<今日から本気の「たるみ目」ケア>目の疲れを軽減しながら、ぱっちり印象に!「女優鍼コース」体験ルポ

「一気に老けみえするようになった」「いつも眠そうに見える」……アラフィーになると加速度的にすすむ、目もとのたるみ。しかし、あきらめるにはまだ早い! プロの手を頼ってみるのもひとつの手段です。たるみ目に悩むアラフィーたちが足しげく通うという「HARICCHI 銀座本院」の“女優鍼コース”を、副編K藤が体験。その様子を早速ルポ!

副編K藤が行ってきました。

【HARICCHI 銀座本院】女優鍼コース

東洋医学の鍼治療を美容に生かし、加齢やストレスなどでダウンした新陳代謝を回復させる“女優鍼コース”。目もと専用のメニューではないが、目に見えて目もとがリフトアップするため、たるみ目に悩むエクラ世代の女性も足しげく通うという。その秘密は、額の生えぎわ、頭皮、耳の後ろにも鍼を打ち、頭皮から首、肩にかけてのコリが一気にほぐれるから! 職業柄、毎日目を酷使し、睡眠不足になりやすく、常に首・肩コリに悩まされている副編K藤。顔全体の血流がよくなり、栄養や酸素が目もとに届くように。フェイスラインもスッキリ引き締まり、いいことずくめ。
HARICCHI 銀座本院 院長 新井杏奈先生

HARICCHI 銀座本院 院長 新井杏奈先生

鍼灸師。鍼灸の怖い、痛い、暗いというイメージを変え、美容鍼灸をより多くの女性に広める。

鍼は頭皮や足、おなかにも!

鍼は頭皮や足、おなかにも!
全身の血流を促し、女性特有の冷えを改善することで、エイジングケアを目ざす“女優鍼”。まずは足もと、おなかに鍼を打ったあと、顔へ。額の生えぎわ、頭、耳の後ろのツボにも鍼を。副編K藤の場合、徹底的に「目もと以外」を攻めた。その数、トータルで50カ所!
全身の血流を促し、女性特有の冷えを改善する

鍼にパルス電磁波を流し、効果をアップ

鍼にパルス電磁波を流し、効果をアップ
極細の鍼で皮下2㎜の真皮層をねらう女優鍼。打つ位置は、人によって異なる。打った鍼には電極を取りつけ、「トトトン」といったリズミカルなパルス電磁波を15~20分ほど流す。仕上げに、ヒスイのローラーでマッサージ。眉まわり、額、こめかみも念入りに。
ヒスイのローラーでマッサージ

施術を終えて

施術前と施術後

【Before】

無意識のうちにモノを見るときに目に力が入り、開きづらかった。目の下にはドレープ状のたるみが。

ドレープ状のたるみのある目もと

【After】

白目が白く、黒目もキラキラ。ドレープじわがなめらかになり、目もと、顔全体の透明感が上がった。

透明感が上がった目もと

頰、頭皮、首、肩の緊張感がほぐれることで、上まぶたがぱっちり!

顔鍼は初めてでしたが痛みはなく、終始リラックス。施術後は憑きものが落ちたように目の重だるさがなくなり、視界が開けてびっくり。最初のうちは週イチで通うとくっきり目が定着すると聞き、その後も通っています。目が疲れにくくなり、ドライアイも軽減。夜もよく眠れるように。

【DATA】
東京都中央区銀座1の6の15銀座一丁目ビル3F
☎03・5524・0589 10:00~19:30

PRICE LIST
女優鍼コース.....................¥14,000(60分)

What's New

Feature
Ranking