コーデはボトムありき!“着固め”派・エディター宮崎桃代さんの洗練スタイル

忙しいのにいつもおしゃれなエディター・宮崎桃代さん。着こなしの発想はいつもボトムからだそう。ちょっとクセ強めの一本を主役に“着固め”した宮崎さんのコーディネートを大公開!

ボトムありきで考える“着固め”派

宮崎桃代さん
「おしゃれの発想はいつもボトムから」と宮崎さん。スタメンボトムは新しく購入した最旬のものから、久しぶりにはいて“それ、素敵!”とほめられたものまで、新旧を問わず小柄さんならではの審美眼が光る選りすぐりだ。「ボトムはちょっとクセ強め、デザインにピンときたものを選んで楽しみます。私にとってトップスは脇役なので、ジャストサイズが好み。ここがブレなければあれこれ悩まずにすむし、セオリーにフィットしたコーデが数パターンあれば十分。私はあまり着回しは考えません。毎日違う服装であることよりも、好きな服を自分にとってベストな着方で“着固め”ます」。

【Start】コーデは“どこかにクセ”があるボトムから

まじめになりすぎず大人が楽しめるほどよいモード感が命
チノのペプラムつきマキシスカート

ペプラムつきマキシスカートが主役

宮崎さんがこよなく愛するブランド、チノで購入した、今季のお気に入りがこちら。「手持ちボトムにはないタイトめなシルエットと、ちょっと変わった雰囲気を取り入れるのによさそうなペプラムが気に入りました。張りのある厚手コットンだから、シルエットもきれいに出るんです」。

《トップスは“ジャストサイズ”》

オーバーサイズは苦手。ニットでもブラウスでもベーシックなシルエットで。
スローンのシルク×ウールのハイゲージ
シンプルなタートルこそ更新が大事。新しく手に入れたシルク×ウールのハイゲージはスローン。

or

ブルーバード ブルバードの杢もくベージュタートル
ブルーバード ブルバードの杢(もく)ベージュタートル。肌ざわり抜群のカシミヤでスリット入りのデザイン。
or
グッチの幾何学柄のボウブラウス
幾何学柄のボウブラウスは、数年前のグッチ。このスカートとおもしろいバランスになるので復活。

《足もとはその日の予定別にチョイス》

選ぶ靴しだいで印象が激変。カジュアルな日ときれいめに決めたい日でこの二択。
Nike By Youのエア マックス ホワイト

撮影があるなら…

Nike By Youでカスタマイズした黒底のエア マックス ホワイト。冬コーデに抜け感を与えてくれる。

or
ヴェロニク ブランキーノ

打ち合わせ➡ディナーの予定ありなら…

10年以上前のヴェロニク ブランキーノ。細ヒールのレースアップは、今も大のお気に入り。

《コートは“アスレジャータイプ”一択》

このスカートにはショート丈と決断。アウトドア風味とのミックス感で今どきに。
チノのショート丈コート
このコートも数年前のセールで買ったチノ。デザインも素材もカジュアルながら、前後差のある着丈と大きめなフードが着こなしのアクセントに。ダークな色が増える冬のアウターに、オフホワイトが印象的。

Goal.1

カフェカラーのグラデーションコーディネート
黒が基本色の宮崎さんが今季挑戦したい、カフェカラーのグラデーションコーディネート。「今季買ったニットがめずらしくベージュ系だったので、それに合わせてまろやかカラーにまとめ、ブーツでちょっぴりエッジを効かせました」。コーデは100%決め込まず70%にとどめて、バッグなどは気分に合わせて。

Goal.2

防寒も考えられた動きやすい着こなし
寒さが進んだらユニクロのフードつきダウンベストをコート下に仕込み、寒さに耐えて動きやすい着こなしに。「スニーカーだけ白だと足もとだけ浮きがちですが、コートがオフホワイトなのでまとまりやすく、重くなりがちなコーデに抜け感も出て一石二鳥。色は3色まで、も守ります」。

What's New

Feature
Ranking