続ければ家族も巻き込める? ちょっぴり希望が見えてきた……。

What's New

Feature
Ranking